[今週の気になる] ポイント2重取りが可能なカード「Kyash」9月7日以降「残高出金」が出来るように~Apple Payにも対応していて利便性がより高まりそう~

Kyash

(画像はKyashサイトより抜粋)

昨今、スマートフォン1つあれば直ぐに決済可能なウォレットアプリが各種登場しています。そんな中、バーチャルカードとリアルカードの両方で決済可能、しかもポイント2重取りができるカードとしてお得感を出しているのが「Kyash」。

このKyashが素晴らしいのは、対応可能な他社のクレジットカードを登録すれば、ポイント2重取りが可能になるということ。例えばKyashに楽天カードを登録した場合「楽天カードポイント1%+Kyashカードポイント1%(Cash Cardの場合)=合計2%」のポイント取得が可能になります。このお得なカードを使わない手はありません。

そんなお得なKyashカードですが、今年の春からApple Payにも対応。これでApple Watch(iPhone)から直接使用することが出来るように。Kyash VisaカードをApple Payに設定すれば、iPhoneまたはApple WatchでQUICPay+(クイックペイプラス)加盟店での決済が可能になります。

Apple WatchでのQUICPay+決済に一旦慣れてしまうと、 Kyash Cardを毎回取り出すのさえ面倒に感じてしまいます。これからは腕元だけでサッと決済完了、しかもポイントの2重取りもできるのですから言うことありません。

スポンサーリンク

Kyash

そんなとってもお得なカード「Kyash」ですが、この度またまた新しい機能の追加発表がありました。それは、

ユーザー間で送り合ったKyash残高の指定口座への出金サービスを開始

というもの。KyashはこれまでApple Pay、Google Payに対応した決済サービス以外に送金サービスも提供していましたが、このサービスを使って他のユーザーから送られた残高を出金することはできませんでした。

さらなる利便性の向上を図るため、9月7日以降に実施されるアップデートにより、ユーザー間で送金しあったKyash残高を出金出来るようにすると発表。これによりKyashで送金を受けて残高が溜まってきたら、登録した銀行口座に出金して貯蓄に回したり、他の支払いに充てりといった使い方が可能となります。

Kyash

現在、Kyash Cardの種類は以下の3種類。

Kyash Card(ポイント還元率1%、発行手数料900円)
Kyash Card Lite(ポイント還元率0.5%、発行手数料300円)
Kyash Card Virtual(ポイント還元率0.5%、発行手数料無料)

こちらの3種類となり、それぞれに利用限度額などが異なってきます。

これまで自分は「Kyash Card Lite」をメインとして利用してきたのですが、今回の「残高出金可能」との発表を受けて、「Kyash Card」へと切り替えようかなと考えています。発行手数料900円というのがネックでしたが、残高出金も出来るようになりますし、長い目で見たらポイント還元率1%のKyash Cardの方がお得になりそうな感じなので。

Kyashを初めて知ったという方は「Kyash Card Virtual」ならば無料で利用できるので、この機会に一度試してみるというのもありなのではないでしょうか。(^_^)v

Kyash

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。