愛知県豊橋市に2019年オープンした道の駅「道の駅 とよはし」にて、ご当地グルメ「豊橋カレーうどん」を初体験〜

道の駅 とよはし 豊橋カレーうどん

道の駅巡りって楽しいですよね。その地域ならではの特産物もあり、美味しい食べ物や新鮮な野菜たちにも出会えて、一日いても飽きません。東海地区の道の駅はほとんど訪れているのですが、2019年5月愛知県豊橋市に新しくオープンした道の駅「道の駅 とよはし」にはまだ訪れていなかったので、今回訪れてみることに。

↓前回訪れた道の駅はこちら↓

岐阜県大野町に新しくできた道の駅「パレットピアおおの」にて、新鮮野菜豊富なイタリアンランチを満喫!焼き立てパンがお代わり自由なのも嬉しい〜

道の駅デンパーク安城で購入してきた「栗蒸し羊羹」にて、秋の味覚「栗」を一足先に味わう〜

こちらが「道の駅 とよはし」。こちらがメインの入口になっており、中には食事処や売店が立ち並ぶ「Tomate(食彩村 花マルシェ)」があります。

スポンサーリンク

道の駅 とよはし 豊橋カレーうどん

もう少し引きで見るとこんな感じ。手前側が食事処や売店が立ち並ぶ「Tomate(食彩村 花マルシェ)」その奥が愛知県下最大規模の農産物直売店「あぐりパーク食彩村」となっています。場所は「愛知県豊橋市東七根町字一の沢113番地2 / 0532-21-3500」。名古屋方面からだと東名高速道路 音羽蒲郡ICから約40分ほど、国道23号線沿いにあります。

道の駅 とよはし 豊橋カレーうどん

Tomate(食彩村 花マルシェ)」内は明かりが灯されていて、全面ガラスで中が見えて素敵な造り。

道の駅 とよはし 豊橋カレーうどん

こちらが駐車場。駐車場も広くて258台駐車可能。駐車場内は一方通行になっているので注意が必要。

道の駅 とよはし 豊橋カレーうどん

「道の駅 とよはし」入り口付近では、お味噌汁の試飲なども。(無料)

道の駅 とよはし 豊橋カレーうどん

こちらがそのお味噌汁。ミックス味噌で優しい味。寒い季節には嬉しいサービス。

道の駅 とよはし 豊橋カレーうどん

まず最初に目についたのが、こちらのベーカリー「コッペとサンド オリーブの風」。手づくりサンドとコッペパンのお店ということで、新しいお店ということで賑わっていました。本当はゆっくり見たいところでしたが、次の予定があったので今回は眺めるだけに。

道の駅 とよはし 豊橋カレーうどん

こちらがお花屋さん「食彩村 花マルシェ」。花苗、切り花、鉢花など多彩な花を取り揃えています。道の駅の花屋さんとしては、かなり大きなスペースで種類も豊富。最近、道の駅を訪れる度に新しい観葉植物を購入しているのですが、こちらもで愛らしいのを1つ購入してきたので、また後日ご紹介予定。

道の駅 とよはし 豊橋カレーうどん

こちらがCafe & Sweetsのお店「GELATO SANTA(ジェラートサンタ)」。地元の旬な食材をふんだんに使った手作りジェラートのお店。この日の店内はちょっと暑かったので、ジェラートを購入される方もちらほら。

道の駅 とよはし 豊橋カレーうどん

豊橋といったら、みんなご存知ヤマサのちくわ。こちらが「ヤマサちくわ 道の駅とよはし店」。この日も多くの方がお土産を購入されていました。

道の駅 とよはし 豊橋カレーうどん

お店のすぐ隣では、店員さんが目の前で棒に刺さったヤマサのちくわを焼いています。こうした風景が見れるのも専門店ならでは。

道の駅 とよはし 豊橋カレーうどん

こちらがTomate店内中央付近にあるイートインコーナー。周りにある飲食店などで購入した食べ物をこちらで頂くことができます。無料でお茶などのサービスも。自然を感じさせる木材を利用した内装でいい感じ。この日も多くの方々がこちらを利用されていました。

道の駅 とよはし 豊橋カレーうどん

こちらがレストラン「手巻きとまぶし いっしょうめし 本店」。豊橋新ブランド「豊橋牛」を使 用した名物ご飯「豊橋牛まぶし」が頂けるお店。こちらのお店も凄く魅力的だったのですが、今回は豊橋ご当地グルメ「豊橋カレーうどん」を初体験しに来たので、こちらはまたの機会に。(店舗が違っても、どちらも一緒に食べられたならベストかも)

道の駅 とよはし 豊橋カレーうどん

こちらが地物の食材にこだわったうどん、そば、丼物の食事処「和食麺処 つるあん 道の駅店」。豊橋ご当地グルメ「豊橋カレーうどん」が食べられるということで、この日も行列ができていました。

道の駅 とよはし 豊橋カレーうどん

こちらの自販機で会計を先にするセルフサービススタイル。注文は精算と同時に自動でお店に入る仕組み。受け取った番号が呼ばれたならば、料理が出来上がった合図。あとはカウンターに取りに行けばOK。

道の駅 とよはし 豊橋カレーうどん

こちらのイートインコーナーで出来上がりを待つことに。この日は結構混んでいたので、10分ほど待つことに。その間にも交代でお土産店などを見て回れるのも、こうしたイートインの良いところ。

道の駅 とよはし 豊橋カレーうどん

こちらが豊橋のご当地グルメ「豊橋カレーうどん」。丼の中央には大きなちくわの天ぷらが鎮座。豊橋名産の竹輪を用い、豊橋発祥の手筒花火をイメージして作られたとのこと。

道の駅 とよはし 豊橋カレーうどん

アップでどーん!揚げたときの野菜の広がりを手筒花火のように仕上げており、丼ぶりからはみ出るそのサイズ感は圧巻。カレーうどんですが、実は並のカレーうどんではありません。うどんの下にはなんと「とろろがのったごはん」が入っているのです!いやーこの発想は凄い。

道の駅 とよはし 豊橋カレーうどん

それではまずうどんから頂きます。麺はもちもちの太麺。意外とあっさりとしているカレースープが程よく絡んでいい感じ。

道の駅 とよはし 豊橋カレーうどん

カレースープは和風だしが効いているので、意外とあっさりと頂けます。

道の駅 とよはし 豊橋カレーうどん

こちらがメインの具材、手筒花火風「ちくわの天ぷら&野菜」。竹輪の中には細く切られた野菜が入っています。豊橋名産の竹輪だけあって弾力も凄い。先端の野菜天ぷらと一緒に食べると、サクサクッとした食感と相まって旨さ倍増。

道の駅 とよはし 豊橋カレーうどん

ある程度うどんが食べ終わってからが、豊橋カレーうどんの真骨頂。「豊橋カレーうどんの食べ方」というプレートを見てみると、

1.カレーうどんをふつうどおりに味わう!
2.うどんを食べすすめると、うどんの下から「とろろがのったごはん」が出てくる!
3.カレーと絡めて二度目の味を楽しむ!(お好みで添えてある福神漬又は壺漬・紅しょうがを入れる)

と味変の楽しみ方が記載されています。まるでひつまぶしが如くカレーうどんで味変を楽しむ、この発想は凄い。

道の駅 とよはし 豊橋カレーうどん

うどんを食べ終わった後には、とろろがのったごはんが登場。こちらに添えられた福神漬も投入

道の駅 とよはし 豊橋カレーうどん

レンゲで頂きます。これはまるでカレーおじや。とろろが程よいとろみになって、めちゃ美味しい。自分的にはうどんの量が多すぎたので、もう少しうどんを減らしてご飯ととろろを増やしてもいいかも。

道の駅 とよはし 豊橋カレーうどん

こちらが家族が注文した「天丼」。熱いのが余り得意ではないので、天丼を注文。天丼も見るからにサクッと揚がっていて美味しそう。

道の駅 とよはし 豊橋カレーうどん

具材は衣が多めだけれど、サクサクで美味しいご飯もタレが甘めで、サラッと頂ける感じ。具材のボリューム感が少ないのは、まぁ価格を考えたら仕方ないかな。

さてお腹も膨れたことでしすし、お隣の農産物直売所「あぐりパーク食彩村」でショッピングを楽しむとしますか。(^_^)v

↓続きはこちらから↓

愛知県豊橋市に2019年オープンした道の駅「道の駅 とよはし」にて、産直野菜を購入したり、「ぐるりん食ぱん」やブラックサンダー限定「ピレーネ」を見つけて嬉しかった一日〜

道の駅 とよはし

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。