これは使える!雑誌「MonoMax 11月号」に付いてくる「アーバンリサーチ ツールバッグ」を試してみた〜天蓋ポケット付、6ポケットで収納力抜群!これは当たりかも〜

雑誌「MonoMax 11月号」「アーバンリサーチ ツールバッグ」

宝島社が発行している雑誌「MonoMax」。モノ雑誌売上No.1を誇る人気雑誌。毎回、個性溢れたオリジナル付録が付いてくることでも有名、いつも書店で「今月は何が付いてくるのか?」わくわくしながらチェックしています。

毎号購入している訳ではなくて「これは良さそう、使えそう」というアイテムの時には逸早く購入するようにしているのですが、今回2019年11月号の特別付録「アーバンリサーチ ツールバッグ」が良さげだったので購入してみることに。

こちらが「MonoMax 11月号」980円(税込)。雑誌の特集記事も「ミニ財布徹底検証」「カバン傑作選」「アウトドア最前線」など、なかなか読み応えがあります。

スポンサーリンク

雑誌「MonoMax 11月号」「アーバンリサーチ ツールバッグ」

付録の箱を開けてみるとこんな感じ。中にはそのまま「アーバンリサーチ ツールバッグ」が1/4に折りたたまれた形で入っています。 アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)は、ファッションブランドの中でも結構好きなブランド。そことのコラボということで、期待したいところ。

雑誌「MonoMax 11月号」「アーバンリサーチ ツールバッグ」

アーバンリサーチ ツールバッグ」を取り出してみました。もちろん中身には何も入っていないので、薄っぺらい感じ。生地には折り目がついたままですが、これも使用しているうちに気にならなくなるでしょう。

オフホワイトを基調としたシンプルな色合いがいい感じ。パッと見は普通のトートバッグという感じですが、メイン収納口の他に6つのポケットを搭載、多機能なツールバッグに仕上がっています。

雑誌「MonoMax 11月号」「アーバンリサーチ ツールバッグ」

バッグを立ててみるとこんな感じ。中身は何も入っていませんが、ちゃんと自立します。サイズは「W53×H28×D15.5cm」。生地は通常のトートバッグと同じように結構厚みもあり、しっかりと作られている印象。こちらサイドには3つのポケットが付いています。このレベルのバッグが雑誌の付録とは、いやいや素晴らしい。

雑誌「MonoMax 11月号」「アーバンリサーチ ツールバッグ」

反対面はこんな感じ。こちら側には2つの大きめポケットが付いています。これだけポケットが付いているトートバッグは余り見かけないので、そういった意味でも色んな場面で便利に使えそう。

雑誌「MonoMax 11月号」「アーバンリサーチ ツールバッグ」

横サイドから見るとこんな感じ。上側には「URBAN UR RESEARCH」というタグも付いていて、作りも本格的。

雑誌「MonoMax 11月号」「アーバンリサーチ ツールバッグ」

バッグの持ち手部分はこんな感じ。縫製もかなりしっかりと作られている印象。持ち手も長さが結構あるので、肩から掛けて持ち歩くこともできそう。

雑誌「MonoMax 11月号」「アーバンリサーチ ツールバッグ」

中を開いてみるとこんな感じ。メイン収納口はかなり広い印象。また裏生地にはビニールコーティングがしてあるので、少しくらいならば濡れたものも保護できそう。

雑誌「MonoMax 11月号」「アーバンリサーチ ツールバッグ」

インナーにもこんな感じに大きな天蓋ポケットが付いています。こちらにはファスナーが付いているので、中に物を入れつつ天蓋として利用することも可能。

雑誌「MonoMax 11月号」「アーバンリサーチ ツールバッグ」

・あっという間に蓋付きツールバッグに早変わり〜


インナー手前上にホックが付いているので、こちらと天蓋ポケット裏に付いているホックをくっつけてやれば、バッグの天蓋が完成。インナー上にチャックが付いていない(蓋がない)トートバッグも、この天蓋ポケットを使えばちゃんとした蓋付きツールバッグに早変わり。これは素晴らしいアイデア。

雑誌「MonoMax 11月号」「アーバンリサーチ ツールバッグ」

・どんな感じで物が入るのか?実際に小物やガジェット類などを収納してみた〜


それでは実際にどのくらいの物が入るのか?小物やガジェット類などのアイテムを中心に収納してみることにしましょう。まずは手前サイドの3つのポケットに「Androidスマホ」「iPhoneX」「Fire 7 タブレット」を収納。ちょうどぴったりといい感じに収まりました。

雑誌「MonoMax 11月号」「アーバンリサーチ ツールバッグ」

メイン収納口には「iPad Pro」「パーカー」「キャップ」を収納。天蓋ポケットには「Fire HD 8 タブレット」を収納。メイン収納口には、まだまだ余裕で色々入りそう。

雑誌「MonoMax 11月号」「アーバンリサーチ ツールバッグ」

収納したまま立ててみるとこんな感じ。反対サイドポケットにもまだ物が入りますし、メイン収納口にもまだまだ物が入りそう。これだけのサイズ&収納口があれば、ちょっとした小旅行やアウトドアでのお出かけ時にも十分対応できそう。

雑誌「MonoMax 11月号」「アーバンリサーチ ツールバッグ」

こちらは雑誌に掲載されているスタイル写真。持ち手が長めなので、こんな感じに肩に掛けて持ち歩くことも可能。バッグの重量が重たくなってしまっても、こうして肩がけで持ち歩けるのはありがたい。

雑誌「MonoMax 11月号」に付いてくる「アーバンリサーチ ツールバッグ」。6ポケットと収納力抜群な上、天蓋ポケットも付いているので、メイン収納口に蓋をすることも可能。このクォリティで980円(税込)ならばいうことなし。旅行や出張、アウトドアなどの時に、サブバッグとして活用していきたいと思います。(^_^)v

宝島社

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。