イタリアンの巨匠、落合氏が監修したパスタソースを使って、先日収穫した豆苗入り「海老のアメリケーヌパスタ」を作ってみた~

落合氏 監修 パスタソース 豆苗入り「海老のアメリケーヌパスタ」

先日から我が家で育てているえんどう豆の新芽「豆苗(とうみょう)」ですが、10日ほどでかなり大きく伸びてきたので、またそちらの豆苗を使って料理を作ってみることに。とはいっても今回も簡単料理ということで、イタリアンの巨匠、落合務氏が監修したパスタソース「海老のアメリケーヌソース(S&B)」を使ってのパスタ料理。

こちら落合務氏が監修したパスタソースシリーズ。S&Bが販売しているのですが、ミートソースとか他にも色々な種類があって、レトルトながらも本格的な味わいでお気に入り。

こちらが今回1回めの収穫となった「豆苗」。10日ほどでかなり大きく成長しました。こちらの豆苗は現在2回めの収穫に向けて栽培中。ビタミンなどの栄養も豊富ですし、切った根の部分を深めの容器に入れ水につけておくと再収穫ができるというスーパー食材。

えんどう豆の新芽「豆苗(とうみょう)」を栽培しながら、豆苗入り「にんにく醤油まぜそば」を作ってみた~

スポンサーリンク

落合氏 監修 パスタソース 豆苗入り「海老のアメリケーヌパスタ」

まずはこんな感じに豆苗の根元を残してカット。残った根元は再収穫(2回目)をするために水につけ、日当たりの良い場所に置いてやります。一日一回水をかえてやるだけと手入れも簡単。今回の豆苗は元気そうなので、1束で3度美味しいとなるかな。

落合氏 監修 パスタソース 豆苗入り「海老のアメリケーヌパスタ」

カットした豆苗は綺麗に洗います。緑の香りも濃くて採れたて新鮮そのもの。

落合氏 監修 パスタソース 豆苗入り「海老のアメリケーヌパスタ」

こちらが今回使用するメイン食材「海老のアメリケーヌソース(S&B)」「フィットチーネ(生)120g」。パスタはお好みで何でもよいと思いますが、こうした生パスタは手軽に短時間で茹で上がるのでお気に入り。

落合氏 監修 パスタソース 豆苗入り「海老のアメリケーヌパスタ」

こちらが具材の「ソーセージ」。コストコで購入して冷凍保存しておいたもの。1本を薄切りにカット。KIRKLANDソーセージ「PORK HOT DOGS」。12本入りで680gのパックが3連になって(合計2,040g)お値段は1,928円(税込、税抜1,785円)。1本あたりの価格は「約54円」と超お値打ち。

落合氏 監修 パスタソース 豆苗入り「海老のアメリケーヌパスタ」

こちらがパスタ麺「フィットチーネ(生)120g」。イオンの輸入食材店「カフェランテ」で購入。こうした生麺は買い置きがあると便利。(一ヶ月程は保つものが多い)

落合氏 監修 パスタソース 豆苗入り「海老のアメリケーヌパスタ」

こちらがお気に入りのオリーブオイル「LE ROCCHE リモーネEXVオリーブオイル」。イタリア産のレモン風味のオリーブオイル。魚介系料理に最高に合うオリーブオイルで、これがあるだけで料理の格が一段上がる感じ。

落合氏 監修 パスタソース 豆苗入り「海老のアメリケーヌパスタ」

・豆苗入り「海老のアメリケーヌパスタ」を作る(1人前)~

食材:フィットチーネ(生)120g、ソーセージ、豆苗
調味料:海老のアメリケーヌソース(S&B)、LE ROCCHE リモーネEXVオリーブオイル、バター、塩胡椒、刻みにんにく、粉チーズ

まずはフライパンにオリーブオイルを適量入れて、刻みにんにくを小1投入。そこにカットしたソーセージを入れてから、軽く塩胡椒します。

落合氏 監修 パスタソース 豆苗入り「海老のアメリケーヌパスタ」

全体に焼き色が付いたら、豆苗を投入。こちらにも軽く塩胡椒。

落合氏 監修 パスタソース 豆苗入り「海老のアメリケーヌパスタ」

同時に沸騰させておいたお湯(塩入り)にパスタ麺を入れ、150秒茹でていきます。具材と同時に仕上げたいので、出来るだけタイミングを合わせるようにしましょう。

落合氏 監修 パスタソース 豆苗入り「海老のアメリケーヌパスタ」

具材全体がしんなりとなってきたならば、火を弱火にします。

落合氏 監修 パスタソース 豆苗入り「海老のアメリケーヌパスタ」

パスタ麺は茹で上がったならば、ザルにあけてよく水分を切っておきます。

落合氏 監修 パスタソース 豆苗入り「海老のアメリケーヌパスタ」

具材の鍋に「海老のアメリケーヌソース」と「バター(一欠片)」投入し、弱火で約1分温めます。

落合氏 監修 パスタソース 豆苗入り「海老のアメリケーヌパスタ」

ソースの火を止めてから、そこに先のパスタ麺を投入

落合氏 監修 パスタソース 豆苗入り「海老のアメリケーヌパスタ」

パスタ麺とソースをしっかりと混ぜ合わせます。

落合氏 監修 パスタソース 豆苗入り「海老のアメリケーヌパスタ」

お皿に盛り付けて、粉チーズを振りかけて完成。見た目もいい感じに仕上がりました。今回はソーセージがあったので具材に使いましたが、ここに海老があればいうことないかも。

落合氏 監修 パスタソース 豆苗入り「海老のアメリケーヌパスタ」

それでは一口頂きます。口の中に入れた途端に、海老の濃厚な香りが鼻の奥に抜けていきます。このソースがレトルトとは思えない仕上り。そこに豆苗の歯応えとパスタの食感が加わり、全体がいい感じに纏まっています。

ほんと最近のレトルト食品は素晴らしいですね。ちょっと一手間加えるだけで、家でも本格的なイタリアンパスタが味わえるのですから、このソースを使わない手はありません。

今回の豆苗もこうして美味しい料理になってくれて、ほんとありがたい。1つの豆苗で3回収穫できたならば、1束33円ほどという計算になります。栄養も摂れて美味しくて、家庭菜園も楽しめてしかもお値打ち、と言うことなしのスーパー食材「豆苗」。次回収穫時には、また何かの具材を合わせて味わってみたいと思います。(^_^)v

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。