新しい仲間も増えて、変わらず元気な我が家の観葉植物たち〜多肉植物「静夜つづり」が新しく仲間入り〜

観葉植物 多肉植物「静夜つづり」

7月も終盤になってきて西から梅雨も明け始め、いよいよ夏本番という感じになってきました。今年はこれまで雨&曇り続きで晴れ間が見える日が少なかったのですが、やっぱり青空は気持ちいいですね。(暑いのは苦手ですが)

春から夏にかけて毎年「家庭菜園」をしていたのですが、最近はもう少し手軽にできる観葉植物(多肉植物)育成を中心に緑を育てています。部屋の中に緑があるだけで、気分が癒やされて気持ちがリフレッシュされるから不思議。

少しずつ我が家の観葉植物も仲間が増えてきました。先日訪れた道の駅「パレットピアおおの」で購入してきたのが、こちらの多肉植物「静夜つづり」。見た目がトゲトゲと愛らしくて気に入ったので即購入。価格も180円と激安価格。

岐阜県大野町に新しくできた道の駅「パレットピアおおの」にて、新鮮産直野菜からベーカリーまで買い物と試食を楽しんだ一日〜

スポンサーリンク

観葉植物 多肉植物「静夜つづり」

別角度でもう一枚。静夜つづりという名前がまた風流でいいですよね。その名前の由来はというと、

ベンケイソウ科 セデベリア属
静夜(エケベリア)と玉つづり(セダム)の属間交雑種

ということで、静夜つづりというネーミングになったみたい。購入時からそこそこのサイズなので、ある程度は成長したものかな。やや育てにくいところのあるエケベリアにセダムの強健な性質を加えたことで、エケベリアの美しさとセダムの丈夫さを併せ持った多肉植物になったとのこと。

水やりは「春〜秋は2週間に1回、冬は月に1回、夏は1週間に1回」ほどでいいみたい。多肉植物は、水をあげすぎると根っこから枯れてしまうので要注意。(これまでにも何度か枯らした)

日当たりは「半日陰の場所」が育成しやすいみたい。逆にガンガンに日が当たる場所や、雨が当たる場所での置きっぱなしには要注意とのこと。

「静夜つづり」これからの成長が楽しみ。

こちらが「道の駅 藤川宿」で購入してきた「観葉植物 テーブルヤシ」。お洒落な感じのケースに入っていて500円。最近は道の駅を訪れる度に、観葉植物が一つずつ増えていってるみたい。

愛知県岡崎市国道1号沿いにある道の駅「道の駅 藤川宿」を満喫!「家康御幣 五平餅」や「観葉植物 テーブルヤシ」をお土産に〜

こちらも中央から新しい葉が伸びてきて、最初の頃よりは一回り大きくなった感じ。こちらのテーブルヤシは、ヤシ科/カマエドレア属、原産地メキシコ。管理方法は「直射日光の当たらない明るい場所に置きます。水やりは土の表面が乾いたらたっぷり与えてください」とのこと。

こんな感じに3日に一度くらい霧吹きで水やりしています。後は1ヶ月に一度「活力剤」を適量あげるくらいかな。手間暇もそんなにかからないし見栄えもいいので、部屋に置いておく観葉植物としてはベストかも。

こちらが「ぎふ清流里山公園」を訪れた時に購入した観葉植物「ペペロミアセルペンス」。持ち帰ってきた時には、やっと鉢植えから葉が出るくらいの大きさだったのですが、現在ではこんな感じに片方の葉だけグングン伸びています。(本当はもっと綺麗に下葉をカットして整理した方がいいのかも)

「ぎふ清流里山公園」あの日本昭和村が入園無料の自然豊かな公園になっていたので訪れてみた〜

葉っぱの緑も青々としていて綺麗。毎日、霧吹きで軽く水をあげるくらいですが、それでもちゃんと成長してくれています。(月に一度、活力剤も適量投入)このまま一方向に伸び続けるのならば、ちょっと育て方を考えた方がいいのかも。

こちらが一番の古株観葉植物「グリーンネックレス」。こちらはもう我が家に来て3,4年になるのですが、一時期枯れかけたもののまた見事に復活してくれて、今もこんなに沢山の緑の葉(実)が育ってくれています。

どんどんつるが下に伸びていくので、周りに巻きつけ巻きつけしているうちに、下のほうが大きくなってきました。こちらも毎日、霧吹きで軽く水をあげて、後は月に一度「活力剤」を適量投入しています。

こちらが百均「Seria」で購入した「活力剤」。この活力剤を定期的に投入するようになってから、枯れかけていた「グリーンネックレス」も見事復活。こうした栄養剤ってやはり大切なんだなーとあらためて実感。

我が家の観葉植物(多肉植物)たちも、こんな感じに仲間が4つになりました。観葉植物は育てる手間もそれほどかからないので、部屋にちょっと緑と潤いが欲しいという方にとっては最適。

部屋の中に観葉植物があるだけで、ほんと気分が癒されるから不思議。少しずつ仲間も増えてきているので、それぞれに日々の成長を見届けるのも楽しみの一つ。これからも自然の緑で我が家を癒やして下さいね。(^_^)v

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。