[今週の気になる] ついに大手通信キャリアも本気を出してきた~ソフトバンク「SoftBank on LINE」発表!ドコモも「ahamo」発表済!さてau、楽天モバイルはどう出るのか?

SoftBank on LINE

先日、ドコモが大々的に新しい通信サービス「ahamo」を発表しましたが、これに追従する形で、ソフトバンクも「SoftBank on LINE」という新サービスを発表しました。

2021年3月からサービス開始予定の「SoftBank on LINE」は、ずっと変わらない低価格を売りにしており、

データ量:20GB
通話:5分かけ放題
LINE利用データ量:無制限
オンライン申し込み
月額料金:2980円

という内容となっています。完全にドコモの「ahamo」を意識した内容となっていますが、他のMVNOとは異なりソフトバンク回線と同じMNOとなるので、通常のソフトバンク回線と同じスピードで通信が出来るようになります。

これはソフトバンク利用者にとっては、かなり大きなメリットなのではないでしょうか。月に20GBの容量があれば、多くの人は事足りるかと思いますし、LINE利用データが無制限というのも大きなメリット。

スポンサーリンク

ドコモ「ahamo」

もう一方のドコモ「ahamo」新サービスの方は、こちらもまた条件無しの2,980円/月(税抜)を打ち出しています。

データ量:20GB
通話:5分以内国内通話無料
オンライン申し込み
月額料金:2980円(税抜)

こちらもまた新サービスとして発表されていますが「高品質な4G/5Gネットワーク」とのことなので、MNOのドコモ回線がそのまま使用できるものと思います。ともに先日スタートした「楽天モバイル」を意識しての戦略だと思いますが、こうして価格がお値打ちになっていくのは大歓迎。

楽天モバイル

楽天モバイル」のサービス内容はこんな感じ。

楽天回線エリア:使い放題(5Gエリアと対応製品利用で5G通信使い放題)
パートナー回線エリア:データ容量5GB/月、超過後は最大1Mbpsで使い放題
Rakuten Link アプリ利用:国内通話かけ放題
月額料金:2980円(税抜)

楽天回線エリア:使い放題」というのが大きなメリットではありますが、まだまだ楽天回線エリアが大都市圏に限られているので、今後どこまでエリア拡大ができるのか?が今後を左右する大きな鍵になりそう。

「2021年夏までに人口カバー率96%へ拡大予定」とはうたっていますが、どこまで実現可能なのか?未だ未知数なところもあります。

こうなると期待されるのが残された「au」の行方。先日の発表会では新しいサービスの発表がなされず、ネット界隈で軽く叩かれたりもしましたが、きっと来年3月に向けて新しいサービスを練り直しているところでしょう。

たぶん他のキャリアと較べても遜色ない新サービスを発表してくるものと思われますが、auの新サービスにも期待したいところ。

今後も各社どんどん競争して頂いて、利用者にとってよりお値打ちなサービスが登場してくれることを願ってやみません。(^_^)v

スポンサーリンク