福井名産「谷口屋のおあげ 竹田の油揚げ」を購入してきたので、家で味わってみた〜竹田の油揚げの美味しい食べ方レシピなど〜

福井名産「谷口屋のおあげ 竹田の油揚げ」美味しい食べ方レシピ

先日、家族が福井方面まで小旅行に出かけてきたのですが、その時に立ち寄ったお店が以前から一度行ってみたかったという創業大正14年の老舗、油あげと豆腐のお店「谷口屋」。まるで座布団みたいに大きな「竹田の油揚げ」が福井名産品として有名なお店。

福井散策の旅〜まるで座布団みたい!福井名産「谷口屋 竹田の油揚げ」を味わいつつ、出雲大社福井分院を参拝して「特別限定御朱印」を戴く〜

店内での様子は先のコラムでご紹介させて頂きましたが、お土産として「谷口屋のおあげ 竹田の油揚げ」を買ってきてくれたので、竹田の油揚げの美味しい食べ方レシピなども含めてご紹介してみたいと思います。

こちらがお土産の「谷口屋のおあげ 竹田の油揚げ」。こうしてお土産で家でも美味しく頂けるのは嬉しい。圧搾一番搾りの菜種油でじっくり長時間かけて揚げた谷口屋の看板商品とのこと。

福井名産「谷口屋のおあげ 竹田の油揚げ」美味しい食べ方レシピ

中身を取り出してみました。写真でもそのサイズの大きさに驚きましたが、実際に目の前で見るとほんと大きいですね。まな板がほぼ隠れるくらいのサイズ感。これは食べごたえがありそう。

福井名産「谷口屋のおあげ 竹田の油揚げ」美味しい食べ方レシピ

・「谷口屋のおあげ 竹田の油揚げ」を美味しく頂く方法は?


家でも美味しく頂く方法としては、まずおあげを電子レンジで1分弱温めます。今回はそのまま温めましたが、お皿に移して温めたほうがベストかも。軽く温まった感じでいいみたい。

福井名産「谷口屋のおあげ 竹田の油揚げ」美味しい食べ方レシピ

次に、アルミホイルを引いたオーブントースターに入れます。予熱なしで1000Wのオーブントースター片面4分、裏返して3分ほど焼いていきます。(メーカーによって時間は多少異なります)

福井名産「谷口屋のおあげ 竹田の油揚げ」美味しい食べ方レシピ

おあげを焼いている間に、薬味の大根おろしと刻みネギを作っておきましょう。(葱の下に大根おろしが隠れています)

福井名産「谷口屋のおあげ 竹田の油揚げ」美味しい食べ方レシピ

こんな感じに両面に焼き色が付いたなら完成。焼き加減はお好みで微妙に調整した方がいいいかも。(自分はパリッと目が好きなので、よく焼きにしました)

福井名産「谷口屋のおあげ 竹田の油揚げ」美味しい食べ方レシピ

お皿に盛り付けて完成。普段使いのお皿がおあげ一枚で埋まっています。このサイズ感はほんと凄い。

福井名産「谷口屋のおあげ 竹田の油揚げ」美味しい食べ方レシピ

まずは薬味の大根おろしと刻みネギに醤油をかけて頂きます。想像以上に表面はカリッカリで中はジューシー。カリッふわな食感と油あげ自体の旨味が癖になる味わいで、食べごたえも十分。

福井名産「谷口屋のおあげ 竹田の油揚げ」美味しい食べ方レシピ

次に柚子ポン酢をかけて頂きます。サッパリ感がより増して、どれだけでも食べられる感じ。ポン酢をかけても表面のカリカリ感がなくならないのは凄い。この食感は竹田の油揚げならでは、他のおあげでは味わえない醍醐味でしょう。

福井名産「谷口屋のおあげ 竹田の油揚げ」美味しい食べ方レシピ

最後に抹茶塩をふりかけて頂きます。この抹茶塩がまた美味しかった。おあげ本来の大豆の甘みと旨味、菜種油の香ばしさがより感じらます。素材の良いものはシンプルな食べ方が一番美味しい、まさにその通りですね。

またフライパンで焼く「あげステーキ」という料理法もあるみたい。おあげを電子レンジで1分弱温めてから、フライパンに油をひかずに蓋をして中火で両面に焦げ目が付き皮がパリッとなるまで焼いていくとのこと。

時間が余りない時には、フライパンで焼く方法も美味しく頂けそう。また煮物やお味噌汁、炊き込みご飯など、想像次第でバリエーションは無限大。

谷口屋のおあげ 竹田の油揚げ」これまでTVや雑誌などで見かけることはありましたが、実際に味わうことができて大満足。こうしてお家でも簡単にお店の味を真似できるのは嬉しい限り。通販でも購入できるみたいなので、また機会を見て味わってみたいと思います。(^_^)v

谷口屋

↓続きはこちらから↓

福井散策の旅〜谷口屋の絶品「厚揚げしめじ混ぜご飯おにぎり」を味わいつつ、滑車で滑るアトラクション「メガジップライン」に初挑戦!締めに日本さかな街の豪華「トッピング海鮮丼」を堪能した一日〜

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。