日本有数の漁獲量を誇る”しらす漁の島 篠島”で採れた「しらす干し」を使って「しらす丼」を味わう〜

しらす漁の島 篠島「しらす干し」しらす丼

愛知県には「三河湾三島(愛知三島)」と呼ばれる三河湾に浮かぶ離島「篠島・日間賀島・佐久島」があり、観光地としても有名な場所で、夏はどこも観光客で大賑わい。全域が三河湾国定公園に含まれる海と自然に囲まれた素敵な場所です。

そんな離島の中でも日本有数の漁獲量を誇る”しらす漁の島”として知られているのが「篠島」。先日、そちら篠島で採れたという「しらす干し」を頂いたので、早速味わってみることに。

こんな感じに既に一人前サイズにカットして、冷凍保存しています。元々は大きいまま冷凍状態で届いたのですが、都度食べやすいように一人前サイズにカットして冷凍保存しています。

スポンサーリンク

食べる前に自然解凍しておいて、あとは温かご飯にのせるだけ。こんな感じに温泉玉子と出汁醤油もあわせてやると更に美味しくなります。

夏が旬のしらすは、イワシ(主にカタクチイワシ)の稚魚。漁港に水揚げされたしらすをすぐ釜揚げにし、セイロの上に広げて天日で干したもの。それをすぐに冷凍保存して届けてくれます。

温泉玉子をほぐしてやると、もう見た目からして堪らない状態に。お好みもありますが、自分は温泉玉子が欠かせない派。あとはお好みで出汁醤油を足してやります。普通の醤油でもいいですが「昆布椎茸しょうゆ(イチビキ)」などの出汁醤油の方が、より美味しさが際立つと思います。

スプーンでがばっとすくい上げて、一口頂きます。ふっくらとしたしらすの食感と炊きたて御飯、そこに出汁醤油の風味が加わり、絶妙な旨味バランスに。しらすは栄養満点なので、身体にもいいんですよね。

お次は温泉玉子をたっぷりと絡ませて頂きます。これがまたまったり感が増して、美味しさも倍増する感じ。しらすのふっくら食感と玉子のまったり感が堪りません。美味しさの余りご飯もあっとい間になくなってしまいました。

この後、刻み葱を足しておかわりをしましたが、こちらもまた美味しかった。しらす丼の前に「しらす&大根おろし」をつまみに麦酒で乾杯!という選択肢もありかも。まだ若干残っているので、次回は「しらす&大根おろし」で頂いてみようかな。(^_^)v

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。