陶磁器「瀬戸焼(瀬戸物)」で有名な愛知県瀬戸市にある道の駅「瀬戸しなの」をぶらり散策〜名古屋めし「味噌かつ」や「海老フライ」を堪能〜

道の駅「瀬戸しなの」

愛知県瀬戸市、日本でも有数の陶磁器「瀬戸焼の生産地」として知られています。最近では瀬戸市出身将棋界の若きプリンス「藤井聡太プロ棋士・7段」の大躍進のお陰で、また違った角度から注目を集めています。

そんな藤井聡太プロ棋士人気で新たに注目を集めている愛知県瀬戸市にある道の駅「瀬戸しなの」をぶらり散策してきました。以前にも訪れたことがあるのですが、食事から陶磁器・野菜や産直品など色々揃っていて、見て周るだけでも楽しいんです。

こちらが道の駅「瀬戸しなの」入り口。この日も多くの人で賑わっていました。場所は「愛知県瀬戸市品野町1丁目126番地の1 / 0561-41-3900」。瀬戸の中心地からも比較的近くにあります。

↓前回訪れた際のコラム↓

瀬戸散策~道の駅「瀬戸しなの」瀬戸焼から特産品まで色々揃っていて楽しい~お猿十兵衛くんの猿芸も見れたよ~

スポンサーリンク

道の駅「瀬戸しなの」

道の駅「瀬戸しなの」の反対側には、「珈琲モーニング」の看板が目立つレストラン「敷島」があり、そのまた奥には「品野陶磁器センター」があります。まずは道の駅「瀬戸しなの」を見る前に、レストラン「敷島」内で腹ごしらえをすることに。

道の駅「瀬戸しなの」

こちらがレストラン「敷島」入り口。入り口には黒板のメニューがずらりと並んでいます。周りには屋台が立ち並んでおり、野菜や小物なども販売されています。

道の駅「瀬戸しなの」

こちらがメニュー。名古屋めしを中心とした定食セットが豊富に揃っています。揚げ物からお刺身まで、和食を中心にメニューも盛り沢山。

道の駅「瀬戸しなの」

丼ものからお寿司まであります。とにかく種類が多いので、どれにしようか迷ってしまうほど。またどれも価格がお値打ちで良心的。

道の駅「瀬戸しなの」

スイーツなどもあってメニューも豊富。

道の駅「瀬戸しなの」

店内には販売スペースもあって、お菓子や野菜なども販売されています。席数は「120席」と結構広いのですが、お昼時だった事もあり、次から次へとお客さんが出入りして満席状態でした。

道の駅「瀬戸しなの」

こちらが今回注文した「味噌かつ定食」950円(税別)。名古屋めしの代表格「味噌かつ」ですが、こちらは味噌だれが別皿になっているタイプ。好みで味変ができるのも嬉しい。

道の駅「瀬戸しなの」

「味噌かつ」をアップで。お皿いっぱいに盛られていて、なかなかのビックサイズ。生野菜がたっぷり添えられているのも嬉しい。

道の駅「瀬戸しなの」

こちらが小皿に盛られた「味噌だれ」。味噌だれもたっぷりサイズ。最初からカツにかかっているタイプが多い中、こうした別皿は逆に新鮮な感じ。

道の駅「瀬戸しなの」

付け合せの「煮物寄せ小鉢」も。色んな種類を少しずつ食べられるのはありがたい。ナスと芋の煮付け、どちらも味がしっかりと染みていて美味。

道の駅「瀬戸しなの」

お味噌汁は「赤だし」。濃い目の赤だしではなくて、程よい味わい。お揚げがまたいい食感。

道の駅「瀬戸しなの」

ご飯もご覧のようにてんこ盛り。がっつり食べたい人にはありがたい。

道の駅「瀬戸しなの」

それでは味噌かつから、味噌だれを付けて頂きます。とっても柔らかい肉質で、衣のサクサク感もいい感じ。脂も少なめで噛みしめる度に肉の旨味が染み出してきます。

味噌だれは、ちょっと甘めの濃厚タイプ。肉厚のカツにいい感じに染みて、こりゃ旨い。

道の駅「瀬戸しなの」

テーブルにはお漬物(しそ漬け)も添えられています。また七味などと一緒にソースもあるので、ソースで味変を楽しむこともできます。

道の駅「瀬戸しなの」

ということでソースをかけてカツを一口。お肉自体が美味しいので、ソースも間違いない美味しさ。でもやっぱりオリジナル味噌だれを使った味噌カツの方が一枚上手かな。

道の駅「瀬戸しなの」

こちらも名古屋めしの定番商品「メガえびフライ定食」1,200円(税別)。メガが付くだけあって、4匹の海老が添えられています。このボリュームでこの価格は素晴らしい。定食なので「ご飯・赤みそ汁・煮物寄せ小鉢」も付いてきます。

道の駅「瀬戸しなの」

海老フライをアップで。サイズも結構大きめで、食べごたえありそう。生野菜と一緒にタルタルソースも添えられています。

道の駅「瀬戸しなの」

タルタルソースを付けて、海老フライを一口頂きます。衣はサクッサク、海老の自然な甘みと旨味が凝縮されています。ちょっと衣が厚めですが、価格を考えたならまぁ仕方ないところかな。食べごたえも十分なので、海老フライをお値打ちに満喫したい人にお勧めしたい一品。

料理もボリューミィーでお値打ちで美味しかったのですが、人の出入りが多いこともあり、店内がちょっと寒かった。みな上着を着たまま食事をされていました。この辺りはちょっとマイナスポイントかも。(回転をよくする為にあえてそうしてるのかな)

道の駅「瀬戸しなの」

名古屋めしでお腹も膨れたので、次はお隣にある「品濃陶磁器センター」を訪れることに。道の駅「瀬戸しなの」と場所は同じですが、併設してある施設という扱いみたい。瀬戸焼を中心に様々な陶器が揃っています。

訪れたのが2月ということもあり、店内にはお雛様が飾られていました。陶磁器で作られたお雛様でしょうか?こちらもまた味わいがあっていい雰囲気。

ちょっと長くなってきたので、次回に続きます…。

↓続きはこちらから↓

陶磁器「瀬戸焼(瀬戸物)」で有名な愛知県瀬戸市にある道の駅「瀬戸しなの」をぶらり散策~雛人形や瀬戸焼、招き猫を眺めつつ、ご当地グルメ「瀬戸焼そば」を満喫した一日~

道の駅「瀬戸しなの」

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。