[今週の気になる] 無線LAN規格「Wi-Fi(ワイファイ)」新規格「Wi-Fi 6E」発表!対応周波数に6GHz帯が利用可能になるみたい〜

無線LAN規格「Wi-Fi(ワイファイ)」新規格「Wi-Fi 6E」

一昔前、インターネットは有線LANで繋いで使用するのが当たり前でした。初期のWi-Fiは不安定で速度も遅かったので、仕事で使用するならば有線LANでという方も多かったことでしょう。

しかしながらその後iPhoneに代表されるスマートフォンの普及により、無線LAN接続でのWi-Fi使用が当たり前になり、現在ではインターネット接続のメイン規格となっています。

これまではWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)が最速でしたが、この度Wi-Fiの規格を管理する業界団体Wi-Fi Allianceが新規格「Wi-Fi 6E」を発表しました。

Wi-Fi 6Eは、2018年10月に発表されたナンバリング方式の新名称「Wi-Fi 6(旧802.11ax)」に、利用可能な周波数として6GHz帯を追加した新規格。

これまでWi-Fi通信に使われている2.4GHz帯と5GHz帯に加えて、6GHz帯を利用可能にすることで、拡張現実(AR)や仮想現実(VR)などへの活用が期待されるとのこと。

スポンサーリンク

ちなみに昨年発売されたiPhone11(Pro / Pro Max)は最新規格Wi-Fi 6に対応していますが、まだ現時点では一般的に余り広まってはいない印象。いくら端末が対応していても、使用ルーターが対応していなければ使えない訳で、一般的に広まるにはしばらく時間がかかりそう。

また今回の新企画がなぜ「Wi-Fi 7」にならなかったのかも不思議。Wi-Fi 6が正式発表されてから間もないということもあるかもしれませんが、名前が似ていて判断しにくいという心配も。

今年2020年は5G元年とも言われています。もしも今年発売される新しいiPhoneが5Gに加えてWi-Fi 6Eにも対応するとなると、加速度的に通信速度が速くなり、超高速通信時代がやってきそう。

どちらにしてもインターネット接続が速くなるのは皆大歓迎だと思うので、5G+Wi-Fi 6E新時代がどうなっていくのか、今から楽しみで仕方ありません。(^_^)v

(参考サイト)

AppleInsider

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。