これまで使用していたBenQモニターが空いたので、モニターアームを使ってWindowsPCサブモニターとして設置してみた~

BenQ モニター モニターアーム WindowsPCサブモニター 設置

先日、久しぶりにWindowsデスクトップをメインPCにしたこともあり、今回思い立って新しいディスプレイ「LG 27UL550-W 27型 4K 液晶ディスプレイ HDR対応モニター」を購入。無事に設置や設定も完了し、日々快適に使用中。やはりIPS の4K液晶ディスプレイは綺麗ですね。このモニターならば末永く使用できそう。

HDR対応の27型 4K IPS液晶ディスプレイ「LG 27UL550-W 27型 4K 液晶ディスプレイ HDR対応モニター」を購入してみた~開封の儀からファーストインプレッションまで~

ということで新しい4Kモニターはいい感じに使用できているのですが、これまで使用していた「BenQモニター 24インチ」が余ってしまうことに。そのまま置いておいても勿体ないので、これまた最近では余り使用していなかったモニターアームを使って、こちらのBenQモニターを新しい4Kモニターと並べてサブモニターとして使用することに。

一昔前の液晶モニターEIZO L557を「FLEXIMOUNTS ガススプリング式 モニターアーム ホワイト M01W」を使って蘇らせてみる!モニター設置&使用感編〜

こちらが「BenQモニター 24インチ」。メインディスプレイとしては3年半くらい使用していたでしょうか。気に入ってはいたのですが、サイズ的に27インチが欲しくなってきたのと、ブラックの配色が弱いということで今回新しいモニターへと切り替えることにしました。

Macbookサブモニター用に「BenQ モニター ディスプレイ 24インチ フルHD GL2460HM」を購入してみた!初期設定時にはちょっと注意が必要かも〜

スポンサーリンク

BenQ モニター モニターアーム WindowsPCサブモニター 設置

・BenQモニターの台座を取り外す~

こちらがBenQモニター背面。左に電源ケーブル、右にHDMIケーブルが挿さっています。HDMIケーブルはこのまま使う予定。まずは下にある台座を取り外していきます。

BenQ モニター モニターアーム WindowsPCサブモニター 設置

台座設置箇所をアップで見てみると、中央に小さなポッチ(ロック穴)が空いています。こちらのポッチを爪楊枝など先の細いもので押し込みながら台座を下にずらすことで、ロックが外れて台座を取り外すことができます。

BenQ モニター モニターアーム WindowsPCサブモニター 設置

ポッチ(ロック穴)を押しながら台座を下に引っ張ると、こんな感じに台座が外れました。このロック穴は気が付きにくいので、間違って左右のネジなどを外さないように気をつけましょう。

BenQ モニター モニターアーム WindowsPCサブモニター 設置

・モニターアームをBenQモニターに取り付ける~

BenQモニターの台座が外れたので、今度はこれまで使用していた「液晶モニターEIZO L557」からモニターアームを取り外していくことに。EIZO L557はかなり古いモニターですが、未だに使用可能。でもさすがにこのサイズと重量だと、そろそろお役御免かな。

BenQ モニター モニターアーム WindowsPCサブモニター 設置

プラスドライバーを使って、4箇所のプラスネジを取り外していきます。こちらのモニターは結構重たいので、こうした作業をする時には無理に一人でやらずに誰かに手伝ってもらいましょう。

BenQ モニター モニターアーム WindowsPCサブモニター 設置

無事に取り外せたならば、今度は同じようにBenQモニターをモニターアームに取り付けてやるだけ。モニターアーム自体は机にセッティングしてあるので、モニターの取り付けも楽ちん。後はモニターアームの配置を考慮して、メインモニターに合わせてセッティングしてやるだけ。

BenQ モニター モニターアーム WindowsPCサブモニター 設置

セッティングし終わったBenQモニターの全体像。こんな感じにモニターアームを配置してやると、メインモニターといい感じに揃えて並べられます。デスクの空きスペースも有効に使えますし、なかなかいい感じなのではないでしょうか。

BenQ モニター モニターアーム WindowsPCサブモニター 設置

・WindowsPC(Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny)にモニターを繋いでみる~

モニターの配置もできたところで、WindowsPC(Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny)へと2つのモニターを繋いでいくことにしましょう。メインモニター(LG 4Kモニター)は左から2番目のディスプレイポートに、サブモニターは左から4番めのHDMIポートへと各ケーブルを繋いでいきます。同時に2つのポートが使えるのも、デスクトップPCならではの強み。(最近のラップトップはポート類が少ないので)

BenQ モニター モニターアーム WindowsPCサブモニター 設置

こちらがケーブル類を繋いでセッティングした後のWindowsPC。各種ケーブルがいい感じにデスク下に隠れるので、デスク上は見た目もスッキリ。

BenQ モニター モニターアーム WindowsPCサブモニター 設置

・モニター設置完了したので、WindowsPC電源を入れてみる~モニター設定など~

2つのモニターが無事にセッティングできたので、WindowsPCの電源を入れてみることに。しばらく待つとすぐに2つのモニターが立ち上がりました。ちゃんとサブモニター(BenQの電源はオンに)も立ち上がりました。PCの立ち上がり速度も、これまでと変わらず10秒弱ということでいい感じ。

BenQ モニター モニターアーム WindowsPCサブモニター 設置

それではWindowsPCの「設定」からモニターを設定を見ていきましょう。「システム」「ディスプレイ」を見てみると、こんな感じに2枚のディスプレイが配置されています。まずはメインモニターであるLG 4Kモニターの方を「1右側」に持ってきます。(2がサブのBenQモニター)

BenQ モニター モニターアーム WindowsPCサブモニター 設置

次にメインモニター(LG 4K)の解像度を変更していきます。4Kだと文字が小さすぎるので「解像度 WQHD(2560×1440)」に設定。こちらの解像度だと、テキストサイズも「100%」で使用できます。

BenQ モニター モニターアーム WindowsPCサブモニター 設置

次にサブモニター(BenQ)の解像度を変更していきます。こちらは推奨の「1920×1080(フルHD)」に設定。こちらはこれまで使用してきた解像度(100%推奨)での使用となります。メインモニター(LG 4K)とは解像度が異なるので、ブラウザなどのアプリを移動させる時には注意が必要。

BenQ モニター モニターアーム WindowsPCサブモニター 設置

モニター設定をし終わった後はこんな感じ。画像ではちょっと判りにくいですが、右の4Kモニターの方が解像度が高いので、あきらかに鮮明に映し出されます。左のBenQモニターはサブモニターとして使う予定なので、これで必要十分。2枚合わせるとかなりモニター範囲が広くなったので、今後より快適に作業が行えそう。

BenQ モニター モニターアーム WindowsPCサブモニター 設置

・2枚のモニター設置完了、しばらく使用してみての感想は?

こちらが現在のモニター外観。メインモニターはPC作業中心、サブモニターは音楽やメールなど閲覧中心に使用していく予定。自分的にはこれだけの作業スペースがあれば、モニター環境としては一先ず完成形かなという感じ。やはり大きめのモニターが2枚あると、作業効率が格段に上がりますね。

2枚のモニターを同時使用していても、解像度WQHD(2560×1440)とフルHD(1920×1080)で使用するならば現在のPC環境でもそれ程大きな負荷なく使用できています。音楽を聴きながら作業などをしても、メモリーは「16GB中4GBほど」使っているだけなので、まず問題ないでしょう。

これでBenQモニターも無駄にならずにフル活用できそう。PC環境もかなりいい感じに整ってきたので、今後益々PC作業が捗りそうです。(^_^)v

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。