HDR対応の27型 4K IPS液晶ディスプレイ「LG 27UL550-W 27型 4K 液晶ディスプレイ HDR対応モニター」を購入してみた~各種設定方法から使用感まで~

LG 27UL550-W 27型 4K 液晶ディスプレイ HDR対応モニター

先日、久しぶりにWindowsデスクトップをメインPCにしたこともあり、今回思い立って新しいディスプレイを購入することに。ということで色々と検討した結果購入したのが、こちらのディスプレイ「LG 27UL550-W 27型 4K 液晶ディスプレイ HDR対応モニター」。

前回は「開封の儀からファーストインプレッションまで」を中心にお届けしましたが、今回はその続きということで、「各種設定方法から使用感まで」をお届けしたいと思います。

HDR対応の27型 4K IPS液晶ディスプレイ「LG 27UL550-W 27型 4K 液晶ディスプレイ HDR対応モニター」を購入してみた~開封の儀からファーストインプレッションまで~

スポンサーリンク

LG 27UL550-W 27型 4K 液晶ディスプレイ HDR対応モニター

WindowsPC(Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny)を含めた全体はこんな感じ。サイズ的にも良い感じにデスクに収まりました。自分のここ最近のモニター遍歴はといえば、21インチ(iMac)24インチ(BenQ / MacBook)27インチ(LG / Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny)といなっています。順当にサイズが大きくなっていますが、まぁ27インチあれば必要十分かな。後は余っている24インチ(BenQ)を、また後日サブモニターとして活用するかも。

LG 27UL550-W 27型 4K 液晶ディスプレイ HDR対応モニター

・ディスプレイの解像度を変更する~

まずはWindowsPCの「設定」から「システム」「ディスプレイ」と入り、拡大縮小とレイアウトにて「ディスプレイの解像度」を見ていくことにしましょう。初期設定では、4Kモード(3840×2160)となっています。一様こちら推奨となっていますが、「テキスト、アプリその他の項目のサイズを変更する」が最初から「150%」なんですよね。というのも100%だと文字が小さすぎて見にくいから。

LG 27UL550-W 27型 4K 液晶ディスプレイ HDR対応モニター

ということで折角の4Kディスプレイですが、自分は「解像度 WQHD(2560×1440)」で使用することに。こちらの解像度だと、テキストサイズも「100%」で使用できます。これだと4Kモニターが活かしきれないのでは?と思われるかもしれませんが、フルHDと4Kの中間でもある WQHD(2560×1440)が実用性という意味では一番理に適っている気もします。

解像度も100%のまま使用できますし、グラフィックボードへの画像処理負荷の増加も防げます。4Kを使いたい場合には、その時だけ設定変更してやればいいので、通常はWQHD(2560×1440)で使用していく予定。

LG 27UL550-W 27型 4K 液晶ディスプレイ HDR対応モニター

・モニターの設定を変更する~

こちらのLGモニターは、ディスプレイ中央下部に「OSDジョイスティック」が付いていて、こちらから電源オンオフや各種設定変更が可能となっています。OSDジョイスティックをクリックすると、こんな感じの設定画面が出てきます。ジョイスティックを前後左右に動かすだけで、各種設定の変更が可能となっています。

LG 27UL550-W 27型 4K 液晶ディスプレイ HDR対応モニター

まずは右側にある「設定」を見ていきます。一番上にある「クイック設定」から「明るさ」「コントラスト」「音量」「色濃度」などが設定可能。まずはこちらの明るさを100%に変更。(この辺りの設定は各自お好みで)

LG 27UL550-W 27型 4K 液晶ディスプレイ HDR対応モニター

次に「画質」から「ピクチャーモード」へと入ります。

LG 27UL550-W 27型 4K 液晶ディスプレイ HDR対応モニター

ピクチャーモードは各種細かい細かい設定があるのですが、こちらのモニターは「HDR効果」という特別な設定があるので、こちらを試してみることに。スマートフォンなどでもHDR機能を使うとかなり綺麗な画像になるので、これがモニター内でもできるというのはありがたい。

ちなみにHDR(High Dynamic Range ハイダイナミックレンジ)とは、

HDRとは、High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略称で、従来のSDR(スタンダードダイナミックレンジ)に比べてより広い明るさの幅(ダイナミックレンジ)を表現できる表示技術のこと。一般的なSDR映像では日陰が黒つぶれしたり日向が白飛びしたりしますが、HDR映像では明るい部分と暗い部分どちらの階調も犠牲にすることなく、より自然でリアルな描写が可能となります。(EIZOサイトより抜粋)

LG 27UL550-W 27型 4K 液晶ディスプレイ HDR対応モニター

こちらがHDR機能を使った後のモニター画像。一番最初に使った画像(トップ)と較べると、明らかに色合いが”くっきりはっきり”となっていることがお判り頂けると思います。このHDR機能が使えるだけでも、こちらのLGモニターにした甲斐があったかも。従来のSDR画像に切替えたい場合には、先のピクチャーモード設定からすぐに変更可能です。

LG 27UL550-W 27型 4K 液晶ディスプレイ HDR対応モニター

もう一枚、当方サイトを見てみるとこんな感じ。こちらは正面から見たところですが、画像が鮮明で、とても綺麗に映し出されています。

LG 27UL550-W 27型 4K 液晶ディスプレイ HDR対応モニター

こちらが斜めから見た時のディスプレイ。視野角も広いので、そこそこ斜めから見てもちゃんと全体が見渡せます。以前のモニターは視野角が狭くて、斜めからだと所々ぼやけてしまったのですが、さすが4Kディスプレイはそういった心配もなくていいですね。

LG 27UL550-W 27型 4K 液晶ディスプレイ HDR対応モニター

・ゲームを遊んでみた~

ちょっと重ためのゲームなど遊んでみました。こちらはブラウザ上でも遊べる「League of Angels 3」。会員登録すれば無料で遊べるオンラインゲームですが、そこそこ重たいのでPCグラフィックなどもそれなりにスペックが必要。モニター画像を見て頂ければおわかりのように、とっても繊細で綺麗。解像度 WQHD(2560×1440)でカクつくこともなく、美しい映像のまま遊べます。4Kでも遊べますが、WQHDでも十分な印象。

LG 27UL550-W 27型 4K 液晶ディスプレイ HDR対応モニター

・Amaozn Primeにて動画を見てみた~

お次はAmaozn Primeにて動画を見てみることに。こちらが最近見ているドラマ「CHUCK(チャック)」。ちょっと前のドラマだけど、アクションあり笑いありで面白い。登場人物も魅力的ですし。映像は少し古めだけども、全体的にとても綺麗。とくに薄暗い場面が以前よりも見やすくなり、ブラックの色の違いがはっきりとわかります。

6秒間の「簡易ビデオ」も撮ってみました。ディスプレイの映り具合やOSDジョイスティックによる設定変更など、何となく雰囲気は感じてもらえるかと思います。

・「LG 27UL550-W 27型 4K 液晶ディスプレイ HDR対応モニター」いいところ、いまいちなところ~

今回のLGモニター、若干値ははりましたが、その機能性を考えると十分納得できる良い買い物となりました。いいところとしては、やはり4KのIPSモニターは圧倒的に綺麗。画面も広く活用できるので、作業の幅もより広がります。基本ディスプレイは長持ちするので、長く使うことを考えると価格よりも機能性を優先して購入した方が、より幸せになれると思います。

いまいちなところとしては、余り思いつかないのですが、4Kにすると文字が小さくなってしまう点でしょうか。でもこれは最初からわかっていたことなので、自分のように最初から「解像度 WQHD(2560×1440)」で使用するなど、自分の環境に合わせて上手く組み合わせてやるとよいでしょう。

あとは余った先の24インチ(BenQ)モニターをどうするかですね。今後またサブモニターとしてまた活用するべく考えるとしますか。(^_^)v

↓続きはこちらから↓

これまで使用していたBenQモニターが空いたので、モニターアームを使ってWindowsPCサブモニターとして設置してみた~

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。