スリムながらもハイパワー!3タイプのノズルが付いた「充電式ハンディクリーナー Shark EVOPOWER W20」を購入してみた〜その使用感や如何に〜

充電式ハンディクリーナー Shark EVOPOWER W20

日々の生活で欠かせないのが毎日のお掃除。それでも毎日手作業で掃除するのは結構大変。そんな中とっても便利なのが「ロボット掃除機」に代表される生活家電たち。最近ではロボット掃除機なども高機能ながらお値打ちになってきていて、我が家でも1年ほど前からこちらのロボット掃除機が大活躍してくれています。

お手頃価格ながら評価の高いロボット掃除機「ILIFE V3s Pro ロボット掃除機 ホワイト」を購入してみた〜使い勝手や如何に!^^

こちらのロボット掃除機、お値打ち価格ながらもしっかりと掃除してくれるので、とっても重宝しています。家電系雑誌などでも高評価が多いのも頷けます。

ロボット掃除機はとっても便利なのですが、唯一の欠点が床以外は掃除が難しいところ。台の上や細いところには入っていけないので、そういった場所は手作業で掃除するしかありません。もちろん通常の掃除機もあるのですが(Dyson コードレス掃除機)これ馬力は凄いのですがそれなりに重量があるので、机の上やTVの裏など細かい場所を掃除できるハンディクリーナーが欲しいなと思っていたんです。

そんな折、母親がこちらの「充電式ハンディクリーナー Shark EVOPOWER W20」を購入することになったので、機能を試しつつ先に使わせて貰うことに。(気に入ったので自分も後から購入することになりそう)

こんな感じの外箱で到着。こちらSharkのモデルは色々タイプがあるみたいですが、リチウムイオンバッテリーの交換が可能で、価格と機能のバランスが良さげなこちらのタイプを選択。

スポンサーリンク

蓋を開けてみました。中はこんな感じにしっかりと梱包されています。上段には「Shark EVOPOWER W20 本体」と「取扱説明書(保証書)」が入っています。

下段にはその他の「付属品」がビニールで梱包され配置。ちゃんと中身が動かないように固定されているのもいい。

こちらが「充電式ハンディクリーナー Shark EVOPOWER W20」本体。全体がブラックで統一され、シンプルでスタイリッシュ。サイズ(高さ x 幅 x 奥行)「419.1 x 53.5 x 60.96mm」重量「660g」。660gなので女性でも十分片手で操作できる重さ。

裏面はこんな感じ。ゴミに触れることなく捨てられる「ワンタッチ機能」になっているのもいい。

こちらが本体先端部。こちらに付属のノズルを組み合わせることで、様々なシチュエーションでの利用が可能になります。このまま使用することもできますが、掃除先のアイテムに傷が付く恐れもあるので、必ずノズルを組み合わせて使用するようにしましょう。

こちらが本体手持ち部分。こんな感じに細く丸くなっているので片手でも持ちやすい印象。こちらの両脇のボタンを同時押しすることで、リチウムイオンバッテリーを取り外して交換することも可能。

こちらが本体正面の操作ボタン。上側が「電源ボタン」軽く押すとスイッチオンでLED青点灯、もう一度押すとオフになります。下側が「ダストカップ開閉ボタン」下向き(先端向き)にスライドさせてやると、ダストカップが開きます。

こちらが「充電ドック」。そのままコンセントに差し込んでやればOK。本体充電はもちろんのこと、その後ろにはノズルも2個設置可能になっています。

こちらが付属の3タイプノズル。奥から「マルチノズル」「布団用ノズル」「隙間用ノズル」の3タイプ。最初から3タイプのノズルが付いてくるのもいい。


・ゴミの捨て方はどうするの?


まずはゴミの捨て方から見てみましょう。こちら「ダストカップ開閉ボタン」を下にスライドさせてやることで、ゴミに触れることなく捨てなれるワンタッチ機能が搭載されています。まずは下方にスライドさせてやります。

こんな感じに先端下方に付いているダストカップがカパッと開きます。こちらには取外せて水洗い可能なダストカップとフィルターが付いています。ゴミ箱の上に本体を持ってきて、そのままダストカップ開閉ボタンをスライドさせるだけ。ゴミに触れずに処理できるのは、とってもいいですね。


・リチウムイオンバッテリーの交換方法は?


こちら本体先端の両脇ボタンを押しながら引き上げると、こんな感じにリチウムイオンバッテリーが取り出せます。そのまま元に戻す場合には、カチッと音がするまで押し込めばOK。リチウムイオンバッテリーには寿命があるので、バッテリーが交換可能なのはありがたい。


・電源ボタンをオンにしてみる〜


正面手前の電源ボタンをオンにすると、LEDが青点灯して動作開始。高出力モーターによるハイパワーが売りなこともあり、音はそれなりに大きな音がしますが、まぁこれは仕方ないところ。片手で楽々操作できるのはありがたい。


・充電してみる〜


充電ドックに本体を差し込んで充電開始。通常はこのまま置いておくだけで満充電にしてくれます。充電中はLEDがゆっくり点灯、充電完了するとほのかに点灯に切り替わります。初めて使用する時にはフル充電してからバッテリーを使い切るのがいいみたい。フル充電するには2時間半必要です。


・3タイプのノズルを取り付けて掃除をしてみた〜


それでは3タイプのノズルをそれぞれ先端に取り付けて、実際に掃除をしてみることにしましょう。まずは「隙間用ノズル」を装着。こんな感じにPC下の隙間などを掃除するのに重宝します。こうした隙間は通常PCを退けないとできないので、こうした隙間用ノズルがあると超便利。アッという間に綺麗になりました。

こちらが「マルチノズル」を取り付けたところ。テーブルの上などはこのマルチノズルが一番活躍しそう。

こちらが「布団用ノズル」を取り付けたところ。布団はもちろんですが、絨毯の上なども簡単に掃除できます。ゴミはかなり強力に吸い取ってくれますが、ノズルの周りに細かいゴミが残るので、こちらは歯ブラシなどで綺麗にしてあげる必要があります。そういった意味でもあまり絨毯や床などを直接掃除すのるのはお勧めしないかも。(テーブル上やTV台などを中心に使うのが良さそう)

軽くゴミがありそうなところを掃除してみたところ、こんな感じにゴミが取れました。床を掃除する掃除機とは違うのでそんなに沢山のゴミは取れませんが、それでも目に見えて綺麗にしてくれます。手では直接掃除しにくいTVの裏やPCの隙間など、手が届きにくい場所を綺麗にしてくれるのは気持ちがいい。


・簡易ビデオを撮ってみた〜


どんな感じに動作するのか?簡易ビデオを撮ってみました。動作する感じとか、音の大きさなどお判り頂けるかと思います。


・まとめ〜


充電式ハンディクリーナー Shark EVOPOWER W20」スリムながらもハイパワー!というのは嘘偽りなく、周りのゴミを綺麗に吸い取ってくれます。マルチノズルが3タイプあるのもいい。ダストカップ開閉ボタンも簡単便利で扱いやすくいい感じ。

実家でしばらく使ってみましたが、とっても扱いやすくて気に入ったので、我が家にも購入を検討中。残暑が終わってエアコンを掃除する際にも、とっても重宝しそう。生活を便利にしてくれる生活家電、いやいや素晴らしい。(^_^)v

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。