水産庁長官賞や消費者大賞も受賞した伊勢神宮外宮奉納品「かきの佃煮」をお土産で頂いたので味わってみた〜

勢神宮外宮奉納品「かきの佃煮」鳥羽 答志島 浜与本店

先日、家族が三重県方面に出かけたのですが、伊勢神宮内宮の鳥居前「おはらい町」中程の一角にある「おかげ横丁」にて、水産庁長官賞や消費者大賞も受賞した伊勢神宮外宮奉納品「かきの佃煮」を購入してきてくれたので、味わってみました。

三重県伊勢市散策~「伊勢内宮前 おかげ横丁」にて、「赤福」や「メンチカツ」「牛串」「タルト」などを、ぶらり買い食い食べ歩きしてきた~

こちらがおかげ横丁内にある店舗「鳥羽 答志島 浜与本店」。こちらの「かきの佃煮」を始めとして「伊勢海老の活蒸し」や「生しらす」「鰆タタキ」など伊勢湾を中心に収穫された海の幸を独自の方法で加工販売しています。

おかげ横丁にある浜与本店でも「かきの佃煮」は外の屋台で販売されており、お店の看板商品であることが伺えます。

ちなみに答志島とは…

答志島は伊勢湾の入口にあり、鳥羽から市営定期船で20~30分で着く人口3000人弱の細長い小さな島です。島のほとんどの人々が漁業関係で働く、まさに海の恵みと共に暮らす島であり、海女さんが今もサザエやアワビを素もぐりで捕っています。 島では八幡さまの大漁祈願祭、寝屋子(ねやこ)といった祭りや共同生活の独自の文化が伝承され、自然とうまく暮らしていく知恵にあふれています。

スポンサーリンク

勢神宮外宮奉納品「かきの佃煮」鳥羽 答志島 浜与本店

こちらが伊勢神宮外宮奉納品「かきの佃煮」。パッケージ内に独自の製法で作られた牡蠣の佃煮がぎっしりと詰め込まれています。

勢神宮外宮奉納品「かきの佃煮」鳥羽 答志島 浜与本店

蓋を開けてみました。こちらは既に家族で取り分けて味わった後ですが、佃煮にされた牡蠣がぎっしりと詰め込まれています。三重県鳥羽市浦村産の新鮮な牡蠣と浜与本店秘伝の特性タレを使用。牡蠣を生からふっくら炊き上げることで、ふっくら柔らかく牡蠣の旨味が凝縮されるみたい。

勢神宮外宮奉納品「かきの佃煮」鳥羽 答志島 浜与本店

小皿に取り分けてみました。この見るからにツヤツヤな出来栄え、佃煮好きには堪りません。亜鉛、タウリン、グリコーゲンなどの栄養もたっぷり詰まった「かき佃煮」。生の牡蠣が苦手な方にも、浜与のかき佃煮は美味しく食べれると評判とのこと。

勢神宮外宮奉納品「かきの佃煮」鳥羽 答志島 浜与本店

それでは一口頂きます。佃煮なのに粒が大きくて食べごたえ十分。適度な歯ごたえもあり、噛みしめると中から牡蠣のジューシーな旨味と特性タレの奥深い味が染みてきます。麦酒と一緒に頂くと、もうそれだけで至福のときが味わえます。

勢神宮外宮奉納品「かきの佃煮」鳥羽 答志島 浜与本店

温かい白ご飯にのせて頂きます。これはもう間違いない美味しさ。アサリの佃煮の高級版といった感じで、これだけでご飯がすすむこと間違いなし。牡蠣のほろ苦い味わいが尾を引いて箸が止まりません。

またこの後にお茶漬けにもしましたが、このお茶漬けがまた最高。奥深い出汁が出て、極上のお茶漬けが味わえました。

伊勢神宮外宮奉納品「かきの佃煮」。さすが多くの賞を受賞しているだけあって、その奥深い味わいは本物です。牡蠣好きならば、気に入ること間違いない極上の佃煮。おかげ横丁を訪れた際には、ぜひお立ち寄りあれ。(^_^)v

鳥羽 答志島 浜与本店 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。