箱根ルッカの森のお土産「箱根・森のバウム」を頂いたので味わってみた〜包装にも凝っていてデザインもお洒落!お土産にも喜ばれそう〜

箱根ルッカの森のお土産「箱根・森のバウム」

今回ご紹介する「箱根・森のバウム」を販売しているのが、神奈川県足柄下郡にお店を構える「箱根ルッカの森」。先日、お土産として頂いたので、ご紹介してみたいと思います。販売元は神奈川店小田原市に本社のある「株式会社 菜の花」という和菓子店。和菓子店発のバウムクーヘンもちょっと珍しいので、期待も高まります。

箱根ルッカの森」は、菜の花箱根店舗の中、自動車で利用できる唯一のお店とか。場所は「神奈川県足柄下郡箱根町湯本307 / 0460-85-6222」営業時間「平日9:30〜18:00 / 土日祭9:30〜18:30 / 不定休」となっています。

こんな感じの愛らしい専用パッケージに入っています。パッケージが可愛いというのも、お土産には重要なポイント。

箱根ルッカの森のお土産「箱根・森のバウム」

蓋を開けてみるとこんな感じ。2種類のバウムクーヘンと一緒にお品書きが入っています。バウムクーヘンが入っている袋にも愛らしいデザインが描かれています。

箱根ルッカの森のお土産「箱根・森のバウム」

まずはこちら「沖縄黒糖ハードバウム」から。波打った形がちょっと珍しい印象のバウムクーヘン。沖縄波照間黒糖を使用したバウムクーヘンとのこと。

箱根ルッカの森のお土産「箱根・森のバウム」

1/4にカットしてみました。表面の生地はサクッと固くて、中の生地はしっとりとした感じ。通常のバウムクーヘンとは大きく異るイメージで、食べる前から興味津々。

箱根ルッカの森のお土産「箱根・森のバウム」

それでは一口頂きます。表面の生地はサクッサクな食感、中の生地はしっとりとと仕上がっていて、同時に2つの食感が味わえます。噛みしめると、じわっと沖縄波照間黒糖の甘さが広がります。黒糖ならではの上品ながらも力強い甘さが後を引く感じ。黒糖好きな自分は、これ気に入りました。

箱根ルッカの森のお土産「箱根・森のバウム」

こちらが「湘南ゴールドソフトバウム」。こちらは通常のバウムクーヘンっぽい見た目。

箱根ルッカの森のお土産「箱根・森のバウム」

お皿に盛り付けてみました。地元素材「湘南ゴールド(柑橘類の品種)」が使われているとのこと。

箱根ルッカの森のお土産「箱根・森のバウム」

一口サイズにカットしてお皿に盛り付けてみました。バウムクーヘンの周りには砂糖が塗られており、甘い香りが漂ってきます。

箱根ルッカの森のお土産「箱根・森のバウム」

別角度からもう一枚。ドイツ語でバウムは「木」クーヘンは「お菓子」という意味。木の年輪の如く何層にも巻かれた生地が美しい。じっくりゆっくり一層一層丁寧に焼き上げたバウムクーヘン。

箱根ルッカの森のお土産「箱根・森のバウム」

それでは一口頂きます。しっとりと優しい絹のような舌触りと砂糖の甘さが調和して、口の中で溶けていきます。後味にほんのりと湘南ゴールドの柑橘系の爽やかな香りが漂ってきます。甘すぎずさっぱりと頂けるバウムクーヘンに仕上がっています。

箱根ルッカの森のお土産「箱根・森のバウム」今回初めて頂いたのですが、どちらもオリジナリティがありながらも個性が強すぎることもなく、最後まで美味しく頂けました。味はもちろんのこと、パッケージの愛らしさも大きな魅力の一つ。神奈川方面へ行く機会があったなら、ぜひ一度立ち寄ってみたいと思います。(^_^)v

箱根・森のバウム

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。