名古屋老舗の洋食店「文化洋食店」にて、超定番「目玉焼きハンバーグ」絶品「文化洋食店のカニコロッケ」「オニオングラタンスープ」などを満喫した夜~

名古屋老舗の洋食店「文化洋食店」

名古屋の千種区にお店を構える老舗洋食屋「文化洋食店」にお邪魔してきました。「名古屋市立東部医療センター」のすぐ目の前にお店があります。最寄りの駅は地下鉄「池下駅」ですが、歩くと10分~程かかります。お店の隣には「駐車場」もあります。(こちらは5,6台程、全20台分有料駐車場提携あり)

名古屋で20年以上も続いている老舗洋食店で、自分もこれまで何度も通っています。以前にもブログにて「お節料理」「ハンバーグ デミグラスソース」「カニクリームコロッケ」などもご紹介させて頂きました。

「ハンバーグ デミグラスソース」名古屋の老舗洋食屋「文化洋食店」のハンバーグを食べてきました~

「お節料理」地元名古屋の老舗洋食店、文化洋食店の和洋2段お節を頂きました~

こちらがお店入り口。ちょっと奥まったところに入り口があり、自然に囲まれていて素敵な雰囲気。場所は「名古屋市千種区高見1-2-1 SKビル1F / 050-5596-9726」営業時間「ランチ11:30~15:45(L.O.15:00)」「ディナー17:00~23:00(L.O.22:00)」定休日「年中無休(年末年始除く)」となっています。

スポンサーリンク

名古屋老舗の洋食店「文化洋食店」

厨房はオープンスペースとなっていて、こちらから厨房を眺めることができます。オープンスペースキッチンの先駆けともいえる老舗洋食店で、シェフの皆さんが忙しそうに動き回っています。

名古屋老舗の洋食店「文化洋食店」

こちらが店内の様子。縦長で席数は「40席」。広くて明るい作りになっています。全席「禁煙」も嬉しいですね。このご時世にもかかわらず、この日も多くのお客さんで賑わっていました。

名古屋老舗の洋食店「文化洋食店」

自分達はこちらの壁側ソファー席を予約。小さい子供達がいるので(姪っ子の子供)こうしたソファー席があるのはありがたい。

名古屋老舗の洋食店「文化洋食店」

こちらが「メニュー」。前菜から定食、主菜、スープ、デザートまで、料理の種類も豊富に揃っています。基本、定食または主菜(単品料理)から好みの料理を選んで注文するスタイル。

定食「メインの料金 +1350円→前菜とスープ、パン又はライス付き(お代わりOK)」
主菜「メインの料金→自家製パン又はライス付き(お代わりOK)」

文化洋食店の看板商品ともいえるハンバーグ類も種類が豊富。海老フライやカツレツ、カニクリームコロッケもあります。また前菜メニューにはオニオングラタンスープや鮮魚のカルパッチョなども。

名古屋老舗の洋食店「文化洋食店」

こちらが「ドリンクメニュー」。生麦酒(エビス生ビール)ワイン、カクテル、ソフトドリンクなどが揃っています。文化洋食店のハウスワインなども「グラス600円」から頂けます。

名古屋老舗の洋食店「文化洋食店」

まずはこちら「エビス生ビール」でかんぱーい!エビス生ビール、やっぱり旨い!

名古屋老舗の洋食店「文化洋食店」

こちらが前菜の「天然鮮魚のカルパッチョ」。カンパチの刺し身をカルパッチョに仕上げた一品。カンパチも歯応えがあって新鮮そのもの。コクのあるドレッシングがまた美味。

名古屋老舗の洋食店「文化洋食店」

こちらが「つぶ貝のガーリックバター焼き」。見た目はエスカルゴ風で、バジルとガーリックの風味が漂ってきます。ミニバゲットも添えられていて、何ともお洒落な雰囲気。

名古屋老舗の洋食店「文化洋食店」

お皿に取り分けて一口頂きます。すぐにガーリックバターの風味とバジルの香りが口の中に広がります。そこに歯応えのあるつぶ貝の食感が加わり、噛む度に美味しさが倍増していく感じ。生ビールとの相性も抜群で、お摘みとしても最高の出来栄え。

名古屋老舗の洋食店「文化洋食店」

こちらが「オニオングラタンスープ」。もう見た目のインパクトからノックアウトといった感じ。大きな器で熱々の状態で出てきます。こちらの「オニオングラタンスープ」も大人気で、多くの方が注文されていました。

名古屋老舗の洋食店「文化洋食店」

それでは一口頂きます。トロトロに煮込まれた玉ねぎの自然な甘さが半端ありません。そこに濃厚なチーズと中に入ったフランスパンが絡み合い至極の味わいに。濃厚な旨味と甘味が溶け出したスープは、手間暇がかかっている分だけ、その美味しさが際立ちます。

名古屋老舗の洋食店「文化洋食店」

そろそろこちらの「グラスワイン(赤)」を頂きましょうか。こちらのグラスワイン、お店のLINEをスマホ登録するだけで、1杯無料で頂けるんです。(ビールやカクテル、ソフトドリンクもOK)これはかなりお得なので、初めての方はぜひお忘れなく。

名古屋老舗の洋食店「文化洋食店」

そろそろメイン料理ということで、こちらが「目玉焼きハンバーグ」。文化洋食店といえばハンバーグ、と言っていいほどの超定番商品。目玉焼きがのっている見た目もまたいいんですよね。付け合せに「野菜」や「ポテト」が添えられていて、彩りも鮮やか。

名古屋老舗の洋食店「文化洋食店」

今回は「ライス」を選択。ライスもツヤツヤ、程よい固さと甘さで、普通に美味しい。

名古屋老舗の洋食店「文化洋食店」

ハンバーグをカットしてみるとこんな感じ。焦がし醤油ソースを使った和風テイストで、添えられたマヨネースがまたいい仕事をしてくれます。

名古屋老舗の洋食店「文化洋食店」

それでは玉子焼き&マヨネースと一緒に一口頂きます。肉々しいハンバーグながらも、とっても柔らかくてジューシー。お肉本来の旨味と玉ねぎの甘さとのバランスが絶妙。焦がし醤油ソースが全体を纏めてくれて、お箸が止まらなくなります。ご飯との相性も抜群で、最後までペロリと完食。

名古屋老舗の洋食店「文化洋食店」

こちらが「文化洋食店のカニコロッケ」。こちらのカニコロッケも大人気の定番商品。大きめ真ん丸のカニクリームコロッケが2個のっかってきます。ちょっと酸味の効いたトマトソースで頂きます。付け合せには、こちらも彩り豊かなお野菜達が添えられていて、見た目も美しい。

名古屋老舗の洋食店「文化洋食店」

半分にカットしてみるとこんな感じ。中身もブラウンな色合いで、たっぷりのカニクリームが入っています。カニ味噌も一緒に合わせて練り込まれており、蟹の風味が凄いです!これはワインが絶対合いますね。まったりとした口当たりながら濃厚な風味で、蟹好きな方には堪らない一品に仕上がっています。

名古屋老舗の洋食店「文化洋食店」

こちらが「デザートメニュー」。デザートも本格的なメニューが勢揃い。「焼き芋のモンブランロールケーキ」「マロンとベリーのパフェ」など季節を感じさせるメニューも。

名古屋老舗の洋食店「文化洋食店」

今回はこちら「プリンパフェ」を注文。ビックサイズの手作りプリンパフェとか、いやいや何とも贅沢なスイーツ。

名古屋老舗の洋食店「文化洋食店」

それでは生クリームと一緒に一口頂きます。昔懐かしいちょっと固めの手作り感満載のプリン。ほろ苦カラメルソースとちょい甘生クリームと一緒に頬張ると、一気にプリンアラモードの世界に引き込まれます。昭和を感じさせるような昔懐かしいプリンが味わいたいという方は、ぜひ〆デザートにどうぞ。

文化洋食店」ちょっと久しぶりにお邪魔しましたが、さすが名古屋洋食界の老舗、どの料理も美味しくて大満足の夜となりました。(^_^)v

文化洋食店

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。