[今週の気になる] ついにAppleシリコン「M1」搭載の「MacBook Air」「MacBook Pro」「Mac mini」登場!性能もこれまでの数倍になるらしい!?~

(画像はAppleサイトより抜粋)

2020年11月11日早朝(日本時間)に行われた「One More Thing」イベントにて、かねてから噂のあったApple自社製プロセッサ、Appleシリコン「M1」搭載のMac製品3機種が登場となりました。

今回登場したのは「MacBook Air」「MacBook Pro」「Mac mini」の3モデル。どのモデルもApple自社製プロセッサ、Appleシリコン「M1」を搭載。外観はこれまでと殆ど変わりがありませんが、その中身は別物といっていい程大きく変化しています。

最近のMacは電力周りの不具合も多く、評判も決して良くありませんでした。とくにMacOS Catalinaからは大きな不具合報告が相次ぎ、自分も結局アップデートは取りやめることに。

とくに不具合報告が多かったのが、スリープからの復帰が出来ないとか、外付けモニター関連の不具合。日々PCで作業する人にとって、こういうのって地味に痛手になるんですよね。(時間ロスが大きい)

ということもあり、自分も今年の春からメインPCをWindowsに変更したのですが、今の所は至極快適。それでもたまにMacで作業する場面もあるので、今回の「M1」搭載は色んな意味で興味津々といったところ。

詳しいスペックなどはAppleやガジェット系サイトを参考にして頂くとして、個人的にはそれなりに期待出来るのではないかと思っています。M1チップはCPU、GPU、メモリが1つになっているチップらしく、iPhoneで培った技術が投入されているとのこと。

ちなみに13インチの「新 MacBook Pro」の場合、前モデル比でCPU性能は最大2.8倍、GPU最大5倍などハードウェア仕様的には大幅な性能向上を実現。しかもMacBook史上最長の最大20時間駆動を実現しているとのこと。

見た目は同じでも、これはもう別物のPCと言っていいレベルでしょう。価格がこれまでと大きな差がなくて、本当にこれだけのスペックアップならば、心動かさせる人も多いのでは。

またiPhoneやiPadのアプリがMac上で動かせる、というのもiPhone&iPadユーザーからしたらなかなか魅力的かも。

但し不安材料も幾つかあります。メモリーが最大16GBまでしか積めなかったり、対応ソフトが判らなかったり。この辺りは実際に使用してみないことには何とも言えない部分かも。

新型「Mac mini」も登場しています。こちらは前世代よりも値下げされている模様。(価格72,800円[税別])これまでのMac miniはちょっと非力で微妙な立ち位置でしたが、M1チップ搭載でメインPCとしても格上げされそう。

現在自分が使用しているMacは「MacBook(2017)」。サブPCとしてはまだまだ健在ですが、今回の「M1」搭載Macにも、ガジェット好きとしては興味津々。メインPCはWindows、サブとして新型Macという選択肢もありかも。

現時点での不安材料としては、Apple製品は初期ロットに不具合が多発すること。そして対応アプリが未確定なこと。今回はチップの変更という大きな変化となるので、メイン端末として購入する場合には、もう少し様子を見てからの方が良さそう。(サブ端末ならばいいですが)

iPhone12シリーズも評判良さげですし、これからもAppleから目が離せませんね。(^_^)v

Apple

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。