名鉄瀬戸線高架下に新しく誕生した商店街「SAKUMACHI 商店街」を散策~せんべろセットでお得に”名古屋めし”が楽しめる居酒屋「べに屋 SHIMIZU」を訪れてみた~

SAKUMACHI 商店街 せんべろ 名古屋めし 居酒屋「べに屋 SHIMIZU」

名鉄瀬戸線」名古屋市東区の栄町駅から瀬戸市の尾張瀬戸駅までを結ぶ名古屋鉄道(名鉄)の鉄道路線。地元駅「大曽根」も通り道ということで、昔から馴染みのある路線。

名鉄瀬戸線高架下にはずらっと桜並木が植えられており、桜の季節には毎年綺麗に咲き誇っています。公園ではないのでお花見宴会はできないのですが、桜並木の下を散歩したり、自転車や車で通り抜けたりして、皆さんそれぞれにお花見を楽しまれています。

桜並木のお花見がてら、名鉄瀬戸線高架下「清水?尼ケ坂」間に新しく誕生した商店街「SAKUMACHI 商店街」を散策?新店舗も増えてお洒落グルメスポットに拍車がかかりそう~

2020年今年の春、清水駅寄りの店舗も無事に開店し「SAKUMACHI 商店街」清水~尼ケ坂区間が全店オープンになったということで、今回また久しぶりにお邪魔してきました。

今回訪れた最大の目的が「せんべろセット」でお得に”名古屋めし“が楽しめる居酒屋べに屋 SHIMIZU」を訪れること。本店が地元大曽根駅前にあり、こちら「SAKUMACHI 商店街」のお店にも一度訪れてみたかったんです。

こちらが「べに屋 SHIMIZU」。清水駅のすぐお隣高架下にあり、お店も新しくて綺麗。おでんや串カツの旗が目立っていて、賑やかな雰囲気。

スポンサーリンク

SAKUMACHI 商店街 せんべろ 名古屋めし 居酒屋「べに屋 SHIMIZU」

「べに屋 SHIMIZU」を訪れる前に、「SAKUMACHI 商店街」のお店も下見して歩くことに。こちらの「つばめパン」はこれまでにも何度か購入しましたが、現在も大人気のパン屋さん。店内で飲食もできます。

SAKUMACHI 商店街で人気の天然酵母食パン専門店「つばめパン&MILK」の1日30本限定「天然酵母食パン」を使って、「手作りたまごサンド」を作ってみた~

SAKUMACHI 商店街 せんべろ 名古屋めし 居酒屋「べに屋 SHIMIZU」

こちらが今年の春、清水駅寄りに登場した店舗の一つ「かわちどん(精肉店・焼肉店)」。お肉の食べ放題などもやっているみたいで、この日もほぼ満席状態。こちらもまた機会を見て訪れてみたいお店の一つ。

SAKUMACHI 商店街 せんべろ 名古屋めし 居酒屋「べに屋 SHIMIZU」

こちらが「SAKANA FACTORY(鮨・酒・肴)」。こちらも海鮮丼などが売りみたいで、なかなかそそられる雰囲気。こちらも飲み放題セットなどがあるみたい。

SAKUMACHI 商店街 せんべろ 名古屋めし 居酒屋「べに屋 SHIMIZU」

こちらが「favore(チーズショップ・レストラン)」。チーズを主体としたイタリアンレストラン。見た目もお洒落で良さげな雰囲気。この日も若いカップルの方がお店を訪れていました。

SAKUMACHI 商店街 せんべろ 名古屋めし 居酒屋「べに屋 SHIMIZU」

こちらが今回訪れたお店「べに屋 SHIMIZU(昼飲みコミュニティ居酒屋)」。せんべろセットで昼から飲めるのが売り。こんな感じに表にもテーブル&椅子があり、ご近所の方がワンちゃん連れ(散歩の途中)で訪れることが出来るようになっています。

ワンちゃん連れで入れる居酒屋は少ないので、これはナイスアイデア。この日もワンちゃん連れの方が、表で飲食を楽しまれていました。

SAKUMACHI 商店街 せんべろ 名古屋めし 居酒屋「べに屋 SHIMIZU」

こちらが店内。店内の作りはとってもシンプル。

SAKUMACHI 商店街 せんべろ 名古屋めし 居酒屋「べに屋 SHIMIZU」

壁には料理プレートとキープボトルが並べられています。常連さんならば、ボトルキープした方がお値打ちに楽しめそう。

SAKUMACHI 商店街 せんべろ 名古屋めし 居酒屋「べに屋 SHIMIZU」

こちらが名物の「せんべろセット」。OPEN~18:00までの間ならば、1,000円でメニュー内のお酒2杯とおつまみ1品を注文できます。この日もギリギリ大丈夫だったので、せんべろセットをお願いすることに。

SAKUMACHI 商店街 せんべろ 名古屋めし 居酒屋「べに屋 SHIMIZU」

こちらが「料理メニュー」。「串カツ、おでん、どて煮、手羽先、特大ジャンボ海老フライ」など、名古屋めしライクな料理が豊富に揃っています。価格もお値打ちですし、気軽に飲み食いしたいという人にはもってこい。

SAKUMACHI 商店街 せんべろ 名古屋めし 居酒屋「べに屋 SHIMIZU」

こちらが「ドリンクメニュー」。ビールから酎ハイ、ハイボール、日本酒、ワインまで、こちらもお値打ち価格。果実酒まであるみたい。

SAKUMACHI 商店街 せんべろ 名古屋めし 居酒屋「べに屋 SHIMIZU」

まずはせんべろセットで注文した「生ビール」にて、かんぱーい!^^

SAKUMACHI 商店街 せんべろ 名古屋めし 居酒屋「べに屋 SHIMIZU」

こちらが「大曽根とて煮」390円。とっても柔らかくてコクがあって美味しい。味噌の程よい甘さが身体に染み渡ります。もちろん麦酒との相性も抜群。

SAKUMACHI 商店街 せんべろ 名古屋めし 居酒屋「べに屋 SHIMIZU」

こちらが「ポテトサラダ」290円。こちらのポテトサラダ、中にたくあんが入っていて、塩気と食感が良いアクセントとなっています。

SAKUMACHI 商店街 せんべろ 名古屋めし 居酒屋「べに屋 SHIMIZU」

こちらがせんべろセットで注文した「串カツ5本」。小ぶりですが、しっかりと身の詰まった串カツ。お好みでテーブルのソース又は味噌だれ(おでんに付いてくる)で頂きます。

SAKUMACHI 商店街 せんべろ 名古屋めし 居酒屋「べに屋 SHIMIZU」

串カツを一口頂きます。衣はカリッと揚がっていて、中にはしっかりと身が詰まっています。「角打ち(バラ肉サイコロ)」「巻打ち(モモ肉スライス巻)」の2パターンあり、どちらも美味。角打ちはお肉の歯ごたえと脂の旨味が楽しめて、巻打ちはお肉の柔らかさとジューシーさがより楽しめます。

SAKUMACHI 商店街 せんべろ 名古屋めし 居酒屋「べに屋 SHIMIZU」

こちらがせんべろセットで注文した「ハイボール」。ジョッキーで登場、普通に美味しい。

SAKUMACHI 商店街 せんべろ 名古屋めし 居酒屋「べに屋 SHIMIZU」

こちらが「おでん(だいこん、玉子)」。ともに90円。この日はお昼に忙しかったみたいで、具材の煮込みが少し足りなかったみたいですが(店主いわく)、それでも十分中までお出しが染みていて、だいこんもとっても柔らかくて美味しかった。

SAKUMACHI 商店街 せんべろ 名古屋めし 居酒屋「べに屋 SHIMIZU」

こちらが「おでん玉子」。味噌だれをかけて頂きます。自分はおでんの中ではこの玉子が一番の好物。黄身の半熟具合も程よくて、間違いない美味しさ。日々ちゃんと丁寧に仕込まれているのが直ぐにわかります。この価格でこの味、いやいや素晴らしい。

SAKUMACHI 商店街 せんべろ 名古屋めし 居酒屋「べに屋 SHIMIZU」

こちらは「串カツ(角打ち、巻打ち)」も数本追加したので、おでんに付いてきた「味噌だれ」を付けて頂きます。味噌串カツ風になって、これもまた美味。小ぶりながらもしっかりお肉が詰まっているので、噛みしめる度にお肉の旨味が染み出してきます。

SAKUMACHI 商店街 せんべろ 名古屋めし 居酒屋「べに屋 SHIMIZU」

こちらが「特大ジャンボ海老フライ」300円。大きな海老フライ丸々1本「300円」というお値打ち価格。他の方々も多くの方が注文されていました。キャベツやマヨネーズが付いてくるのも嬉しい。

SAKUMACHI 商店街 せんべろ 名古屋めし 居酒屋「べに屋 SHIMIZU」

それでは一口頂きます。衣はサクッサク、海老も特大とまではいきませんが、そこそこ大きくて食べ応えがあります。海老の身もプリッとしていて、普通に美味しい。これで300円ならば、そりゃ皆さん注文するでしょ。

SAKUMACHI 商店街 せんべろ 名古屋めし 居酒屋「べに屋 SHIMIZU」

追加で「強炭酸酎ハイ レモン」330円も注文。ちょっと小ぶりサイズですが、キンキンに冷えていて旨い。

SAKUMACHI 商店街 せんべろ 名古屋めし 居酒屋「べに屋 SHIMIZU」

こちらが「とんやき(2本)」260円。照りが見事で、見た目から美味しそう。いわゆる「ホルモン焼き」を串焼きにしたもの。甘辛いたれと歯応えのある”とんやき”の食感がベストマッチ。酎ハイとの相性も抜群。

居酒屋「べに屋 SHIMIZU」。今回始めてお邪魔しましたが、お値打ち価格ながらも、しっかりと手作りされている料理ばかりで、気に入りました。2人でそこそこ飲み食いしても、総額3千円台(3,800円とか)という良心的価格も嬉しい。(画像料理以外に白ご飯と烏龍茶も注文)

地元大曽根からも割と近いですし、また機会を見てお邪魔したいと思います。(^_^)v

べに屋 SHIMIZU

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。