福井散策の旅〜谷口屋の絶品「厚揚げしめじ混ぜご飯おにぎり」を味わいつつ、滑車で滑るアトラクション「メガジップライン」に初挑戦!締めに日本さかな街の豪華「トッピング海鮮丼」を堪能した一日〜

福井散策の旅 厚揚げしめじ混ぜご飯おにぎり メガジップライン トッピング海鮮丼

先日、家族が福井方面まで小旅行に出かけてきたので、その模様を「福井散策の旅」として数回に分けてご紹介していきたいと思います。(コラムは家族目線で書いています)「出雲大社福井分院」にてお参りをすませた後、福井名産「谷口屋 竹田の油揚げ」を食べてお腹も膨れたところで、今回の旅の最大の目的地「ツリーピクニックアドベンチャーいけだ」の「メガジップライン」を目指すことに。

福井散策の旅〜まるで座布団みたい!福井名産「谷口屋 竹田の油揚げ」を味わいつつ、出雲大社福井分院を参拝して「特別限定御朱印」を戴く〜

とその前に谷口屋で販売されていた「厚揚げしめじ混ぜご飯おにぎり」を味わってみることに。もちろんお土産としても購入。(こちらの写真は家に戻ってから撮ったもの)

厚揚げしめじ混ぜご飯おにぎりが2個入って350円。このおにぎりがめちゃくちゃ美味しかったんです。

お皿に盛り付けるとこんな感じ。一見肉巻きのように見えますが、味付けされた厚揚げとしめじがおにぎりに混ぜ込んであります。

一口頂きます。しっかりと甘辛い味の染みた厚揚げとしめじが、ご飯の美味しさを一際際立たせます。厚揚げとしめじの程よい食感と相まって、噛みしめる度に旨味が染み出してくる感じ。最近食べたおにぎりではNo.1かも。谷口屋を訪れた際には、こちらの「厚揚げしめじ混ぜご飯おにぎり」(正式名は違うかも)購入をお忘れなく。

ということでお腹も膨れたところで、車にて今回の旅の最大の目的地「ツリーピクニックアドベンチャーいけだ」の「メガジップライン」を目指すことに。以前からTVや雑誌などでたまに見かけていたのですが、一度経験してみたかったんですよね。途中道すがら、お祭りも開催されていました。お神輿を担ぐ姿が勇ましい。

こちらが「メガジップライン」の受付場所。周りにはコテージやBBQガーデン、アドベンチャーパーク、アドベンチャーボート、宿泊施設などもあります。冬場にはウィンターアクティビティなどもあるみたい。家族連れでアウトドアを楽しむのに、もってこいのテーマパークとなっています。

こんな愛らしい「WELCOMEボード」も。

地上高日本最大級、全長1kmの空の大冒険スタートということで、受付コテージから「メガジップライン」乗り場に向けて木林の階段をスタートタワーまではおよそ10分登っていきます。

ラインの長さは「ファーストライン480m」「セカンドライン510m」最高地上高「60m」。所要時間「トータル約60分」。利用料金「3,700円(税込)」。まずは最初に用意してくれたハーネスを装着。インストラクターの方が丁寧に指導してくれます。

スタートタワーの高さは標高およそ340m。ワクワクドキドキしつつ、スタートタワーの上へと登っていきます。ハーネスに腰かけるように体をあずけて、インストラクターの方の「3、2、1、Go!」のかけ声で大空へと飛び出します。

こちらがその時のビデオ映像。腕にスマホを装着可能なので、縦向きになりますが映像を収めることができました。周りの景色から声(悲鳴?)まで、臨場感を感じてもらえるかと思います。

実際に滑っている時間は、1回5,6分くらいでしょうか。怖い気持ちもあるのですが、自然の中を滑り降りるのは、とっても気分爽快。一緒に行った人の中には「もういいかな」という人と「またやりたい」という人の二手に分かれました。これでお天気が快晴だったならば、もっと気持ちよかったでしょうね。

こちらが到着地点。多くの方がお仲間の到着を待たれています。

Be a bird! (鳥になれ!)ラストにこちらで記念撮影。

「メガジップライン」も満喫できたので、帰路へと向かうことに。その途中、日本海側最大級の海鮮市場「日本海さかな街」に立ち寄って、「トッピング海鮮丼」を味わっていくことに。こちらが駐車場でとっても広い。場所は「福井県敦賀市若葉町1丁目1531番地 / 0770-24-3800」。

さかな街というだけあって、海鮮専門のお店が所狭しと立ち並んでいます。壁一面に様々な海鮮丼の写真が並んでいて圧巻。

海鮮丼は組み合わせ自由、好きなネタを何種類でもトッピングすることが可能。メニューを眺めているだけで気分も盛り上がります。

お店は16店舗ほどあるのですが、その中からこちら「味世司-あじよし-」に入ることに。店内はこんな雰囲気。シンプルな作りで、壁には沢山のメニューが飾られています。

海鮮丼からソースカツ丼まで幅広いメニュー。福井は海鮮はもちろんのこと、ソースカツ丼でも有名ですもんね。

店内ではこんな感じに「ウニ」なども販売されています。目がついていて愛らしい。粋の良い魚介が目の前に並んでいるのですから、海鮮丼にも期待が膨らみます。

こちらが「ねぎとろサーモン甘海老の海鮮丼」。こうして自分で好きなネタをトッピングできます。好きなネタを好きなだけトッピングできるのは、こうした専門店ならでは。どのネタも新鮮でぷりっぷり。言うまでもなく普通に美味しい。

こちらが「大盛り海鮮丼」。ウニからいくら、甘海老、サーモン、ホタテ、ハマチ、まぐろ、ねぎとろまで、丼ぶりいっぱいにネタが敷き詰められています。もうこの見た目だけでノックアウトって感じ。

ぎゅっと内容の濃い日帰り福井散策の旅でしたが、念願のメガジップラインも体験できましたし、谷口屋の竹田の油揚げも味わうことができて大満足の一日となりました。福井や滋賀には美味しいものも沢山ありますし、自然も豊富ですし、また機会を見て訪れてみたいと思います。(^_^)v

谷口屋

ツリーピクニックアドベンチャーいけだ

日本海さかな街

↓続きはこちらから↓

福井小旅行土産〜和洋折衷な味わいと食感が癖になる「羽二重生さぶれ 絹小町」を味わってみた〜

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。