[今週の気になる] iPad専用OS「iPadOS 13.1.1」正式リリース!一画面に表示できるアプリの数が増えたり、マルチタスク機能が進化したり、より多機能に〜

iPad専用OS「iPadOS 13.1」正式リリース!

先日のiPhone11シリーズの発売に伴い、iOSもiOS13.1.1になった訳ですが、ついにiPadの方も新しいOS「iPadOS 13.1.1」が正式リリースされました。これまではiPhone同様にiOS搭載だったのですが、これからはiPadOSとして独自に進化していく模様。

色々な機能が新しく追加されたのですが、まずは一番目について使いやすくなったのが「一画面に表示できるアプリの数が増えた」こと。Android端末ではホーム画面をアプリなどを使って自由に変更できるのですが、iPad(iPhone)はそれができない為、ずっと大きめのアイコンを一画面に並べておかなくてはなりませんでした。これが結構窮屈で使いづらかったんですよね。

iPadOS 13.1.1は、こんな感じにアプリのサイズが小さくなった為、一画面に表示できるアプリの数も増えて、見た目もよくなり操作も扱いやすくなりました。

また一番左のホーム画面に「ウィジェット常時表示」ができるようになり、よりスタイリッシュな印象に。常時確認したい情報が一目でわかるのは、やはり便利。

 iPad専用OS「iPadOS 13.1」正式リリース!

また「マルチタスク機能が進化」して、より使いやすくなりました。画像のように複数のアプリを同時にSlide Overさせ、それらをクルクルと切り替えることができるように。右下赤丸ラインを左右にスライドさせることで、表示されているアプリをクルクルと切り替えることができます。

また「同じアプリを2つ並べて表示」させることも可能に。メモアプリなども同時表示させることができるので、メモ内の情報を確認しながら別のメモを作成ということができるようになりました。

この辺りのマルチタスク機能の進化は地味ですが、実際に作業する場合にはとっても快適になりそう。

その他、

・アクセシビリティ機能でマウスが使えるように

・アプリのExposé(画面一覧表示)に対応、Dockにあるアイコンをタップすると、そのアプリで開いている画面が一覧表示される

・キーボードを小型化させて画面上どこでも自由に動かせるように

・ファイルアプリで外付けドライブが認識可能に

・テキストの選択が、タップ2回で単語、タップ3回で文章、タップ4回で段落を選択できるように

あらゆる機能が進化しています。外付けドライブは環境によっては上手く認識しなかったりすることもあるみたいですが、ドラッグ・アンド・ドロップでデータ移行もできるようなので、使い方によってはかなり便利になりそう。環境によってはMacbook(PC)がなくてもiPad Proだけで仕事を済ませることができるようになるかも。

まだまだ全然使いこなせていませんが、かなり便利になったことだけは間違いありません。これからも色々と自分なりに使い込んでいきたいと思います。(^_^)v

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。