信州巡り旅~昔懐かしい街並みの「なわて通り商店街」を散策したり、明神館お土産「オレンジピールのパウンドケーキ」を味わって、旅の終わりにホッと一息ついた一日~

松本城下町「なわて通り商店街」

先日、以前から予約していたGo to トラベルを使って、久しぶりに信州長野県へと一泊旅行に出かけてきました。以前にも日帰りで「松本城」近辺には訪れたことがあるのですが、今回は以前から一度訪れてみたかった老舗旅館「明神館」にて一泊することとなり(Go to トラベルのお陰)自然から食事まで、秋の信州を満喫してきました。

ということで何回かに分けて「信州巡り旅」としてご紹介していきたいと思います。

信州巡り旅~「四柱神社」にて参拝しながら紅葉を楽しんだり、青空快晴秋の「国宝 松本城」を心ゆくまで満喫した一日~

秋青空快晴の「松本城」を5年ぶりに堪能できたところで、駐車場まで戻りつつ、昔懐かしい街並みの「縄手通り」を散策することに。

「四柱神社」隣の小川沿いに広がっているのが、こちらの「信州・松本 なわて通り商店街」。この日も多くの方々で賑わっていました。ちなみにこちらの”なわて通り商店街“とは、

松本城から歩いて5分、松本駅から歩いて10分のところにあり、個性的なお店が長屋風に軒を並べる商店街です。女鳥羽川の土手から始まった通りで、「縄のように長い土手」から「縄手」と呼ばれるようになりました。松本城から歩いて近いこと、商店街内が歩行者天国であることなどから、松本を訪れる観光客の皆様に楽しんでもらっています。

とのこと。長屋風の店舗が連なり、昔ながらの金物屋さんや花屋さんから、オシャレな雑貨屋さんまで色々なお店が営業されています。

スポンサーリンク

松本城下町「なわて通り商店街」

この日は松本市内も秋真っ盛りということで、紅葉もちょうど見頃。小川周りは日当たりが良くて、とっても綺麗に紅葉していました。

松本城下町「なわて通り商店街」

こちらが「なわて通り商店街」の街並み。その昔、女鳥羽川には清流にしか生息しない「カジカガエル」がいっぱいいたということもあり、その復活と街おこしをかけて、なわて通りは「カエルの街」となっています。また24時間歩行者天国ということもあり、気楽に散策できるのもいいところ。

松本城下町「なわて通り商店街」

「たい焼きや」から「お煎餅屋」まで、色んな店が立ち並んでいます。

松本城下町「なわて通り商店街」

お土産屋さんも沢山あり、「アジアン雑貨店」から「パッチワーク店」まで、手作り感満載の昔懐かしいものが盛り沢山。「アジアン雑貨店 チキチキバンバン」は、アジアン雑貨を中心にファッション小物などをアウトレット価格で販売していて、眺めているだけでも楽しい。

松本城下町「なわて通り商店街」

こちらが「大島布袋物・パッチワーク トミー」。ドールハウスのパーツや古布を使った洋服、バックなどを販売。昔懐かしい街並みにも似合っていてお洒落な雰囲気。

松本城下町「なわて通り商店街」

こちらが「パン専門店&カフェ SWEET」。1924年に長野県松本市の縄手通り沿いに「開運スヰト」を開店。以降100年以上にわたり、地域の方々に手作りのパンをお届けしている老舗。この日はお腹も一杯&時間も限られていたので食べられなかったのですが、また機会があったならば是非立ち寄りたいところ。

松本城下町「なわて通り商店街」

こちらが「一本焼きのたい焼き ふるさと」。こちらでも多くの方が「たい焼き」を購入していました。とっても美味しそうなのですが、やはりお腹一杯で食べられず。

松本城下町「なわて通り商店街」

こちらのお店が「WABI×SABI」。こちらのお店や和食器や小物類などを扱うお店で、前回こちらで「お箸」を購入した記憶があります。また立ち寄ろうと思っていたのですが、残念ながらこの日は定休日。まぁまたいつか訪れる機会もあるでしょう。

松本城下町「なわて通り商店街」

こちらがそのお隣にあるお店「えん」。こちらも陶器や特産品、小物類などを扱っているお店。この日もお客さんがお店の方と楽しそうに話し込んでいました。

松本城下町「なわて通り商店街」

この辺りには飲食店が並びます。こちらが「微酔い処 ちくま」。夜は居酒屋みたいですが、お昼には「Coffee & Tea」の暖簾が出ていてお茶もできるみたい。またその手前には「鳥富」というお店もあり、昼の部は中華そば屋、夜の部は焼き鳥屋をメインに営業しているとのこと。

松本城下町「なわて通り商店街」

「ナワテ通り」と書かれた石碑と「中の橋」。橋も昔懐かしい造りで、雰囲気あります。

松本城下町「なわて通り商店街」

こちら手前の店が「たこやき・焼きとり 左門」。こちらでも多くの方が「たこ焼き」を購入されていました。(丁度空いたタイミングでパチリ)創業40年以上の老舗たこ焼き店ということで、気になるところ。(小腹が空いてたら絶対食べてた)

松本城下町「なわて通り商店街」

こちらの脇道には「ナワテ横丁」があります。この辺りは夜になるともっと賑わいそう。

松本城下町「なわて通り商店街」

一通り「なわて通り商店街」を見て回ったところで、商店街の途中にあるこちらの「蛙大明神」でお参りをして、帰路へと向かうことに。こちらの「蛙大明神」はパワースポットとしても有名で、多くの参拝客がみえるのとか。

松本城下町「なわて通り商店街」

「なわて通り商店街」を川沿いに眺めたところ。お腹が一杯だったので色々と食べられなかったのが残念でしたが、丁度よい軽い運動にもなって最後の最後まで楽しめました。ということで今回の信州巡り旅も終盤ということで、帰路へと向かいます。

松本城下町「なわて通り商店街」

無事家にもたどり着いたので、心地よい疲れを癒やす為にこちら明神館で土産として購入してきた「オレンジピールのパウンドケーキ」を家族と味わうことに。こんな感じにしっかりとパッケージされています。

松本城下町「なわて通り商店街」

オレンジピールのパウンドケーキ」を取り出してみました。特大のオレンジが上に敷きつけられています。甘くて酸味のある香りが辺りに漂い、これは美味しそう。

松本城下町「なわて通り商店街」

周りのシートも取り外すとこんな感じ。見た目も鮮やかで、とっても美味しそう。

松本城下町「なわて通り商店街」

程よいサイズにカットして、お皿に盛り付けてみました。丁度小腹も空いてきたころで、甘い香りが堪りません。

松本城下町「なわて通り商店街」

別角度からもう一枚。スポンジも見るからにフワッとしていて美味しそう。それでは一口頂きます。ふわふわの生地と、オレンジのちょっと歯ごたえのある食感バランスが楽しい

噛みしめると口の中にオレンジピールの香りが広がり、甘さと酸味両方の美味しさが押し寄せます。甘すぎることなく、手作り感のある素朴な味わいなので、どれだけでも食べられる感じ。旅行でちょっと疲れた身体にスイーツが染み渡って、最高の〆となりました。

今回、Go To トラベルを使っての信州巡り旅。秋紅葉の季節ということもあり、お宿「明神館」を始めとして、自然から温泉、食事、観光まで、全てが素晴らしい大満足の旅となりました。最近は泊まりで旅行に行く機会も余り無かったのですが、たまにはいいものですね。

信州へは名古屋からでも3~4時間ほどで行けますし、また機会を見て訪れてみたいと思います。(^_^)v

信州・松本 なわて通り商店街

スポンサーリンク