5.5インチスクリーン付きスマートスピーカー「Echo Show 5」が我が家にやってきた〜開封の儀から初期設定まで〜ファーストインプレッションは?

5.5インチスクリーン付きスマートスピーカー「Echo Show 5」

2年ほど前から日本でも発売が開始された「スマートスピーカー」。各メーカー色んなタイプのものが販売されていますが、その中でも強いのが2強の「Amazon Echo」と「Google Home」。自分はどちらも発売当初から使用していますが、それぞれタイプにより特徴があって色んな場面(場所)で愛用しています。

スマートスピーカー「Amazon Echo」がやってきた!開封の儀からファーストインプレッション&注意点まで〜

スマートスピーカー「Amazon Echo Dot(エコードット)」がやってきた!その使用感や如何に〜Echo端末を複数登録する方法まで〜

「Google Home Mini」がやってきた!開封の儀からファーストインプレッション&注意点まで〜

今では完全に生活に溶け込んでいるスマートスピーカーですが、少し前にはスクリーン付きのスマートスピーカー「Echo Spot」「Echo Show」も新登場。なにげに気にはなっていたのですが、既にスマートスピーカーが何台かあるのと価格の面でいま一歩手が出ず、購入には至らなかったんです。

そんな折、5.5インチスクリーン付きスマートスピーカー「Echo Show 5」が新登場。こちらは価格も他の機種と較べるとお手頃感があったので購入してみることに。

こちらが外箱。他のEchoシリーズと同じく鮮やかなブルーの箱が印象的。

スポンサーリンク

外箱を開封。すぐに本体のスマートスピーカー「Echo Show 5」がお目見え。きちんと全体がビニールでパッケージされています。

中身を並べてみました。「Echo Show 5 本体」「電源ケーブル」「取扱説明書(保証書)」というシンプル仕様。

こちらが「Echo Show 5」本体。正面から見たところ。5.5インチスクリーン(斜めサイズ139.7mm)ということで、大きすぎず小さすぎず程いいサイズ感。サイズ「横148mm x 縦86mm x 幅73mm」重量「410g」。

こちらが背面上から見たところ。手前上部には各種スイッチが配列。一見この背面がスピーカー?って思うかもしれませんが、スピーカーは正面スクリーン下部に配置されています。

こちらが各種スイッチ。右から「マイク/カメラ オン/オフ」「音量ー」「音量+」「カメラカバー(開/閉)」。カメラ機能を使わない場合には、カメラカバーを常時閉じておくことが可能。(セキュリティ的にも安心感があります)

こちらが背面下部。右から「電源ポート」「Micro USBポート(電源用ではありません)」「3.5mmオーディオ出力」。3.5mmオーディオ出力を使えば、外部スピーカーに接続して使用することも可能。

こちらが底面。底面はゴムでコーティングされているので、滑らず安定して設置することが可能。またその上にあるのが「スピーカー」。1.65インチフルレンジスピーカー(4W)を採用。スピーカーサイズは小ぶりですが、Echoシリーズは全体的に音に定評があるので期待大。

側面から見たらこんな感じ。カラーは「チャコール」を選んだのですが、シンプルデザインで好印象。他にもホワイトを基調とした「サンドストーン」もあります。


・Echo Show 5 電源をオンにしてみる〜

それでは電源ケーブルを繋いで、Echo Show 5 の電源をオンにしてみましょう。電源ケーブルは頭サイズがそこそこ大きめなので(幅5cmほど)、設置する場所によってはコンセント配置に注意が必要。

電源ケーブルを繋ぐと、約1分後にスクリーン画面がオンに。音とともにamazonの文字も浮かび上がりました。ここからは画面表示に従って、初期設定をしていくましょう。


・Echo Show 5 の設定を開始〜

画面に準備中と出るので、しばらく待ちます。まずは最初に「Wi-Fi接続」を完了させます。

次に「Amazonアカウント」を設定します。アカウントがある方は詳細を打ち込んでサインインします。画面にはタッチ操作可能なキーボードが出てきますが、やはり画面でそのままタッチ操作入力ができるのは便利。スクリーンも5.5インチあるので、タッチ操作も快適で反応もいい感じ

こちらではEcho Show 5をグループ分けできます。お家で何台もEchoシリーズを使っている人にとっては、「ダイニング」「子ども部屋」「リビング」など部屋別に簡単操作ができるようになるので、設定しておくと便利。

こちらでは「デバイス名」を付けることで、デバイスを指定して音楽の再生や通話、呼びかけなどが可能になります。何台かEchoシリーズをお持ちの方は、デバイス名を呼びやすい名前に変更しておいた方が良さそう。こちらのEcho Showも短めのデバイス名に変更することに。(初期設定では名前がフルネームで入ります)

各種設定も終盤、ビデオで製品の使い方を解説してくれます。ビデオだと直感的に内容が理解できていいですね。液晶画面も想像していた以上に綺麗で見やすい印象。

ホーム画面」が立ち上がりました。画面の下に色々とアドバイスが出てくるのも、判りやすくていい感じ。スマートスピーカーは思いの外色んなことができるのですが、スキル名(呼びかける言葉)を覚えておかなくてはなりません。スキル名って忘れやすいので、こうして画面で色々と教えてくれるのはありがたい。


・Echo Show 5 ファーストインプレッションは?

とりあえず開封してから初期設定をし、簡単な操作を行ってみた印象としては「スクリーン付きスマートスピーカーはあり!」ってこと。普段からスマートスピーカーを使っている身としては「スマートスピーカーにスクリーンまではいらないのでは?」という気持ちもあったんです。

音声で簡単に色んな情報を聴けるのがスマートスピーカーのメリットな訳で、そこにスクリーンがあるとなると、もうスマホでいいんじゃない?となりそうな気がしていたんですよね。

でもそこは実際に使ってみると違っていました。スマホとは違っていつでもそこに画面がある、常に色んな情報を表示してくれる(時間・温度・ニュース・写真・タイマーなど)というのが、思っていたよりも便利で快適なことに気が付きました。

また5.5インチスクリーンながら、液晶もなかなか綺麗。音も1.65インチフルレンジスピーカー(4W)ながら、低音も効いていて想像以上に良い音を聴かせてくれます。全体のメリハリ感はさすがにEchoには勝てませんが、Echo Dot(初代)よりは奥行きのある音で、音声も聞きやすい印象。

ファーストインプレッションとしては購入して正解、という感じ。色んな設定変更などもできるようなので、次回は色々と設定変更してみたり、もう少しEcho Show 5を使い込んでみてから、また感想を述べていきたいと思っています。

↓続きはこちらから↓

5.5インチスクリーン付きスマートスピーカー「Echo Show 5」が我が家にやってきた〜しばらく使ってみた感想は?参考になるYouTubeビデオなども〜

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。