丸型軽量で長時間バッテリー搭載のスマートウォッチ「UMIDIGI Uwatch 2S スマートウォッチ」を購入してみた~開封の儀からファーストインプレッションまで~

UMIDIGI Uwatch 2S スマートウォッチ

Apple Watchを中心とした「スマートウォッチ」ですが、最近では身につけている方々も多くなってきて、かなり世の中に浸透してきたなと感じるこの頃。時計としての機能はもちろんのこと「歩数、距離、カロリー、睡眠」などの情報を随時記録してくれるので、健康管理にも役立っています。

そういう自分もApple Watchの他にも様々なスマートウォッチを試してきました。もちろんApple Watchでも健康管理は出来るのですが、その大きさと重さから、日常つけっぱなしにするのはちょっと厳しいんですよね。(基本家では腕から外しています)

そんな時にとっても便利なのが、軽量でお手軽な「スマートウォッチ」。1年程前からは、こちらのスマートウォッチを日常愛用していますが、お手頃価格ながらも機能も凄れていてお気に入り。

血圧から心拍まで自動計測可能なIP67防水スマートウォッチ「itDEAL スマートウォッチ L8(2019最新版)」を購入してみた~開封の儀からファーストインプレッションまで~

そんな愛用中の「itDEAL スマートウォッチ L8(2019最新版)」ですが、本体は問題ないのですが、ベルトに亀裂が入ってしまい、現在瞬間接着剤で固定して使っている状態。(先日新しいベルトに交換済)

ということで他に目新しいスマートウォッチは無いかな?と探していたところ見つけたのが、こちらの「UMIDIGI Uwatch 2S スマートウォッチ」。丸型軽量で長時間バッテリー搭載ということで、バッテリー減りが早くなってきたApple Watch代わりに、たまに身につけるのもありかなと購入してみることに。価格も2千円台とかなりのお値打ち価格。

こちらが外箱外観。かなりしっかりとした専用箱に入っています。

スポンサーリンク

UMIDIGI Uwatch 2S スマートウォッチ

蓋を開けるとこんな感じ。内部も丁寧に梱包材で包装されており、価格の割に細部まきちんと作られているという印象。

UMIDIGI Uwatch 2S スマートウォッチ

こちらが中身。「UMIDIGI Uwatch 2S スマートウォッチ 本体」「充電ケーブル」「取扱説明書(日本語表記あり)」「THANKSカード」が入っています。充電ケーブルは磁石で引っ付くUwatch 2S専用ケーブルなので、大切に取り扱いたいところ。

UMIDIGI Uwatch 2S スマートウォッチ

こちらが「UMIDIGI Uwatch 2S スマートウォッチ」。大きな特徴が真ん丸な文字盤。Apple Watchが四角なので、真ん丸フェイスが新鮮な感じ。サイズ「直径45×縦25.7×厚1.29mm(ベルト含)」重量「42g(バンド含)25g(バンド除)」。バンド込みでも重量42gと軽量なのもいい。

UMIDIGI Uwatch 2S スマートウォッチ

ベルトカラーはホワイトを選択。他に「スペースグレー」「ローズゴールド」も。スペースグレーと迷ったのですが、ホワイトベルトはApple Watchでも持ってなかったので、こちらを選択。バンド穴も細かく刻まれており、丈夫で柔らかい素材で出来ています。

UMIDIGI Uwatch 2S スマートウォッチ

全体を見るとこんな感じ。液晶が点いていないと、普通の時計といった雰囲気。最近は丸型フェイスの時計をする機会が少なかったので、逆に新鮮な感じ。

UMIDIGI Uwatch 2S スマートウォッチ

文字盤をアップで。中央下に丸いラインが付いており、ここを触ることで液晶画面が表示されます。高効率のチップセットと低消費電力のシステムを備えていることにより「最大15日間」の使用が可能とのこと。

UMIDIGI Uwatch 2S スマートウォッチ

こちらがバンド留め具部分。留め具もしっかりと作られている印象。UMIDIGIロゴも入っています。

UMIDIGI Uwatch 2S スマートウォッチ

こちらが裏面。下部にある「充電ポート」に付属の充電ケーブルを接続することにより充電可能。充電ポートは磁石での着脱式になっており、取扱もとっても簡単。

UMIDIGI Uwatch 2S スマートウォッチ

・「UMIDIGI Uwatch 2S スマートウォッチ」を充電してみた~

それでは早速充電をしてみることにしましょう。初めて使用する際には、満充電での使用が推奨されています。裏面の充電ポートに充電ケーブルを接続して、USBポートから充電開始。USBポートがあれば、モバイルバッテリーなどもからの充電も可能。

非常時にも役立ちそうな大容量30000mAh搭載「KYOKA 30000mAh ケーブル内蔵 モバイルバッテリー」を購入してみた~4種類のケーブル内蔵、Type-C入力出力可能で超便利!

UMIDIGI Uwatch 2S スマートウォッチ

すぐにポンと音がして、充電開始。液晶画面を見てみると「電池マーク(Charging)」と表示されています。きちんと充電が開始されている模様。

バッテリー:280mAh、労働時間約15日、スタンバイ時間約40日
充電時間:2.5時間(周囲温度25°C未満)

ということで、長時間使用可能なバッテリーを搭載。Apple Watchは機能的には素晴らしいのですが、バッテリー保ちが悪いのがネック(1,2日に1度は充電必須)。その点、労働時間約15日というのは、大きなメリット。

UMIDIGI Uwatch 2S スマートウォッチ

1時間程で充電も完了して、液晶画面が立ち上がりました。(こちらはまだ充電途中ですが)液晶画面も明るくて、とっても見やすい印象。画面サイズ「1.3インチ方形カラーTFT LCD」解像度「240×240ピクセル」。画面はタッチディスプレイになっており、操作感もサクサク快適でいい感じ。

UMIDIGI Uwatch 2S スマートウォッチ

・専用アプリ「Da Fit」をインストール、Uwatch 2Sと連携してみる~

充電も完了したところで、スマホ(iPhone,Android対応)に専用アプリ「Da Fit」をインストールUwatch 2Sと連携してみることにしましょう。「Da Fit」アプリをインストール起動するとプロフィール設定画面になるので、まずはこちらに「性別、身長、体重、誕生年」を設定。

UMIDIGI Uwatch 2S スマートウォッチ

するとこちらの「デバイスを追加する」画面になるので、スマホのBluetooth設定をオンにしてから「Uwatch 2S」をクリック

UMIDIGI Uwatch 2S スマートウォッチ

すぐにこちらのペアリング画面が出てくるので「ペアリング」をクリック

UMIDIGI Uwatch 2S スマートウォッチ

すぐにペアリングも完了し、専用アプリ「Da Fit」を使って、色んな情報を管理できるように。

UMIDIGI Uwatch 2S スマートウォッチ

「iPhone X」と「UMIDIGI Uwatch 2S スマートウォッチ」を並べてみたところ。スマホとのペアリングがとっても簡単で、操作性が分かりやすいのもいいですね。ファーストインプレッションとしては、なかなかの好印象。液晶画面も綺麗で見やすいですし、本体が軽いのもいい。またバッテリーが長時間保つ(労働時間約15日)というのも大きなメリット。

現在最初に充電してから1週間程経ちましたが、数回身につけるだけだと、全体の「1/3」しかバッテリーが減っていません。(残量2/3)スタンバイ時には殆どバッテリーが減らない感じで、これならばバッテリー労働時間約15日というのも十分あり得そう。

ちょっと長くなってきたので、機能詳細などこの続きはまた次回お届けしたいと思います。(^_^)v

次回に続く…。

↓続きはこちらから↓

丸型軽量で長時間バッテリー搭載のスマートウォッチ「UMIDIGI Uwatch 2S スマートウォッチ」を購入してみた~機能詳細からしばらく使ってみた感想まで~

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。