超軽量コンパクトボディのWindows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny 価格.com限定モデル」が我が家にやってきた!~その使用感からベンチマークテストまで~

Windows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny 価格.com限定モデル」

先日、久しぶりに我が家にやってきたデスクトップWindows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny 価格.com限定モデル」。思っていた以上に軽量コンパクトなそのボディ。ディスプレイ台の下にすっぽりと入ってしまうので、その存在を思わず忘れてしまうほど。

前回は”開封の儀からファーストインプレッションまで”をお届けしましたが、今回はしばらく使用してみての”その使用感からベンチマークテストまで”をお届けしてみたいと思います。

超軽量コンパクトボディのWindows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny 価格.com限定モデル」が我が家にやってきた!この価格でこの性能は凄い~開封の儀からファーストインプレッションまで~

現在の見た目はこんな感じ。壁紙もWindows8マスコットキャラクターに変えて、色々と自分なりに使いやすいように試行錯誤しながらカスタマイズしているところ。

スポンサーリンク

Windows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny 価格.com限定モデル」

まずは「タスクバー」や「アイコン」をMacライクに右端に置いてみました。こちらは「設定」から「個人用設定」「タスクバー」で変更可能。ここ数年は右にタスクバーを置いて作業していたので、やはりこの方が作業効率がいいんですよね。

色んなアプリも徐々にインストールしては試しているのですが、この辺りはもう少し使い込んで落ち着いてから、纏めてご紹介したいと思っています。

Windows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny 価格.com限定モデル」

・起動速度はどんな感じ?


Windows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny」ですが、さすがCPU「AMD Ryzen 5 Pro 3400GE (3.30GHz, 2MB)」を積んでいるだけあって激速。

電源オンからの画面立ち上がり 10秒弱
スリープからの画面立ち上がり 一瞬

といった感じ。一昔前の数分待たされたWindowsPCがまるで嘘のよう。最初、電源ボタンを押した瞬間だけ勢いよくファンが回りますが、その後は無音に近いくらい静か。またしばらく使用していてもとくに熱を持っている感じもなく快適に使用できています。待受画面の映像も美しくて、なかなか素敵。

Windows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny 価格.com限定モデル」

キーボード越しに撮影したところ。キーボードは付属のものにはせずに、別途Logicoolのものを購入。こちらはまた別の機会にご紹介予定。デスクトップPCは高性能&お値打ちで魅力的なのですが、如何せんサイズが大きいのがネックでした。でもこのサイズ感ならば、全然ありなのではないでしょうか。ほんといい時代になりました。

Windows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny 価格.com限定モデル」

「ファイル」を開いてみるとこんな感じ。 自分の場合、サブWindowsラップトップにて「OneDrive(クラウド)」を使用しているので、既にそちらのデータと自動リンクしています。設定により重要なデータはそのまま「OneDrive」上に自動保存されるのも安心感があっていいですね。PCのクラウド環境は、MacよりもWindowsの方が一歩先を行っている感じがします。

Windows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny 価格.com限定モデル」

初期状態の「Windows(C:)」の使用状況はこんな感じ。全体の「27GB」ほどしか使用されていません。一昔前のPCとは異なり、最初から必要ないアプリが入っていることもなくスッキリ。この辺りはカスタマイズ性の高いPCならではのメリット。

Windows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny 価格.com限定モデル」

・「CINEBENCH」アプリを使って、ベンチマークテストをしてみる~


それでは実際にどのくらいの性能なのか、有名なベンチマークテストアプリ「CINEBENCH(無料)」を使って、ベンチマークテストをしてみることに。まずは「Microsoft Store」から「CINEBENCH」アプリをインストール。アプリを立ち上げると、こうした画面と共に計測スタート。それと共に勢いよくファンが回転し続けます。あえてPCに負荷を掛けている模様。

Windows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny 価格.com限定モデル」

画像が開き終わったところで、計測終了。こんな感じの計測結果となりました。「AMD Ryzen 5 Pro 3400GE (3.30GHz, 2MB)」「Radeon™ Vega グラフィックス」というスペックですが、数字は「1707」ランキングを見てみると上位から「8番目」に表示されています。

現在この世に出ているCPUの中で、スペック的に8番目にランクインということなのかな?これはなかなか素晴らしい数字なのではないでしょうか。総額5万円を切る価格帯のPCで、これだけの性能が出せるのならば、もう何もいうことありません。(大満足)

あとは標準8GBのメモリーを足して、16GBにしたいところ。ある程度このPCに使い慣れてきたら、また考えたいと思います。

Windows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny 価格.com限定モデル」

・使用感について~Windows10「スナップ機能」「仮想デスクトップ」が素晴らしい~


ここ12年近くずっとMacをメインPCとしてきたのですが、今回WindowsPCに切り替えた一番大きな要素が、Windows10の使いやすさ。もちろん価格のお値打ち感というのもありますが、Windows10の使いやすさがなければWindowsPCに切り替えることはなかったと思います。

その代表格がこちらの「スナップ機能」。こんな感じに画面を自動で「2分割」「4分割」表示して作業することが可能。Macも有料アプリ(Magnet)をインストールすれば似たようなことができますが、やはり最初から使えるというのは大きなメリット。

自分はこんな感じに左に「ブラウザ」右に「エディター(Simplenote)」右下に「ファイル(画像など)」を開いて作業しています。

アプリは左右に角に合わせてドラッグ移動するだけでもリサイズされますし、キーボードで「Win」+「方向キー(左右)」、「Win」+「方向キー(上下)」することで、2分割、4分割を使い分けることができます。

Windows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny 価格.com限定モデル」

こちらが「仮想デスクトップ」機能。こちらはMacの方が先に実装されていましたが、Windowsでも同じように使えるようになりました。

「Win」+「Tabキー」 → 仮想デスクトップ画面

右上の「新しいデスクトップ」をクリックすれば、仮想デスクトップ画面を増やすことができます。また下にスクロールすることで、近々に作業していた内容が確認できるので、そちらから作業を再開することも可能。

また画面上に表示されているアプリを希望の仮想デスクトップ画面に移動させてやるだけで、随時使用したい仮想デスクトップ画面で作業を続けることができます。

Windows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny 価格.com限定モデル」

こちらがWindowsの「タスクマネージャー」を立ち上げたところ。使用環境としてはGoogle Chromeブラウザを2枚立ち上げて(仮想デスクトップも使用)YouTube動画を見ながら計測した感じ。

それでもCPU使用率は13%ほど。GPUも19%とまだまだ余力があります。メモリは2.9GBと半分近く使われている模様。メモリは後から8GBほど増設した方がいいかも。CPUとGPUに余力があるというのは、何をするにも安心感があっていいですね。


・Windows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny 価格.com限定モデル」しばらく使用してみた感想は?


まだ我が家にきて1週間程ですが、やっと操作感にも慣れてきたところ。昔はWindows一筋だったのですが、さすがに12年近くブランクがあると(その間にもサブWindows PCには触れてきましたが)操作感に慣れるのにも少し時間がかかりますね。

でも一通り最低限必要なアプリなども揃ってきて、そこそこ快適に使用することができるようになりました。それに何といってもPCの動作自体が目に見えて速くなったので、作業効率も慣れるにつれて日々上がってきていると実感します。

今回は「機能・価格・デザイン」と三拍子揃った買い物ができて、個人的にも大満足。でもまだまだ色々と改善の余地も多いので、また機会を見てコラムを追記していきたいと思います。(^_^)v

↓続きはこちらから↓

超軽量コンパクトWindows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny」のメモリを増設してみた~「Crucial メモリ PC4-21300(DDR4-2666)8GB」を使って16GBに~メモリ増設手順や使用感など~

Lenovo

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。