愛媛県今治市から届いたちょっと珍しい高級食パン「みかんパン」を味わってみた~

高級食パン「みかんパン」パン工房 つきはら

昨今は高級食パンブームで、色んなお店が様々な種類の食パンを販売してますね。そういう自分もパン大好きということもあり、これまでにも色んなお店の食パンを味わってきました。最近では見た目も愛らしくて、生地も美味しいこちらの食パン「ねこねこ食パン」がお気に入り。

水と緑の公園「オアシスパーク 河川環境楽園」にて、人気ベーカリー「NEKO NEKO SHOKUPAN」の「ねこねこ食パン(キャラメル・あずき)」を購入したので味わってみた〜

そんな折、またまた地元の駅前コンビニにて、ちょっと珍し食パンを発見。それがこちらの高級食パン「みかんパン」。名前もストレートでインパクトありますが、袋のデザインも印象的。中央には”みかん君?”という感じの蝶ネクタイをしたみかんの顔が描かれています。

ちなみに製造販売しているのは、愛媛県今治市に店舗がある「パン工房 つきはら」というお店。開業34年、”食べたいパン、食べてほしいパン、毎日、朝から晩までパンのことばかり考えている社長と社員でおいしいパンを作っています”ということで、これは期待できそう。

スポンサーリンク

高級食パン「みかんパン」パン工房 つきはら

早速、袋から取り出してカットしてみました。こちらの食パンは、デニッシュパンという感じのフワフワ生地を使っていて、とっても柔らかくて軽い。手に持った感じは、クロワッサンの食パンバージョンといった感じ。

また袋から取り出しただけで、柑橘系みかんの良い香りが辺りに漂ってきます。価格は1斤900円(税込)。高級食パンとしては若干お高めですが、それだけ素材を厳選して手間暇かかっているということでしょう。

高級食パン「みかんパン」パン工房 つきはら

お皿に盛り付けてみました。こちらの「みかんパン」には自家製のミカンペーストが織り込まれており、デニッシュパンの間にミカンペーストがグラデーションを作っていて、見た目も愛らしくてお洒落。特製のバターシートとパン生地を重ねて折りたたむ作業を繰り返し、きれいなマーブル上に焼き上げているとのこと。

高級食パン「みかんパン」パン工房 つきはら

それではトースターで軽く焼いてから、頂いてみることにしましょう。まずはトースターで3分ほど焼いていきます。(焼き時間はトースターに合わせて調整してください)

高級食パン「みかんパン」パン工房 つきはら

いい感じに焼き上がりました。トースターで焼いてやると、より黄色いみかん色が目立っていい感じ。見るからにサクサクふわふわで、みかんの爽やかな香りと共に食欲をそそります。

高級食パン「みかんパン」パン工房 つきはら

バターやマーガリンを塗っても美味しそうですが、まずはそのままで頂きます。表面の生地はサクッサク、中の生地はふんわりと柔らかい。噛みしめるとバターの風味と共にみかんの爽やかな香りが漂ってきます。濃厚なバターの風味と爽やかなみかんの香りが、これまた相乗効果を生んで、とっても美味しい。

高級食パン「みかんパン」パン工房 つきはら

生地を裂いてみるとこんな感じ。クロワッサンに近いようなデニッシュパンに仕上がっているので、口当たりもサクサクふわふわ。濃厚な風味が好きな方は、ここにバターをたっぷり塗って食べても美味しそう。珈琲や紅茶、スープなどと合わせても良さげ。

愛媛県今治市から届いた高級食パン「みかんパン」。さすが”みかん特産地”でもある愛媛県で作られているだけあって、みかんの風味が濃厚で爽やかな口当たりが癖になりそう。

デニッシュパン好きな方ならば、気にいること間違いなし。とても気に入ったので、また最寄りのコンビニで販売されていた時には、購入してみたいと思います。(^_^)v

パン工房 つきはら

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。