マウスを使用する時に使っていたアームレストがボロボロになってきたので「アームレスト付きマウスパッド」を購入してみた〜

アームレスト付きマウスパッド

パソコンを使用する時に、自分にとってマウスは必需品。多くの方が”マウス派とトラックパッド派”に分かれると思うのですが、自分は断然マウス派。細かい操作をするには、やはり使い慣れたマウスが一番扱いやすいんです。

ここ数年はこちらのマウスLOGICOOL Bluetoothマウス m557 ホワイト M557WHがメインマウス。軽くて扱いやすいサイズ感ながら、Macミッションコントロールキーへの割り当ても可能と、なかなかの優れもの。

Macミッションコントロールへのキー割り当てが可能なBluetoothマウス「LOGICOOL Bluetoothマウス m557 ホワイト M557WH」を試してみた!

そしてマウスを利用する際に欠かせないのが、マウスパッドとアームレスト。とくにアームレストがあるとないとでは手首への負担が大きく違うので、今では必須アイテム。

これまでずっと使ってきたアームレストがボロボロになってきたので、新しいものを探していたところ「アームレスト付きマウスパッド」を発見。これならばアームレストが頻繁に動いてズレる、という煩わしさからも開放されそう?ということで購入してみることに。

こんな感じにビニールに入って到着。価格もお値打ちだったので、見た目は想像通りな感じ。

スポンサーリンク

アームレスト付きマウスパッド

アームレスト付きマウスパッド」を取り出してみました。カラーはグリーンを選択。他にも「ブラック、ブルー、ライトブルー、パープル、ピンク、オレンジ、レッド」と全8色揃っています。

アームレスト付きマウスパッド

アームレスト側から見るとこんな感じ。マウスパッドにアームレストが付いているのが大きな特徴。サイズ「縦230mm × 横180mm × パッド厚5mm × アームレスト厚20mm」。

アームレスト付きマウスパッド

アームレスト部分をアップで見るとこんな感じ。リスト部分はスポンジ内蔵でふんわりと手首を固定してくれます。アームレスト厚20mm(メーカー記述)とありますが、実寸は厚15mmといったところ。この点はちょっと残念ポイントかも。

アームレスト付きマウスパッド

裏面はこんな感じ。滑りにくい仕様で、デスクなど床面をしっかりホールドしてくれます。

アームレスト付きマウスパッド

マウスパッド部分をアップで見るとこんな感じ。全体的に軽い素材でできており、ざらっとした手触り。各種レーザー式&光学式マウスなどに対応、普通に快適に使用できます。

アームレスト付きマウスパッド

・PC周りに設置してみた~使用感はどんな感じ?


これまで使用していたパウスパッド&アームレストをどけて、アームレスト付きマウスパッドを設置してみました。Logicoolマウスとのバランスも程良い感じ。

アームレスト付きマウスパッド

縦に見てみるとこんな感じ。これまではパウスパッドとアームレストが別々だったので、気がつくとアームレストが動いてズレていることが多かったのですが、その煩わしさがなくなったのが一番のメリット

思っていたよりもアームレストに厚みがなかったのですが、まぁ許容範囲かな。ちゃんと手首の保護には役立ってくれていますし、価格もお値打ちなので、傷んできたらまた考えればいいかなと。

アームレスト付きマウスパッド

マウスを使用してみるとこんな感じ。Logicoolマウスが小ぶりなので、サイズ感も程良い感じ。逆に大きめのマウスを使用している場合には、もうちょっと大きめ(厚め)のアームレストが必要かも。


・「アームレスト付きマウスパッド」まとめ~


アームレストとマウスパッドが一緒になっていることで、アームレストが動いてズレる、という煩わしさから開放されるのが一番の大きなメリット。ただし価格も考えると、耐久性という意味では余り期待しない方がいいかも。

自分が愛用している「Logicoolマウス m557」には程いい感じでしたが、大きめのマウスを使用している場合には、アームレストが別になっているタイプの方がいいかも。

価格もお値打ちなので、家用外用など複数持っていてもいいかもしれませんね。(^_^)v

追記:しばらく使っているとマウスパッド自体がズレる(動く)ということがあり、マウスパッド下に100円ショップで購入した「滑り止め」を置いたところ改善しました。

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。