超軽量コンパクトボディWindows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny」のパワーを最大限発揮させるため「135W ACアダプター」を購入してみた~その使用感や如何に?

Windows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny」「135W ACアダプター」

今年の4月、久しぶりに我が家にやってきたデスクトップWindows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny 価格.com限定モデル」。思っていた以上に軽量コンパクトなそのボディ。この間にもメモリーを増設したり、モニターアームを設置したりと、PCデスク周りを含めて色々と弄ってきました。

超軽量コンパクトボディのWindows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny 価格.com限定モデル」が我が家にやってきた!~その使用感からベンチマークテストまで~

PC周りをよりスッキリさせる為、液晶ディスプレイ「LG 27UL550-W 27型」にモニターアーム「FLEXIMOUNTS モニターアーム M11」を取り付けてみた~設置手順や使用感など~

自分にとってかなり理想形のPCデスク環境に近づいてきましたが、最初からちょっと気になっていた点がありました。それは「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny」付属ACアダプターが「65W」ということで、デスクトップ向きとしてはちょっと貧弱だったところ。

どうもこの「65W ACアダプター」では、PC本来の性能が100%活かしきれないらしい。とくにグラフィック系(3Dゲームとか)を動かした時に、その違いが大きいみたい。

ということでACアダプターだけ交換したいなーと思っていたところ、Lenovoから純正のACアダプター「ThinkCentre 135W ACアダプター(スリムチップ)」が発売されていたので購入してみることに。

こんな感じの外箱で到着。(配送時にはこのままダンボールに入っていました)注文してから届くまで10日程かかりましたが、海外からの船便みたいなので仕方ないところ。

スポンサーリンク

Windows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny」「135W ACアダプター」

蓋を開けるとこんな感じ。中身はちゃんと梱包材で覆われています。

Windows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny」「135W ACアダプター」

中身を取り出してみました。「ThinkCentre 135W ACアダプター(スリムチップ)本体」「電源コード」「説明書(多言語)」「保証書」が入っています。

Windows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny」「135W ACアダプター」

こちらが「ThinkCentre 135W ACアダプター(スリムチップ)」本体。製品仕様としては

135W ACアダプター
定格電圧:250V、2.5A、135W
スリムチップコネクター搭載
日本国内ではAC100V電源でご使用下さい
電源コード同梱

といった感じ。

ThinkCentre Tinyの純正ACアダプターということで、使用する方も安心感があります。昨今ではバッテリー系の事故が多発しているので、多少高くてもこの辺は純正品にした方が無難でしょう。

Windows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny」「135W ACアダプター」

こちら側に電源コードを差し込みます。質量(梱包時)「0.7 kg」ということで、手に持つと結構ズッシリ感があります。ラップトップや小型PCでは電源が外付けになっているものが多いので、ACアダプターが大型化するのは仕方ないところ。

Windows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny」「135W ACアダプター」

こちらがPC側に繋ぐための電源ケーブル。長さも結構あるので、通常使用ならば何ら問題なく使えそう。

Windows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny」「135W ACアダプター」

ACアダプターの右上には「135W」の表記がされています。

Windows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny」「135W ACアダプター」

こちらがPCに接続する接続部。ラップトップだと丸いタイプが多いのですが、こちらはUSBタイプ。

Windows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny」「135W ACアダプター」

裏面はこんな感じ。様々な「技適マーク」などが表記されています。この辺りも純正品ならではの安心感があります。

Windows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny」「135W ACアダプター」

こちらが「電源コード」。コードも太くてしっかりとした作り。先端には「アースコード」も付いています。

Windows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny」「135W ACアダプター」

・新旧ACアダプターを並べてみた~

それでは実際に新旧ACアダプターを並べて比較してみましょう。手前が今回購入した「135W ACアダプター」その後ろがPCに付属していた「65W ACアダプター」。一見してそのサイズの違いがお判り頂けるかと思います。

65Wから135Wということで、単純計算で倍以上の容量となっているので、それだけACアダプターサイズも大きくなるということですね。高機能タワーPCなどサイズが大きくなるのは、この電源が占める割合が結構大きいのかも。

Windows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny」「135W ACアダプター」

・「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny」に接続してみる~その使用感や如何に?

それでは「135W ACアダプター」をPC側に接続して、実際に動かしてみることにしましょう。まずはPC背面にある電源ポートにACアダプターの電源ケーブルを差し込みます。(向かって一番左端)

Windows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny」「135W ACアダプター」

そのまま直ぐにPC電源をオン

Windows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny」「135W ACアダプター」

10秒程で初期画面が立ち上がりました。起動時間はこれまでと変わりない様子。一昔前はPC起動までに1,2分かかるのが当たり前だったので、10秒で立ち上がるのはほんと素晴らしい。しかもスリープからならば一瞬ですからね。

Windows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny」「135W ACアダプター」

・「ドラゴンクエストX ベンチマークソフト」を使って、新旧「ACアダプター」を使ったPC動作を検証してみた~

それではACアダプターを65Wから135Wに変更してみて、実際にどれ程違いがあったのか?「ドラゴンクエストX ベンチマークソフト」を使って検証してみることに。

こちらが旧「65W ACアダプター」を使用して、ベンチマーク検証したところ。グラフィック設定「最高画質」解像度「1920×1080」にて検証しています。

評価:普通
スコア:3811

標準的な動作が見込めます。グラフィック設定や解像度を少し下げると、快適に動作すると思われます。

との結果となりました。「普通」ということで、ちゃんと動作はしますが若干物足りな感があるのは否めません。

Windows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny」「135W ACアダプター」

次は新「135W ACアダプター」を使用して、ベンチマーク検証してみました。環境は同じくグラフィック設定「最高画質」解像度「1920×1080」。

評価:とても快適
スコア:8115

とても快適な動作が見込めます。お好みの設定で、お楽しみください。

との結果となりました。「とても快適」ということで、思っていた上に素晴らしい結果となりました。スコアも「3811→8115」と飛躍的に伸びています。ACアダプターを交換しただけでこれだけ動作が違ってくるなんて、正直驚きが隠せません。

逆にいうと、これまで使える性能が100%出し切れていなかった、ということですよね。いやー今回「135W ACアダプター」を購入して大正解でした。

全体的にグラフィック系の動作がより素早くなった印象ですが、ブラウザなどを使っている時でも0.5秒くらい全体のスピードが上がった気がします。この0.5秒が積み重なると結構大きいんですよね。

Windows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny」を使用している方は、ぜひ「135W ACアダプター」の購入をお薦めします。(現在のモデルではオプション選択で選べるみたい)

これでまだしばらくは現役でバリバリ活躍してくれそうです。(^_^)v

Lenovo

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。