地元エスニック料理の老舗「シンガポール屋台料理 マーライン」ピリッと刺激的で相変わらずの美味しさ〜

シンガポール屋台料理 マーライン

シンガポール屋台料理 マーライオン」地元名古屋市東区大曽根にお店を構えて30年近くの老舗。自分もかれこれ25年以上定期的に通い続けているお店。場所は「名古屋市東区矢田1-5-26 / 052-711-0237」JR大曽根駅をナゴヤドーム側に出て歩いてすぐ(3分程)のところにあります。

スポンサーリンク

シンガポール屋台風の庶民的な雰囲気、価格もお手頃、辛さや香りも日本人向けにアレンジされていて、とても美味しいエスニック料理の老舗。営業時間「17:00〜24:00」定休日「月曜日」となっています。店内はこんな感じにホワイト&ブラックを基調としたシックでお洒落な雰囲気

席数「32席」の店内はちょっと薄暗い感じで、カウンターやTVもあります。2013年に店内を改装、これまでの居酒屋風な雰囲気から、女性同士でも入りやすいようなお洒落な雰囲気に。この日はちょうどナゴヤドームで試合があったみたいで、多くのお客さんで賑わっていました。(事前予約後、今年の春頃来店)

こちらが前菜&肉&魚メニュー。数年前に新しくなったメニューも、少しずつ年季が入ってきたみたいでいい感じ。とにかく料理のバリエーションが豊富で、色んな料理が楽しめます。

こちらがライス&麺メニュー。シンガポール料理ならではの個性的なメニューが並びます。

こちらがドリンクメニュー。ビールからサワー、カクテル、ソフトドリンクまで各種揃っています。

まずはこれ「生麦酒」でかんぱーい!

まずはおつまみからということで、こちらの「パリパリバクダン」。価格も250円と超お値打ち。揚げ餃子のような食感で、エスニックな味わい。麦酒との相性も抜群。

こちらが我が家の定番前菜料理「青菜のオイスターソース炒め」。シャキシャキの青菜とオイスターの風味にそそられる一品。まずはこれで麦酒!というのが定番。

こちらが「鶏モモ肉の紙包み揚げ」。鶏肉がソーセージみたいな状態で紙に包まれたまま調理されています。味付けはスパイシー、香草や生姜などの風味が効いていて、こちらもまた麦酒のお供に最適。

こちらが「鶏唐揚げフルーツソースがけ」。カラッと揚がった鶏肉に、甘みと酸味の効いたフルーツソースが絶妙。

こちらが来店時には必ず注文する「海老のガーリックソルト風味」。ガーリックとスパイスが程よく効いていて、麦酒との相性も抜群。殻ごと揚げてあるので、そのままバリバリ食べても大丈夫。頭には海老みそが詰まっていて、これまた美味。

こちらは「エビマヨ」。プリプリの海老がちょっと甘めの特性のマヨネーズソースと相まって、大人から子供まで大好きな味。ブラックペッパーなどの香辛料も程良く効いていて食欲をそそります。

こちらも我が家の定番商品「ふかひれオムレツ」。フカヒレ風味がきいたふわふわのオムレツ。フワフワ卵の中からは、出汁と一緒に具材が溢れだしてきます。白ご飯の上にのせて食べても最高。

こちらが「鶏肉のサテー」。中には特製ダレに漬け込んだ鶏肉が入っています。サテーとは「ピーナッツをベースに数種類のスパイスと唐辛子で作った甘辛ソース」のこと。辛さと同時に甘みもあるので、見た目ほどの辛さは感じません。(後からピリッと辛さがくる感じ)癖になる味付けで、カレーみたいに白ごはんにのせて食べても美味しい。

こちらが「玉子あんかけ揚げ豆腐」。お皿になみなみに注がれたあんかけが凄い。この中には揚げ豆腐や野菜などがたっぷり入っています。優しい味付けの玉子あんかけソースが絶品、こちらも白ごはんが恋しくなる一品。

こちらが「五目あんかけホーファン」。ソースの下には、きしめんのような平たいもっちり麺が入っています。具材も野菜からお肉きのこ類までバランスよく入っており、オイスター風味のあんかけソースが色んな具材と混ざり合い、美味しさ倍増。

こちらは「チャーハン」。ライスものでは「ピリ辛ブラックライス」なども人気メニューですが、今回はシンプルなチャーハンを注文。ご飯もパラパラで、具材とのバランスも絶妙。間違いない美味しさ。

そして最後の〆料理として注文したのが、こちらの「麻婆飯」。このメニューは初めて注文したのですが、まずボリュームの凄さにびっくり。大皿にびっしりと麻婆豆腐が敷き詰められています。その下には白ごはんがたっぷり。

麻婆豆腐はふわふわとろとろ。味付けも見た目ほど濃すぎることもなく程良い塩梅。円やかながら、後からピリッとくる味付けはさすがという感じ。中華料理の麻婆飯とはまた一味違った味わいが楽しめます。

全体的に色目が濃い目で見た目が辛そうな料理が多いですが、日本人好みに味付けしてあるので、意外とあっさりと頂けます。また辛いのが苦手な方は、注文時にお店の方にお願いすれば、料理によっては辛さを和らげて頂くこともできます。

一皿の量がどれも割りと多めなので、数人で訪れた方が色んな料理を楽しめていいかも。近くにナゴヤドーム球場ができてからというもの、野球のある日はとても忙しいみたいなので、人数が多い場合は事前にご予約されることをお勧めします。

日本人好みのエスニック料理が食べたい方「シンガポール屋台料理 マーライオン」絶賛お薦めです!(^_-)-☆

シンガポール屋台料理 マーライオン

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。