伊勢名物「ゑびやの伊勢うどん」をお土産で貰ったので、手づくりの「鶏そぼろ丼」と一緒に味わってみた〜

伊勢名物「ゑびやの伊勢うどん」

先日、家族が「伊勢神宮」をご参拝ながら、伊勢内宮前にある「おかげ横丁」にて、ぶらり買い食い食べ歩きをしてきたのですが、お土産として伊勢名物「ゑびやの伊勢うどん」を買ってきれくれたので、手づくりの「鶏そぼろ丼」と一緒に味わってみたいと思います。

三重県伊勢市散策~「伊勢内宮前 おかげ横丁」にて、「赤福」や「メンチカツ」「牛串」「タルト」などを、ぶらり買い食い食べ歩きしてきた~

こちらが伊勢名物「ゑびやの伊勢うどん」。しめ縄みたいな紐で縛られていて、なかなか素敵なパッケージ。

スポンサーリンク

伊勢名物「ゑびやの伊勢うどん」

こちらが中身。(といってもうどんは既に開封済み)「伊勢うどん(真空パック)」「たれ」ともに二人前入っています。タレは伊賀のはさめず醤油を使用したこだわりのゑびや特製品。麺は伊勢うどんの老舗製麺所のみなみ製麺さんのものを使用しているとのこと。

伊勢神宮そばの「ゑびや大食堂」で出している伊勢うどんと同じ味を、家庭でも楽しめるとのことでこれは楽しみ。

伊勢名物「ゑびやの伊勢うどん」

・ゑびやの伊勢うどんを作ってみよう~


作り方はとっても簡単。まずは伊勢うどんをパックから取り出して、沸騰させた多めのお湯で、4~5分間(お好みの固さ)に茹でていきます。

伊勢名物「ゑびやの伊勢うどん」

茹で上がったならば直ぐにざるにあけて、よく湯切りします。麺も見るからにツヤツヤしていて美味しそう。

伊勢名物「ゑびやの伊勢うどん」

麺を丼ぶりに移したら、付属の「たれ」をそのままうすめずにかけます。

伊勢名物「ゑびやの伊勢うどん」

あとはよくかき混ぜて、お好みで薬味(今回は青葱、かつおぶしなども合うみたい)をふりかけて完成。とってもシンプルで簡単料理というのも、手間いらずでいいですね。

伊勢名物「ゑびやの伊勢うどん」

それでは一口頂きます。麺がモッチモチで柔らかくて、とっても食べやすい。まるでお餅のようなうどん。そこにちょっと甘めの特性たれが絡み、スルスルとうどんが入っていきます。

以前に食べたことがある伊勢うどんは生醤油をかけるタイプで、こちらは余り好みではなかったのですが(生醤油味がかなり濃厚なタイプ)、こちらのたれは甘めにできているので、すき焼き後のうどんみたいな感覚で頂けます。

薬味として他にも「卵黄、七味、ごま油」などとあわせても、味変が楽しめていいみたい。

鶏そぼろ丼

・「鶏そぼろ丼」も作ってみた~


鶏肉のミンチが家にあったので、こちらを味付けして炒め、卵そぼろと一緒に合わせてみました。上にのっている鶏唐揚は冷凍食品を温めただけ。後は葱を添えて完成。彩りも春らしくていい感じ。(赤があるとベストだったかも)

鶏そぼろ:鶏肉ミンチ、料理酒、醤油、砂糖、はちみつ生姜、塩胡椒(みな適量)をあわせて炒めただけ。はちみつ生姜の生姜の香りが効いていて、いい感じに仕上がりました。

伊勢名物「ゑびやの伊勢うどん」鶏そぼろ丼

それでは一口頂きます。はちみつ生姜の香りが効いていて、パクパク食べられる感じ。鶏と玉子のそぼろの食感も楽しい。全体的に優しい味わいで、身体にも良さそう。

かきの佃煮

こちらも伊勢のお土産「かきの佃煮」。鶏そぼろ丼や伊勢うどんと一緒に食べたら最高に美味しかった。

水産庁長官賞や消費者大賞も受賞した伊勢神宮外宮奉納品「かきの佃煮」をお土産で頂いたので味わってみた~

伊勢名物「ゑびやの伊勢うどん」。同じ伊勢うどんでもお店によってたれの味がかなり異なるみたい。こちらゑびやの味は自分の好みにもあっていて、これまで食べた中でも一押し。また伊勢を訪れる機会があっつたなら、忘れずに購入してみたいと思います。(^_^)v

EBIYA ゑびや

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。