4K出力対応!高画質で急速充電&高速伝送可能なUSB-Cハブ「アルミ合金 4in1 mac USB C ハブ」を購入してみた〜MacBookで使用してみたその使用感や如何に〜

4K出力対応「アルミ合金 4in1 mac USB C ハブ」

現在、自分のメインPCは「MacBook(Core i5)」。すでに2年半程使用しているのですが、とくに大きな不具合もなく日々快適に使用中。動画書き出しなどにはちょっと時間がかかったりもしますが、使えないことはないのでもうしばらくはこのMacBookメインでいくつもり。

我が家にやってきてから一ヶ月余り「MacBook ローズゴールド Core i5 モデル」その後の使用感&ベンチマーク結果など~

MacBookは薄くて軽くてその割には高性能で満足しているのですが、唯一不満な点は外部ポートがType-C一つのみであるということ。この点は最初から判ってはいたのですが、やはり2つは欲しかったところ。

ということでUSB-Cハブ必須なのですが、今回良さげなUSB-Cハブを見つけたので購入してみることに。これまで使っていたものは4K出力対応ではなかったので、今後のことを考えて4K出力対応、急速充電&高速伝送可能なUSB-Cハブ「アルミ合金 4in1 mac USB C ハブ」にすることに。

こちらがUSB-Cハブ「アルミ合金 4in1 mac USB C ハブ」外箱。とってもシンプル。

スポンサーリンク

4K出力対応「アルミ合金 4in1 mac USB C ハブ」

中身はこんな感じ。「アルミ合金 4in1 mac USB C ハブ 本体」「取扱説明書(1年品質保証)」のみ。

4K出力対応「アルミ合金 4in1 mac USB C ハブ」

こちらが「アルミ合金 4in1 mac USB C ハブ」本体。素材にはアルミ合金を使用しており、見た目もなかなか高級感があります。WindowsからMac、Linuxまで、広範囲のPCに互換性があります。

4K出力対応「アルミ合金 4in1 mac USB C ハブ」

先端には「Type-C」を採用。Type-Cは向きも上下自由に扱えますし、充電も転送も可能。様々なPCや周辺機器にも対応していてとっても便利。最近ではType-C接続機器も増えつつありますが、iPhoneがまだ対応していないのが辛いところ。(次期iPhoneはぜひType-C対応にして欲しい)

4K出力対応「アルミ合金 4in1 mac USB C ハブ」

・各種ハブ機能はどんな感じ?


まずこちらが「HDMIポート」。こちらは4K HDMI高解像度出力ポートを搭載。4K対応モニタやテレビの場合には、1080pHD解像度の4倍という画質を実現します。もちろん解像度1080Pとの交換性も備えています。4K対応のディスプレイを使用している場合には、こちらのハブがその威力を発揮してくれそう。

4K出力対応「アルミ合金 4in1 mac USB C ハブ」

こちらがサイドに付いている各種ハブ。奥から「USB C PDポート」「USB3.0ポート」「USB3.0ポート」を装備。USB C PDポートは、PCを使用しながらUSB C PDポートを接続してパソコン本体への電力供給が可能。バッテリー容量を気にすることなく、最大87Wまでの電力を送ることができます。

また「USB3.0ポート」は、最大転送速度5Gbps (理論値)の超高速同期が可能。USB2.0/1.1との互換性もあります。またUSBディスクやマウス、キーボードなど複数のUSB機器を同時接続できるのも嬉しいところ。

4K出力対応「アルミ合金 4in1 mac USB C ハブ」

こちらがケーブル先端に付いた「Type-Cポート」。Type-Cは向きを上下自由に扱えるので、ポート類を好みの方向から差し込むことが可能。USBやMicroUSBでは出来なかったことなので、これが何気に便利。

4K出力対応「アルミ合金 4in1 mac USB C ハブ」

・「アルミ合金 4in1 mac USB C ハブ」をPCに設置してみた~


「MacBook(Core i5)」に「アルミ合金 4in1 mac USB C ハブ」を設置してみるとこんな感じ。奥にはモニターに繋がったHDMIケーブル、USBポートにはカードリーダーハブ、USB C PDポートにはMacBook充電ケーブルが繋がれています。シンプルながらいい感じに配置できました。まだ一箇所USB3.0ポートが空いているのも嬉しい。

4K出力対応「アルミ合金 4in1 mac USB C ハブ」

アップで見てみるとこんな感じ。アルミ合金を使ったシックな色合いなので、どんな場面にも違和感なく調和しそう。各ケーブルがごちゃごちゃせずに纏まるのもいい。

4K出力対応「アルミ合金 4in1 mac USB C ハブ」

・モニターディスプレイに映し出してみた~


モニターディスプレイ画面に映し出してみました。とくに問題なく綺麗に映し出されています。こちらのモニターディスプレイですが、4K対応ではなくて24インチ フルHDモデル。現在はこれでとくに不満ないのですが、次にPCを買い換える時にはモニターディスプレイも4K対応にしたいと思っているので、その時の為にもまずはUSB-Cハブを4K対応にしておくことに。

Macbookサブモニター用に「BenQ モニター ディスプレイ 24インチ フルHD GL2460HM」を購入してみた!初期設定時にはちょっと注意が必要かも~

4K出力対応「アルミ合金 4in1 mac USB C ハブ」

・USB3.0ポートにてデータ転送を試してみる~


USB3.0ポートに取り付けたカードリーダーハブに、USBディスクを挿してデータを読み込んでみることに。

4K出力対応「アルミ合金 4in1 mac USB C ハブ」

すぐさまUSBディスクが「NO NAME」として認識され、読み込み完了。読み込みも速いですし、転送も問題なく使用できています。これまで使っていたハブはUSBポートが一箇所しかなかったので、もう一箇所同時に使用できるのは嬉しい。(ハードディスクなどでのバックアップもやりやすくなりそう)

アルミ合金 4in1 mac USB C ハブ」見た目もシンプルで格好いいですし、機能的にも大満足。デザイン・機能に優れながらも価格がお値打ちということで、全体の評価が高いのも頷けます。4K出力対応ハブをお探しの方にとって、ご参考になれば幸いです。(^_^)v

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。