マンションに付いているスイッチングハブを「BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ」に交換したら、インターネット回線が爆速になった件~これは意外と盲点かも~

BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ

最近ではあらゆる家電がインターネットに繋がており、家庭内にインターネット固定回線を引いている方も多いことでしょう。NTTフレッツ光の他にも携帯各社、NURO光など、色んな会社が光回線インターネット接続サービスを展開しています。

NURO光を始めとして、最近ではギガ対応のネット回線も増えてきており、以前から気になっていたんですよね。我が家のネット環境はといえば、最初からマンション個別の回線が引かれており、最大スピード「100Mbps」という仕様になっていました。

今の御時世、最大「100Mbps」というのはお世辞にも速いとは言えませんが、それでもマンション個別回線ということで、どの時間帯でも安定して「94Mbps」ほどの速度が出ているので、まぁ満足していたんです。

それでもTVなどでNURO光などのCMを見る度に、我が家の光回線ももう少し速くならないものかな?と思っていたんですよね。ということで契約している会社の方に状況確認をしてみたところ、

規約では最大「100Mbps」となっていますが、マンションまでは1GBの光回線が来ているので、理論上は設置済みのスイッチングハブをGiga対応に交換すれば、もう少しスピードが出る可能性があります

との返答が。えっ、そうなの?それならばもっと早く言ってよ!と嬉しい誤算。

ということで早速設置されているスイッチングハブを調べてみたところ、最大100Mbps対応ハブが設置されています。いやーこれは盲点でした。マンションまでは1GBの光回線が来ているということなので、スイッチングハブをGiga対応に交換すればスピードが上がる可能性があるということ。

ということで早速、設置してあるものと同メーカーのスイッチングハブ「BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ」を購入してみることに。

こちらが「BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ」外箱。Giga、8ポートと大きく書かれています。スイッチングハブに問題があったとは、これは盲点でした。(自分で設置した訳ではないので、スイッチングハブスペックまできちんと見てなかった)

スポンサーリンク

BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ

蓋を開けるとこんな感じ。

BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ

中身を取り出してみました。「BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ 本体」「ACケーブル」「マグネット」「ゴム足」「マグネット用ネジ」「取扱説明書(保証書は取扱説明書に記載)保証期間1年」が内包されています。ACアダプター内蔵電源なので、コンセント周りもすっきり。

BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ

こちらが本体「BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ」。ホワイトカラーでシンプルな作り。「高さ30mm・幅185mm・横99mm」と8ポートにしてはコンパクトなサイズ感。

BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ

前面はこんな感じ。中央はループを検知してくれる「LOOP DETECTION ON/OFFスイッチ」が付いています。LOOP DETECTION機能を途中でONにする場合には、再度電源を入れ直す必要があります。

BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ

右サイドにあるのが「LED表示インジケーター」。上下に「LOOP」「POWER」その右に「LINK/ACT」「1000/100M」があり、上下に分かれたLEDインジケーターが計8個付いています。

BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ

こちらは横から見たところ。「ファンレス設計」で動作音を可能なかぎり小さくする仕様。その分サイドには、通気穴が開けられています。

BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ

こちらが背面。1~8まで番号が打たれたGigabitイーサネット(1000BASE-T)対応ポートが並んでいます。その右側には「AC INポート」があります。シンプルな作りながら、大容量データも短時間で転送できる高速ネットワークを構築してくれるとのこと。

BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ

ポートも8個あるので、家庭で使用するには十分なのではないでしょうか。こちらのスイッチングハブはGigabitイーサネット(1000BASE-T)対応ですが、接続するルーターやLANケーブルなどもGiga対応じゃないと思ったスピードが出ないと思うので、その点は予めチェックが必要です。(とくに古いLANケーブルを使用している場合には要注意)

BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ

裏面はこんな感じ。左右に「マグネット」を取り付ける場所があるので、こちらにマグネットを設置して金属壁面への取り付けが可能。もちろネジで直接取り付けることもできます。

BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ

・「BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ」を交換設置してみる~

それでは早速、これまで使用してきたスイッチングハブを取り外して、新しい「BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ」を設置していくことにしましょう。まずは背面「AC INポート」に「ACケーブル」を挿し込みます。

BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ

交換前のインターネットスピードをiPhoneX(Wi-Fi)で計測してみると「ダウンロード93.8Mbps」「アップロード93.9Mbps」という数字になりました。大体通常からこのくらいのスピードは出ている感じ。使用しているルーターのLANケーブルは、事前にポートから取り外しておきましょう。

BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ

こちらがインターネット接続機器が置かれている場所。玄関近くにある「シューズ イン クローゼット」内に設置してあります。こちらに設置されていることは知っていましたが、これまで不具合なども特に無かったので、しっかりと見たのはこれが始めてかも。

左側に付いている「バッファロースイッチングハブ」に刺さっているLANケーブルを全部抜いてから電源を抜き、スイッチングハブを取り外します。本体はマグネットで装着しているだけなので、横にずらしたら簡単に外れました。

BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ

次に「BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ」裏面に「マグネット」を装着します。プラスドライバーでネジを固定してやればOK。

BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ

そのまま新しいGiga対応スイッチングハブを同じ場所に設置してから、ポート箇所にLANケーブルを挿していきます。自分の場合には一箇所のルーターから全ての電波を飛ばして使用(またはLANケーブル)しているので、基本どの場所に入力しても問題なし。

BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ

LANケーブルを挿して、電源ケーブルを入力すると、使用中のLED表示インジケーターが点灯。とくに問題なく稼働してくれた模様。

BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ

こちらが愛用中のルーター「TP-Link WiFi 無線LAN ルーター AC1200 11ac 867+300Mbps」。2年ほど使用していますが、とくに問題もなく日々快適に使用中。抜いておいたLANポートを接続し直します。

「TP-Link WiFi 無線LAN ルーター AC1200 11ac 867+300Mbps」お値打ち価格ながら評判の高い無線LAN ルーターを試してみた?使用感からスピードテストまで~

BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ

・スピードテストをしてみる~

それでは早速新しい「Giga対応 スイッチングハブ」でどのくらいのスピードが出ているか?スピードテストをしてみることにしましょう。まずはiPhoneX(Wi-Fi)から計測してみると、

「ダウンロード390Mbps」「アップロード519Mbps」

という計測結果となりました。先の数字「93.9Mbps」から較べてみても、約4,5倍の結果となり、結果大成功という感じ。体感的にも全てのインターネット表示が、より素早くなった印象。

BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ

次にLANケーブルで接続しているメイン機、Windowsで計測してみることに。FASTで計測してみた数字がこちら。

「ダウンロード620Mbps」「アップロード570Mbps」

ということで、ダウンロードが620Mbpsと一段と速くなった印象。1Gまでのネット環境なので、このくらいの数字が出れば御の字というところでしょうか。アップロードも570Mbpsと、これだけのスピードがあれば色んな作業がより快適にこなせそう。

BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ

USENにてスピードテストした数字はこんな感じ。概ね似た感じのテスト結果となりました。やはりLANケーブル接続は速いですね。デスクトップを使用している場合には、Wi-FiよりもLAN接続をお勧めします。

・「BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ」まとめ~

既存のスイッチングハブをGiga対応「BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ」に交換するだけで、回線スピードが数倍速くなり、とても満足のいく結果となりました。

とくにOSアップデートなど大容量ダウンロード時に、その恩恵が感じられますね。また今回購入したスイッチングハブも3千円程ということで、コスパ的にも言うことなし。

お住まいのマンションに専用固定回線が引かれている場合、既存のハブをGiga対応スイッチングハブに切り替えるだけで、通信速度が速くなる可能性があります。思い当たるという方は、一度ネット担当者の方に確認してみる、というのも一つの手かもしれません。(^_^)v

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。