スマートスピーカー最新機種「Google Nest mini」がやってきた!アプリ設定から実際の使用感まで〜初代「Google Home Mini」とはどこが違うの?

スマートスピーカー最新機種「Google Nest mini」

2017年頃から日本でもスマートスピーカーが販売開始され、現在では「Google Home」や「Amazon Echo」を中心に色んなタイプのものが販売されています。

そういう自分も2017年「Google Home」「Google Home Mini」が日本で発売開始になってすぐに購入したのですが、初代「Google Home Mini」は今でもリビングで毎日活躍してくれています。

そんな大活躍中の初代「Google Home Mini」ですが、一つだけ気になっていたのが音質。言葉が聞き取りやすい中音域中心の音なので、低音が弱いんですよね。とくにスピーカーとして音楽を聴きたい、という場合には正直物足りないい感がありました。

そんな折、「Google Play Music(YouTube Music)」会員に向けてスマートスピーカー最新機種「Google Nest mini」プレゼント、という太っ腹企画が開催され、自分の手元にも「Google Nest mini」が無事到着。

ということで今回は次回引き続き、スマートスピーカー最新機種「Google Nest mini」のアプリ設定から実際の使用感までをお届けしたいと思います。

↓前回コラムはこちらから↓

スマートスピーカー最新機種「Google Nest mini」がやってきた!開封の儀からファーストインプレッションまで~初代「Google Home Mini」とはどこが違うの?

スポンサーリンク

スマートスピーカー最新機種「Google Nest mini」

・Google Homeアプリを使って、Google Nest miniを設定する~


それではiPhoneのGoogle Homeアプリを開いて、設定をしていくことにしましょう。デバイスのセットアップ(1台)から「付近のデバイス(Nest Mini)」を選択して次へをクリック。

スマートスピーカー最新機種「Google Nest mini」

音は聞こえましたか?」音が聞こえたならば、正しくNest Miniに接続されています。

スマートスピーカー最新機種「Google Nest mini」

次に「このデバイスを使う場所」を設定します。複数台スマートスピーカーを持っている方は、この設定が大切。今回登録するNest Miniが他の機種と区別できるように設定しましょう。(後から変更することも可能)

スマートスピーカー最新機種「Google Nest mini」

Wi-Fiに接続します。

スマートスピーカー最新機種「Google Nest mini」

こちらから「Voice Match 機能」を設定します。家族みなで利用したい場合には「Voice Match 機能」を使うことで、最大6人までの声をGoogle Homeに登録でき、ユーザーごとにサービスを使い分けることができます。

スマートスピーカー最新機種「Google Nest mini」

こちらの内容に従って、Voice Matchに使用する為の声を登録します。3回規定の文章を読み上げます。

スマートスピーカー最新機種「Google Nest mini」

アシスタントの声も「音声1(女性)」「音声2(男性)」と2パターンになりました。これまでは女性の声だけだったので、今回は男性に変更してみることに。

スマートスピーカー最新機種「Google Nest mini」

こちらから「YouTube Music」をデフォルトの音楽サービスに設定します。YouTube Musicがデフォルトで設定できるようになり、聴ける音楽の幅が広がって嬉しい。(フルで使用するにはYouTube Music会員になる必要があります)

スマートスピーカー最新機種「Google Nest mini」

動画サービスのリンク」なども。アシスタントに話しかけるだけで動画サービスを楽しむことができます。(個別会員になり、TVなどとIoT接続する必要あり)

スマートスピーカー最新機種「Google Nest mini」

こちらからは「Google Duo」という音声通話機能を設定することができます。高品質の音声通話をスピーカー越しにやり取りすることが可能。(自分は余り使う予定がないので未設定)

スマートスピーカー最新機種「Google Nest mini」

以上でGoogle Nest mini設定完了。あとは「OK Google」と話しかけるだけで、調べ物をしたり、ニュースを聴いたり、音楽を聴いたり、色んな操作が音声だけでできるようになりました。


・簡易ビデオを撮ってみた~


6秒間の簡易ビデオを撮ってみました。まずは「OK Google ニュース」と聞いてみました。スピーカーからの声の感じや反応なども、何となくお判り頂けるかと思います。

こちらでは「OK Google 天気」と聞いてみました。声の反応もいい感じ。音声もはっきりとクリアな音で聞こえて気持ちいい。

スマートスピーカー最新機種「Google Nest mini」

・しばらく使ってみた印象はどんな感じ?


まず初代Google Home Miniと比較してみても、機能のバージョンアップ感が凄いです。Voice Match、Google Duo、YouTube Musicなど、初代では活かしきれなかった機能が満載で素晴らしい。

声の反応も凄くよくて、聞き取りやすい印象。「OK Google 今日はどんな日?」と聞くだけで、時刻から気温、天気、最新ニュースまで流してくれます。


・音楽ストリーミングサービスの使用感は?音についてはどんな感じ?


音楽ストリーミングサービスは「YouTube Music」「Google Play Music」「Spotify」「うたパス」「AWA」「dヒッツ」などに対応。初代の頃には「Google Play Music」「Spotify」の2つにしか対応していなかったので、かなり進化している印象。

また初代Google Home Miniは、低音がかなり弱くて正直音楽スピーカーとしては辛いものがあったのですが、Google Nest miniは初代の2倍低音が出るようになったということで、音楽再生時にもその違いを感じることができます。

ボリュームを上げすぎると若干音割れする感じはありますが、音楽スピーカーとして見てもまぁ及第点かなという感じ。BOSEなど音楽専用スピーカーと較べてしまうと見劣り感は否めませんが、スマートスピーカーとしては頑張っている方ではないかと思います。


・「Google Nest mini」まとめ~いいところ、いまいちなところ~


ということでここまでの「まとめ」として、いいところ、いまいちなところを並べてみると、

いいところとしては、スピーカーとマイク機能が大きく進化しているところ。とくに低音が初代の2倍のサウンドになったとのことで、この辺りはリアルにその違いを肌で感じることができます。また壁掛けが可能になったのも、なにげに便利。

いまいちなところとしては、DC電源になったのでモバイルバッテリーなどでの充電が不可になったところ。スピーカー性能がアップしたことで仕方ないところかもしれませんが、ここはちょっと残念なポイント。

初代の一番のネックポイント、低音の弱さ(音バランスの貧弱さ)が改善されて、音楽スピーカーとしても活用の範囲を広げたGoogle Nest mini。日頃からGoogleガジェット&アプリを活用している方ならば、初めてのスマートスピーカーとしてはベストな選択になりそう。

今後も日々色々な場面で、活用していきたいと思います。(^_^)v

スポンサーリンク

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Nest Mini チョーク
価格:6050円(税込、送料無料) (2020/1/30時点)


コメントは受け付けていません。