イタリアンの巨匠、落合シェフのお店「LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ)」にて、個性溢れる「イタリアンフルコース(スイーツ食べ放題)」を味わってきた~

イタリアンの巨匠、落合シェフのお店「LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ)」

先日、家族のお祝い事があった折に、イタリアンの巨匠、落合シェフのお店「LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ)」にお邪魔してきました。こちらは名古屋市千種区高見にある「ナゴヤセントラルガーデン」内にある店舗で、周りは閑静な住宅街となっています。

和洋中の有名店が立ち並んでいるのですが、その中でも大人気なのがこちらお店「LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ)」。言わずと知れたイタリアンの巨匠、落合シェフのお店で、出来た当初からなかなか予約が取れないお店としても有名。

今回、家族のお祝い事があったので、皆で訪れることに。こちらがお店の外観。周りは木々に囲まれて、シックでお洒落な雰囲気。

スポンサーリンク

イタリアンの巨匠、落合シェフのお店「LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ)」

こちらがお店入り口。イタリアの国旗が風になびいて素敵。

イタリアンの巨匠、落合シェフのお店「LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ)」

こちらが店内の様子。お昼時にお邪魔したのですが、この日も満席状態。このご時世でも人気店はやっぱり凄いですね。もちろん事前予約は必須。

イタリアンの巨匠、落合シェフのお店「LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ)」

こちらが今回自分たちが使わせて頂いた部屋。人数が多かったこともあり「個室」をご用意下さいました。中央に大テーブルが一つあり、皆で囲んで食事をするスタイル。 

イタリアンの巨匠、落合シェフのお店「LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ)」

まずはこちらの「シャンパン(ノンアルコール)」にて乾杯!このシャンパンがとっても美味しかった。風味はそのままシャンパンで、葡萄の深い味わいが効いた本格派。これはお酒が飲めない人にはもってこいですね。

イタリアンの巨匠、落合シェフのお店「LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ)」

まずは前菜から「雲丹と枝豆のカクテル」。雲丹の風味が濃厚、そこにジュレと枝豆の食感が加わり、口の中でとろけます。見た目も鮮やかで、前菜としても気分が上がる最高の一品。

イタリアンの巨匠、落合シェフのお店「LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ)」

お次は「生麦酒」も頂くことにしますか。三角グラスが愛らしい。泡立ち方も完璧。

イタリアンの巨匠、落合シェフのお店「LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ)」

こちらが「牛モモ肉のタタキ風カルパッチョ」。これまで食べたことがない様な素晴らしいカルパッチョで、めちゃくちゃ美味しかった。タタキにしてある牛モモ肉は、ほぼ生な感じ。そこにトリュフの風味が加わり、とっても奥深い味わいに。麦酒やワインのお供にも最高の一品。

イタリアンの巨匠、落合シェフのお店「LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ)」

こちらが「メカジキのインボルティーニ」。黒いお皿に色鮮やかなソースが、まるで絵画のよう。見た目が素晴らしい料理は食べても美味しい、という持論そのままな感じ。ちなみにインボルティーニとはイタリアの家庭料理で、お好みの材料を肉、魚、野菜で巻き、ローストしたり煮込んだりして食べる料理。

イタリアンの巨匠、落合シェフのお店「LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ)」

バジル系のソースを付けて頂きます。適度に歯ごたえのあるメカジキは、あっさりとしていながらも、噛みしめる度に旨味が染み出してきます。バジル系ソースとの相性も抜群で、食欲を掻き立ててくれます。

イタリアンの巨匠、落合シェフのお店「LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ)」

この辺りで「赤ワイン(グラス)」にしましょうか。香り豊かで飲みやすい。イタリア料理には、やっぱりワインが似合いますね。

イタリアンの巨匠、落合シェフのお店「LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ)」

こちらが「パプリカと生ハムの冷製カペリーニ」。こちらも見た目が薔薇のように美しい一品。落合シェフの創る料理は、味だけではなく見た目でも楽しませてくれて、ほんと素晴らしい。

イタリアンの巨匠、落合シェフのお店「LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ)」

それでは一口頂きます。薄切りにされた生ハムの塩気とカペリーニの絶妙な食感が、口の中でいい感じに絡み合います。カペッリーニは円形の断面を持つ細長いパスタのうち非常に細い種類のものを指すのですが、この細パスタと薄切り生ハムの併せ持つ食感が、絶妙なバランスで素晴らしい。

イタリアンの巨匠、落合シェフのお店「LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ)」

フォカッチャも登場。フォカッチャ、バゲットなど数種類、どれも焼立てで温かい。メイン料理が食べられなくなるので、フォカッチャを1個食べただけですが、ふわふわしっとりで美味。

イタリアンの巨匠、落合シェフのお店「LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ)」

こちらが「手長海老のフレッシュトマトソース 手打ちのパスタ”ピチ”」。見た目も鮮やかな手長海老のパスタ。手長海老の殻も添えられていて、見た目でもうノックアウト。

イタリアンの巨匠、落合シェフのお店「LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ)」

それでは一口頂きます。ピチという名前のパスタは余り馴染みがないのですが、トスカーナ州シエナのパスタみたい。極太で一本一本手で伸ばす手間のかかるパスタということで、茹でると日本のうどんみたな見た目になります。

太麺ならではの程よくコシのある麺”ピチ”に、濃厚な手長海老のソースが絡みます。海老の身もたっぷり入っているので、口の中で海老の濃厚な風味が広がります。フレッシュトマトの酸味と手長海老の独特な甘みが重なり合い、極上のパスタに仕上がっています。この日の料理の中でも1,2を争う美味しさで、大満足の一品。

イタリアンの巨匠、落合シェフのお店「LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ)」

こちらが「エイヒレのムニエル レモンバターソース」。エイヒレをバターソースと泡泡のメレンゲと一緒に頂く料理。エイヒレのムニエルって初体験かも。カリカリに焼かれたエイヒレがバターソースと絡み、カリッサクッとした楽しい食感が楽しめます。これがまたワインとの相性抜群で、思わずお酒がすすみます。

イタリアンの巨匠、落合シェフのお店「LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ)」

こちらが「子羊の燻製ロースト マルサラソース」。見た目からしてそそられる子羊を使った肉料理。燻製ローストならではの香りがよいアクセントになっています。

イタリアンの巨匠、落合シェフのお店「LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ)」

マルサラソースと絡めて頂きます。ちなみにマルサラソースとはシチリア島の伝統のお酒「マルサラ酒」を使ったソースのことで、フォンドボーやバターなどで味を整えているとのこと。

お肉はとっても柔らかくて、濃厚な香りの子羊によく合うマルサラソースが、お肉の旨味をより引き立てています。自分は余り羊肉は得意ではない方ですが、それでも最後まで美味しく頂けました。

イタリアンの巨匠、落合シェフのお店「LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ)」

こちらが「ドルチェ パラディーゾ」。こちらのドルチェは”食べ放題(時間内)”ということで、最初からこれだけのスイーツがお盆で登場。見た目も鮮やかで圧倒されます。ちなみにドルチェ パラディーゾとは”至福のデザート”というような意味。

イタリアンの巨匠、落合シェフのお店「LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ)」

ドリンクは「アイスコーヒー」を注文。珈琲または紅茶から選択できます。キンキンに冷えたアイスコーヒーが喉を潤してくれます。

イタリアンの巨匠、落合シェフのお店「LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ)」

お腹もかなり膨れていたのですが、せっかくなので幾つかデザートを頂くことに。左は定番の「ティラミス」右が「フルーツとパンナコッタの盛り合わせ」。ティラミスも見た目ほど濃厚ではなく、〆デザートには程よい感じ。フルーツ&パンナコッタも口の中がさっぱりとしていい。

イタリアンの巨匠、落合シェフのお店「LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ)」

「クレームブリュレ」「プリン」「ジェラード」なども登場。クレームブリュレとプリンも少し頂いたけど、ちょっと甘めで濃厚なタイプ。ジェラードはヒンヤリさっぱりとしていて、〆にはもってこい。

LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ)」今回久しぶりにお邪魔したのですが、どの料理も見た目美しく、個性的ながらもどれも美味しくて、流石落合シェフといった印象。

お店のスタッフの方もとっても丁寧な対応で、最後まで気持ちよく過ごすことができました。このご時世でも要予約の満席状態が続いているのも頷けます。また何かしらお祝い事などがあった際には、お邪魔させて頂きたいと思います。(^_^)v

「LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ)」

ナゴヤセントラルガーデン

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。