岐阜県大野町に新しくできた道の駅「パレットピアおおの」にて、新鮮産直野菜からベーカリーまで買い物と試食を楽しんだ一日〜

道の駅「パレットピアおおの」

道の駅巡りって楽しいですよね。その地域ならではの特産物もあり、美味しい食べ物や新鮮な野菜たちにも出会えて、一日いても飽きません。この東海地方にも数多くの道の駅があるのですが、その中でも北海道に次いで全国2位にランクインするほど道の駅が数多く存在するのが岐阜県。

そんな岐阜県大野町に同県56番目となる道の駅「パレットピアおおの」がオープンしたのが、ちょど1年ほど前の2018年7月11日。”とっても綺麗で広くていいところだよ”との話は聞いていたのですが、先日やっと念願かなって訪れることに。

岐阜県大野町に新しくできた道の駅「パレットピアおおの」にて、新鮮野菜豊富なイタリアンランチを満喫!焼き立てパンがお代わり自由なのも嬉しい〜

レストラン「サイタバラス」にてヘルシー&ボリューミィーなイタリアンランチを満喫した後は、とっても新鮮で美味しかった新鮮産直野菜&ベーカリーを見て回ることに。こちらがレストランのお隣にあるベーカリー「みおぱ」

スポンサーリンク

こんな感じに所狭しと焼きたてパンが並べられています。レストランで食べたパンはどれも美味しかったので、いくつかお土産として購入して帰ることに。価格も街中のベーカリーと較べたら、かなりお値打ち。

今大流行の「食パン」も各種揃っています。奥の方に写っている「あん入り食パン」を購入(1斤560円くらい)。名古屋では昔から”小倉マーガリンパン”が大人気定番商品なので、あん入り食パンも人気がでそう。

こちらが購入してきた「塩レモンクリームクロワッサン」と「りんごクリームデニッシュ」。ともに150円ほど。塩レモンクリームクロワッサンは、クロワッサンは生地がサクッサクで、中からは爽やかで酸味の効いたレモンクリームが。りんごクリームデニッシュはちょっと甘めで、食感はまさにアップルパイ。食後のデザートにもってこい。

こちらはトースターで軽く焼いたパン。えんどう豆が入ったパンは、サクふんわりとした食感で、ほんのり甘い味わい。スープやおかずと一緒に食べるのに、程いい感じ。

こちらが「あん入り食パン」。ふわふわの生地の中に餡が練り込まれています。この餡の分量が絶妙で、程良い甘さがいい感じ。軽くトースターで焼いてから、マーガリンを塗って食べても美味。

こちらが「フィナンシェ」などの焼き菓子。焼き菓子は日持ちがするので、手土産にも丁度よいんですよね。自分用にフィナンシェを買って帰りましたが、生地はしっとり、バター&アーモンドの風味が効いていて美味しい。

こちらは「柿の木(kakinoki)」という名前のカフェ・パティスリー&デリ。お店の前には椅子&テーブルもあって、こちらで飲食することも可能。メンチカツやさつま芋チップなど、色んな惣菜系が販売されています。

こちらではワッフルなども販売。色んな味があるみたい。そのお隣にはプリンも。

こちらが直販所の「みのもんや」。地元生産者さんから届けられる新鮮野菜、花、卵をメインに農業加工品、地元事業者さんが作った加工品やお土産品をとり揃えているとのこと。入り口には”祝 開駅一周年”の旗も。

先のレストランで食べた「紫玉ねぎ」も販売。商品ごとに生産者の方々の名前と写真が飾られているのも、安心感があっていいですね。

こちらがトマトの試食コーナー。直販所には珍しく、こちらでは色んな野菜や果物の試食ができます。トマトがとっても美味しかったので、購入して帰ることに。

こちらが「丸ズッキーニ」。細長いズッキーニはスーパーなどでも見かけますが、丸いのは珍しいかも。また何か料理にするべく購入。

ネギもこんな感じに立てて売られています。そこそこ分量もあって1袋100円は安い。

こちらの冷蔵庫には「プリン」などが並べられています。こちらからも気になったプリンを購入。

こちらには調味料系が並んでいます。飛騨高山の郷土料理「朴葉味噌」も。

こちらには「お茶」が並んでいます。レストランで頂いた「ほうじ茶」が美味しかったので、1袋購入して帰ることに。

あゆ甘露煮」なども販売。鮎好きとしては気になりましたが、まだ戻るまで時間がかかるので今回はパス。

こちらでは「観葉植物」や「花」なども販売されています。この中から気になった観葉植物を1個チョイス。価格も1個180円と激安価格。

こちらでは「海津名物 楽山くさもち」を販売。その場で試食したのですが、とっても美味しかったので1個(2個入り270円)購入することに。

こちらがその草餅「海津名物 楽山くさもち」。ビニールの包を開けると、よもぎの香りが漂ってきます。

半分に割ってみると、中には餡がぎっしり。生地がもの凄くモッチモチ、作りたてなのがすぐにわかります。餡こもたっぷりと入っていて、程いい甘さ。これぞ本当の手作り草餅という感じ。こういう本物を食べるとスーパーではもう買えなくなりそう。

こちらが直販所で購入してきた「枝豆」を塩茹でしたところ。枝豆も色艶が抜群に良くて、見るからに美味しそう。価格は1袋250円ほど。最近スーパーで売っている枝豆は、少ししか入っていないのに高くて見た目もいまいち。こちらの枝豆は色艶が全然違います。

枝豆頂きます。いやーこれは旨い。豆もプリプリしていて、程良い歯応え。採れたて野菜の新鮮な青臭さがちゃんと残っています。家庭菜園で作って食べた枝豆の香りを思い出しました。

こちらが購入してきたプリン「無添加 楽山ぷりん」1個250円。楽山くさもちと同じ会社が作っているみたい。以前、どこかでここのプリンを食べて美味しかった記憶があったんです。自然養鶏の産みたて卵を使用しているとのこと。

一口頂きます。ツルッとした柔らかくきめ細かいプリン。平飼いの鶏卵と牛乳、グラニュー糖、バニラビーンズを主原料としたシンプルなプリン。シンプルなだけに素材の美味しさが際立っています。底に入っているちょっと甘苦いカラメルもいい感じ。ここ最近食べたプリンの中では、かなり上位に入るレベル。

道の駅「パレットピアおおの」一日見て回っていても飽きないほど、色んな新鮮食材が販売されています。とくに各所で色んな食材の「試食」ができるのは嬉しい。道の駅で食材の試食ができるところは、余りないですからね。それだけ素材に自信があるという証拠でしょう。

食材の種類もかなり豊富で新鮮、どれも美味しかったのでここはリピート確定。レストラン「サイタバラス」も気に入りましたし、また機会を見て訪れてみたいと思います。(^_^)v

道の駅「パレットピアおおの」

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。