大自然を満喫できる愛知県新城市の道の駅「道の駅 つくで手作り村」を訪れてみた~大自然を楽しんだ後は、絶品「手作りこんにゃく」や「美河フランク」「ゴマ入トースト」などを味わう~

道の駅 つくで手作り村

愛知県新城市」愛知県東部の東三河地方に位置する市で愛知県内では豊田市に次いで2番目に広い面積を有する自治体。そんな愛知県新城市に大自然を満喫できる道の駅「道の駅 つくで手作り村」がある、ということで今回訪れてみました。道の駅内は結構広くて、メインの施設意外にもちょっと離れた場所に色んな施設が立ち並んでいます。

大自然を満喫できる愛知県新城市の道の駅「道の駅 つくで手作り村」を訪れてみた~手作り五平餅やトマトジュースを大自然の中で味わう幸せ~

五平餅やトマトジュースを大自然の中で味わった後は、もう少し奥にある施設「とんちん館」を訪れることに。こちらでは地元の農家で行う農業体験の紹介斡旋、山家料理・食品作りの体験、巧の技をちょっぴり味わう各種体験、そんな指導者の作品の展示、販売をしています。(現在は開催していないものもあります)

こちらがまだ紅葉が残った美しい木々。ちょうどご家族連れが目の前にみえたのですが、お子さんが大きな木々を眺めている姿がとっても良い雰囲気だったのでパチリ。

スポンサーリンク

道の駅 つくで手作り村

深い緑に覆われていて、この景色を眺めているだけでも癒やされます。ちょうど心地よい風が山から吹いてきて、とっても気持ちいい一時。

道の駅 つくで手作り村

こちらの階段を下りて、奥にある施設「とんちん館」へと向かうことに。

道の駅 つくで手作り村

ちょうど渡り道の真ん中から撮った写真。目の前にはミニチュア電車の線路が通っていて、その奥には壮大な緑が広がっています。

道の駅 つくで手作り村

こちらが「とんちん館」。主にイベントを中心に開催している施設で、現在は「ニジマスつり場」でニジマス釣りなどが開催されていました。竿を持ってニジマスを釣っているお子さんたちも。

道の駅 つくで手作り村

こちら側の小川では「ニジマスつかみ取り」なども開催中。こちらでもお子さんたちが川に入ってニジマスを追っかけている姿が見えて、とっても楽しそう。

道の駅 つくで手作り村

ちょっと見にくいかもしれませんが、小川内の囲いではこんな感じにニジマスが沢山養殖されています。

道の駅 つくで手作り村

こちらが店先で販売されていた「ニジマス塩焼き」500円。結構大きなサイズのニジマスを串に刺して、そのまま塩焼きしています。店先では多くの方がニジマス塩焼きを美味しそうに食べていました。(お昼を食べた後なので、さすがに食べられず)

道の駅 つくで手作り村

こちらの囲いの中では「動物」が飼われています。山羊やうさぎなどが放し飼いになっていて、子どもたちが餌をあげています。小さいお子さんも興味津々。

道の駅 つくで手作り村

小川では子供たちが「ニジマスつかみ取り」をしていて、とっても気持ちよさそう。安全に作られた浅瀬の小川なので、小さいお子さんでも安心して遊べそう。

道の駅 つくで手作り村

帰り道の道すがら「紫陽花」の花々を見つけました。今年は余り紫陽花を見る機会がなかったので、この時期に見れて嬉しい。淡い青と緑のコンビネーションが美しい。

道の駅 つくで手作り村

紫陽花の花をアップでもう一枚。花の咲く季節が短いからこそ、その美しさが映える紫陽花。

道の駅 つくで手作り村

「道の駅 つくで手作り村」も満喫できたので、そろそろ帰路へとつくことに。次回訪れる時にはこちらの藤棚で藤の花が見れるといいなぁー。

道の駅 つくで手作り村

ということで無事に我が家に到着。色々とお土産を購入してきたので味わってみることに。こちらが持ち帰り購入してきた「美河フランク」350円。ジビエを使ったフランクフルトなどを色々販売。ビックサイズ500円も販売していますが、こちらのレギュラーでも結構大きい。

道の駅 つくで手作り村

アルミに包んでトースターで温めてから、一口頂きます。外の皮はパリッ、中の身はとってもジューシー。フランクフルトから脂が滴るくらい。味もしっかりと付いていて、何もつけなくても十分美味しい。普通のフランクフルトよりも肉の旨味が濃厚で、麦酒やワインにも合いそう。

道の駅 つくで手作り村

こちらが「ゴマ入りトースト」。パン生地の中にはかなり多くの黒ごまが入っています。「高原のパン屋 麦の家」の食パンで、こちら380円。このサイズでこの価格ならお買い得。

道の駅 つくで手作り村

一切れサイズにカット。パン生地の中には、これでもかとふんだにゴマが入っています。

道の駅 つくで手作り村

トースターで焼いてバター(マーガリン)を塗って頂きます。生地表面はサクッサクで、中はしっとりゴマの風味が素晴らしく鼻の奥まで抜けていきます。身体にも良さそうで、ゴマ好きには堪らない一品。これで380円はお買い得。

道の駅 つくで手作り村

こちらが「くるみオレンジ」410円。こちらも結構大きいサイズ感。ビニール袋を開けると、オレンジの香りが漂ってきます。

道の駅 つくで手作り村

1切れにカットするとこんな感じ。中にはオレンジピールとくるみがふんだんに入っています。生地はふわっふわで、とっても柔らかい。噛みしめるとオレンジピールの香りが口の中に広がります。時折感じるくるみの食感もいいバランス。こちらもとても美味しくて気に入りました。

道の駅 つくで手作り村

こちらが道の駅の方お勧めの「手作りこんにゃく」350円。作られた方の名前も入っています。この手作りこんにゃくが、めちゃくちゃ美味しかった。市販のこんにゃくとは全くの別物。

道の駅 つくで手作り村

袋から取り出すとこんな感じ。大きな石ころサイズのこんにゃくが2個入っています。冷水でさっと洗うだけ。後はお好みのサイズにカットして、そのまま生で頂きます。

道の駅 つくで手作り村

一口サイズにカット。こんにゃくはプルンプルン。生のお刺身みたい。

道の駅 つくで手作り村

お皿に盛り付けて、わさび醤油で頂きます。舌触りがプルンプルンながら、ちゃんと適度な弾力もあります。噛みしめる度にこんにゃくならではの風味も漂ってきて、めちゃくちゃ美味しい。

この手作りこんにゃくを食べたら、もう市販のこんにゃくは食べられなくなるくらい、そのくらい別格に美味しい。これまで食べたこんにゃくの中でも1,2を争う旨さで、つくで手作り村を訪れたならば絶対購入すべきお勧めの一品。

道の駅 つくで手作り村」今回初めて訪れたのですが、愛知県内ながら自然も豊かで、食べ物はどれも美味しく、自然を眺めているだけでもとっても癒やされる空間になっています。

家族連れで楽しむにはもってこいの施設やイベントもあり、ご家族で自然に触れながら楽しむことができる道の駅。とても気に入ったので、また機会を見て訪れたいと思います。(^_^)v

道の駅 つくで手作り村

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。