場所を取らず省スペースで使用可能な扇風機「アイリスオーヤマ タワーファン TWF-C81T(左右首振り上下ルーバー付)」を購入してみた〜その使用感や如何に〜

アイリスオーヤマ タワーファン TWF-C81T(左右首振り上下ルーバー付)IRISOHYAMA

今年は梅雨が長かった分、梅雨が明けたと同じに各地で猛暑続きで、身体がこの暑さについていかない感じ。各地で熱中症など体調を崩される方も増えています。家の中だからといって安心は出来ません。クーラーや扇風機などを上手に利用して、この夏を乗り切りましょう。

そんな折、4,5年使用していた寝室用の扇風機が壊れてしまいました。動くことは動くのですが、音がなかりうるさくて使用するのも厳しいレベルに。寝るときにはクーラーをつけるのですが、一晩中入れておくのは好きじゃないので、目がさめたタイミングで扇風機に切り替えています。

ということで早速新しい扇風機を探してみることに。これまでは普通の丸いタイプの扇風機だったのですが、場所を取るので今回は場所を取らず省スペースで使用可能な扇風機「アイリスオーヤマ タワーファン TWF-C81T(左右首振り上下ルーバー付)」を購入。

こうした縦長タイプのファンは「dyson」のが一つあるのですが、こちらはリビング用(主にヒーターで使用)なので、寝室用はもう少しお値打ちなタワーファンにしてみることに。

評判の良さげな羽根なしファンヒーター「dyson hot+cool AM09WN(ダイソン ファンヒーター)」を購入してみた〜開封の儀から使用感まで〜

こちらが「アイリスオーヤマ タワーファン TWF-C81T(左右首振り上下ルーバー付)」。思っていたよりは縦長サイズ。そこそこ重量もあります。きっちりとした専用箱で到着。

スポンサーリンク

箱を開けてみるとこんな感じ。中もきちんと部品毎に梱包されています。

中身を並べてみました。「アイリスオーヤマ タワーファン TWF-C81T 本体」「ベース土台(左右2個)」「リモコン」「取扱説明書(保証書)」が同封されています。


・タワーファンを組み立ててみる〜

それではタワーファン本体と土台部分を組み立てていきましょう。まずはタワーファン下部に付いている「ネジ(赤丸)」3箇所を取り外していきます。指で回せば簡単に取り外せます。

次に左右のベース土台の中央に電源コードを通してから、ベースの突起(赤丸4箇所)を前後合わせてはめ込みます。きっちりとカチッと音がするまでしっかりと差し込みましょう。しっかりと固定されたならば、先のネジ(中央赤丸)3箇所を締めてやります。後は電源コードを端にある押さえに通してやればOK。

「アイリスオーヤマ タワーファン TWF-C81T」を立ててみるとこんな感じ。サイズ「幅約22×奥行約22×高さ約80cm」重量「3,1kg」。思っていたよりは高さがりますが、全体的に細身なので場所を取らなくていい感じ。

サイドから見るとこんな感じ。ホワイト&ブラックを基調としたデザインでどんな部屋にも似合いそう。これまで使用していた扇風機は(丸形)サイズも大きく、使わない時に場所をとって邪魔だったので、これからは収納も楽になりそう。

背面はこんな感じ。材質「ABS樹脂、AS樹脂、モーター」消費電力 「【50Hz】強:38W/中:28W/弱:25W 【60Hz】強:40W/中:30W/弱:27W」。コードの長さ「約1.8m」。

こちらが上部でスイッチなどが配置されています。機能設定はこんな感じ。これだけの機能が付いていれば、日常使いにはとくに不満もなさそう。

・風量調整:3段階(弱・中・強)
・リズム風:3段階(弱・中・強)
・首振り機能:左右首振り
・切タイマー:1・2・4時間

こちらが前面のルーバー部分。こちらの機種はルーバーが上下(手動)できるのも大きな特徴の一つ。これで上下左右と好みの位置に風を送ることができます。もう一つ下の機種では上下ルーバーが付いていなかったので、こちらの機種を選択することに。

こちらが「リモコン」。リモコンで操作できるのも嬉しい。リモコンが軽くて小さい(薄い)のも邪魔にならなくていい感じ。


・実際に動かしてみた〜

それでは実際に動かしてみることにしましょう。簡易ビデオを撮ってみたので、何となく雰囲気はお判り頂けるかと思います。首振りなどの動作もスムーズでいい感じ。風量は「弱・中・強」と順番に切り替えていますが(ピッと音が鳴る度に)弱でもそこそこ風がきます。夜寝る時には「弱」に設定しています。

音については「弱」ならばそれ程気にならないレベルですが、夜の静かな時には「中・強」だとちょっと音が気になるかも。この辺りは個人差もあるかと思うのですが、夜(深夜)に使用するならば「弱」がいいかもしれません。


・まとめ〜使用感はどんな感じ?

・良いところ

首振りもスムーズ、ルーバーを使えば上下好みの位置に風を送ることができるのも便利。椅子に座った状態だと全体に風を送ることができます。また全体がスリムで場所を取らないのも大きなメリット。(未使用時の収納も楽ちん)

・いまいちなところ

ファンの音が「中・強」にするうるさいと感じる人がいるかも。「弱」ならば夜間でも気にならないレベル。「強」にすると風はかなり強くなりますが音も大きくなるので、この辺りは使う人によって好みが分かれるかも。自分の場合、基本「弱」で使う予定なので問題無さそう。

アイリスオーヤマ タワーファン TWF-C81T」駆動音に関しては使用環境によって意見が分かれるかもしれませんが、自分にとっては問題なく使用できそう。日頃から音がとても気になるという方は、従来の扇風機型(丸形)の方がいいかもしれません。

まだしばらくは暑い日々が続きそうなので、タワーファンが大活躍しそうです。(^_^)v

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。