「ららぽーと名古屋みなとアルクス」をウィンドーショッピングしながら、STARBUCKSでお茶しながら本が読める「名古屋みなと蔦屋書店」を楽しんだ一日〜

ららぽーと名古屋みなとアルクス

ショッピングセンター「ららぽーと」は、全国に商業施設がある大型ショッピングセンター。地元名古屋にも2018年9月に「ららぽーと名古屋みなとアルクス」がオープン。一度行ってみたいなと思いつつ、結構混んでいるみたいなので躊躇していたのですが、先日初めて訪れてみたので、その様子をご紹介してみたいと思います。

こちらが「ららぽーと名古屋みなとアルクス」。日が暮れ始めて、建物もライトアップされていい雰囲気。

スポンサーリンク

ららぽーと名古屋みなとアルクス

場所は「愛知県名古屋市港区港明2丁目3番2号 / 052-651-3400(代)」。名古屋市港区にあるのですが、名古屋駅金山方面から車で訪れる際には要注意。ららぽーと前の交差点を右折することはできるのですが、こちらからららぽーと名古屋みなとアルクス駐車場へと入ることができません。(駐車場入り口が塞がれています、間違えて入ってしまうとグルッと1周大周りする羽目に)

必ずこちらの地図を参考にして、ドン・キホーテの南側交差点を左折、右折を2回「港区役所前」交差点を直進、という道順で入るようにしましょう。(自分達は見事に間違えて、渋滞に巻き込まれてしまいました、皆様もどうかお気をつけて)

ららぽーと名古屋みなとアルクス

こちらがららぽーと名古屋みなとアルクスに隣接されている「名古屋みなと 蔦屋書店」。すぐ隣の敷地に隣接されており、ららぽーと名古屋みなとアルクスからも連絡通路を通って行くことができます。本屋巡りは大好きなので、こちらの「名古屋みなと 蔦屋書店」を訪れるのも楽しみ。

ららぽーと名古屋みなとアルクス

こちらが駐車場などの外観。とっても大きな駐車場なので、ある程度混んでいても待っていれば入れると思います。ちなみに駐車料金は「最初の2時間までは無料(以降30分毎に200円)当日1,000円以上の買い物で1時間無料(合計3時間)当日2,000円以上の買い物で2時間無料(合計4時間)」となります。またポイントカードがある方は、更にお得になるみたい。

ららぽーと名古屋みなとアルクス

こちらが店内の様子。フロアは3Fに分かれています。この日は休日だったこともあり、多くの人で賑わっていました。店内には至るところに椅子が置かれていて、どこでも休憩ができます。椅子もお洒落なものが多くて好印象。

ららぽーと名古屋みなとアルクス

こちらがセレクトショップ「GLOBAL WORK」。以前、名古屋三越ラシックに入っていた頃に、よく覗いていたお店。(現在は撤退してるみたい)お値打ち価格な割にお洒落な服が多くて、お気に入り。

ららぽーと名古屋みなとアルクス

「BOSE」の専門店も。こちらではスピーカーやヘッドホンの視聴ができます。

ららぽーと名古屋みなとアルクス

GODIVA」も入っていました。カフェもあって、こちらで飲食もできるみたい。

ららぽーと名古屋みなとアルクス

こちらが「EIGHT PARK CAFE」。キャンプやグランピングがテーマの親子カフェ。店内にはテントが張ってあり、アウトドアでキャンプをしている雰囲気を楽しみつつ、ビュッフェスタイルの食事が楽しめます。お子さん連れの方々には堪らないサービスかも。

ららぽーと名古屋みなとアルクス

ということでららぽーと店内を一通り見て回ったところで「名古屋みなと 蔦屋書店」を訪れることに。こちらが店内。壁には書籍の棚が描かれており、テントなどもあってとってもお洒落な雰囲気。

ららぽーと名古屋みなとアルクス

書籍や雑誌も種類の幅が凄い。専門書が数多く揃っているので、気になる雑誌などを読み出すと、思わず時間を忘れてしまうくらい。本棚の周りには椅子とテーブルが置いてあり、どこでも座って読むことができます。

ららぽーと名古屋みなとアルクス

本屋の中央には「STARBUCKS」があります。この日も凄い大行列ができていました。こちらのスタバで注文した人は、店内にある本や雑誌を持ってきて読むことができます。一様、本は「1回に1冊まで」ってルールや「ビニールに入った本は読んじゃダメ!」っていうルールがあるみたい。

でもこれで蔦屋に利益はあるの?って思う方も多いことでしょう。こちらのスタバはTSUTAYA自身が経営しているみたいなので(スターバックス コーヒーとTSUTAYA合意の元)本を買ってくれなくても、スタバだけでも利益がでる仕組みみたい。お店にとってもお客にとっても、まさにWin-Winの関係。よく考えられていますね。

ららぽーと名古屋みなとアルクス

こちらが「513BAKERY(コイサンベーカリー)」。牛肉ゴロゴロカレーパンなどが人気のお店みたい。多くの人で賑わっていました。

ららぽーと名古屋みなとアルクス

こちらが「Gong cha(ゴンチャ)」。今流行りのタピオカドリンクのお店ですが、この大行列には只々びっくり。台湾発世界で約1,400店舗を展開する世界有数のティーカフェですが、さすがにここに並ぶ元気(勇気)は無く、そのまま通り過ぎることに。

ららぽーと名古屋みなとアルクス

こちらがアウトドアショップ「mont-bell」。こうした専門店が多いのも嬉しいところ。品数も豊富に揃っていて、眺めているだけでも楽しい。

ららぽーと名古屋みなとアルクス

こちらが「H.L.N.A STORE nagoya minato AQULS」に隣接したカフェ「RHC カフェ」。SURF/SKATE/SNOWショップの奥にそのままお洒落なカフェが繋がっていて、とってもお洒落な空間になっています。

ららぽーと名古屋みなとアルクス

旬な食材をたっぷりと使った、体も心もパワーチャージできるボリューム満点のメニューが揃っているとのこと。店内はゆったりとした自然をモチーフにした空間で、とってもお洒落。1,000円くらいで食事もできるみたいなので、また次回訪れてみたい。

この後、フードコートで天丼なども味わってきたのですが、ちょっと長くなったのでこの続きはまた次回ということで。(^_^)v

↓続きはこちらから↓

「ららぽーと名古屋みなとアルクス」にて、「日本橋天丼 金子半之助」のデカ盛り天丼や「えび吉」の特大海老フライを満喫した一日〜

ららぽーと名古屋みなとアルクス

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。