「ららぽーと名古屋みなとアルクス」にて、「日本橋天丼 金子半之助」のデカ盛り天丼や「えび吉」の特大海老フライを満喫した一日〜

ららぽーと名古屋みなとアルクス 日本橋天丼 金子半之助 えび吉

ショッピングセンター「ららぽーと」は、全国に商業施設がある大型ショッピングセンター。地元名古屋にも2018年9月に「ららぽーと名古屋みなとアルクス」がオープン。一度行ってみたいなと思いつつ、結構混んでいるみたいなので躊躇していたのですが、先日初めて訪れてみたので、その様子をご紹介してみたいと思います。

「ららぽーと名古屋みなとアルクス」をウィンドーショッピングしながら、STARBUCKSでお茶しながら本が読める「名古屋みなと蔦屋書店」を楽しんだ一日〜

ウィンドーショッピングや蔦屋書店も満喫できたところで、お腹も空いてきたことだし3Fにあるフードコート「LaLa Kitchen」へと向かうことに。こちらがLaLa Kitchenに入っているお店の看板メニュー。和洋中10店舗から選べる色んなお店が立ち並んでいます。名古屋初出店のお店もあるみたい。

スポンサーリンク

こちらがフードコート「LaLa Kitchen」店内。かなり広いスペースになっています。お水なども自由にもってきて飲むことが可能。この日も多くの方が利用されていました。

こちらが今回自分が注文したお店「日本橋天丼 金子半之助」。以前TVでこちらの天丼が紹介されていて美味しそうだったので、ららぽーと名古屋みなとアルクスを訪れたらここで食べようと決めていたお店。

こちらが今回注文した「江戸前天丼 1,200円」。このボリューム感でこの価格はお値打ち。せっかくなので「生ビール 500円」も注文。お店の名前にもなっている金子半之助は、和食会の重鎮であり、調理師会の会長、誰よりも下町を愛し、和食を愛した江戸っ子。

金子半之助の孫にあたる創業者が、幼き頃に祖父より頂いた閻魔帳レシピ帳にあった門外不出の「秘伝の江戸前の丼たれ」を使い、秘伝の丼たレに合うタネ(材料)との試行錯誤を重ね、ようやく出来上がったのがこちらの江戸前天丼とのこと。

まずは生ビールでかんぱい!生ビールはやっぱりジョッキで飲みたいところ。このサイズで500円はちょっと割高感があるかも。(フードコートだから仕方ないところかな)

江戸前天丼」をアップでドーン!ご飯が天ぷらに隠れて見えません。穴子の天ぷらが丸々1匹のっかっており、海老も2匹、イカや野菜なども所狭しと盛られています。このボリューム感でこの価格は、かなりお得感がありますね。これもセルフサービスが基本のフードコートならでは。

それでは穴子天から頂きます。衣はサクッサク、穴子もふんわりしていて食べごたえも十分。海老も身がプリップリ、そこにちょっと甘めの丼タレが絡むと、もう箸が止まりません。

こちらの玉子天ぷらをご飯と丼タレに絡ませて頂くと、最高の一時が味わえます。ネタよし、味よし、価格よし、とまさに三拍子揃った絶品天丼。この日は混んでいたので出来上がるまでしばらく待ちましたが(10分程)その価値は十分あると思います。

こちらが東海地区初出店の海老専門店「えび吉」。フライ、天ぷら、炒め物、天むす、そばなどプリプリ海老を主体とした豊富なメニューを取り揃えています。

こちらが今回注文した「海老クリームボール&海老ふりゃー定食」890円。大きな海老フライと海老クリームボールが付いた定食。このボリュームでこの価格は嬉しい。

海老をアップでドーン!お皿にのりきらないくらいのサイズ感。これだけの海老をこんなに真っ直ぐ綺麗に揚げる技にもびっくり。

特製タルタルソースをつけて海老フライから頂きます。使用する海老は殻付きで仕入れているだけあって、身もプリップリでいい歯ごたえ、海老本来の甘さが伝わってきます。衣もサクッサクで特製タルタルソースとの相性も抜群。さすが専門店だけのことはありますね。

こちらが「海老クリームボール」。こちらも衣がサクッサク、中身はクリーミィーながらも海老の食感と旨味が感じられて美味。ソースをつけると、また違った味わいで楽しめます。この味とこのボリュームでこの価格は素晴らしい。海老好きならば、きっと気に入ること間違いなし。

ららぽーと名古屋みなとアルクス」今回初めて訪れたのですが、ショッピングからグルメ、書籍まで幅広く楽しめて大満足。専門書を探しつつ蔦屋書店でまったりお茶したり、フードコートでボリューミィーな食事を楽しんだりと、家族で一日楽しむことができます。また機会を見て、訪れてみたいと思います。(^_^)v

ららぽーと名古屋みなとアルクス

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。