コスパ最強な格安SIM端末「HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク」をしばらく使用してみた感想は?〜テザリング設定方法からカメラ画像検証まで〜

HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク

現在メインで使用しているスマートフォンは「iPhone X」なのですが、基本Wi-Fi運用をしている為(基本モバイル通信オフ)外でモバイル通信をする時のために、モバイルルーター代わりとしてAndroid端末も持ち歩いています。

これまでサブ端末として巷でも名機と評判の高いスマートフォン「HUAWEI P10 lite」を使用してきましたが、その後継機となる「HUAWEI P20 lite」がOCNモバイルONEにて「1,800円(税別)」で特価販売されていたので購入してみることに。6ヶ月以上のSIM利用が条件(電話+データ通信)となっていますが、それを考慮しても底値といえる激安価格。

指紋&顔認証可能ながらコスパ最強な格安SIM端末「HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク」を購入してみた〜開封の儀からファーストインプレッションまで〜

前回は開封の儀からファーストインプレッションまでお届けしましたが、今回はしばらく使用してみた上での感想や、テザリング設定方法からカメラ画像検証までお届けしたいと思います。

こちらが現在のホーム画面。「Nova Launcher」ランチャーアプリを入れて好みの仕様にカスタマイズしています。Androidはアプリを使えばホーム画面をカスタマイズできるので、画面に並べるアプリの数も変更することが可能。また「USB Type-C」で充電できるのもいい。


・しばらく使用してみた感想は?


まずは最初に「HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク」をしばらく使用してみた感想から書いていくことにしましょう。個人的な感想としては、あらゆる面で使い勝手の良い端末で、全体的に好印象を受けました。


・まず良いところから〜


まず動作がサクサクで快適。RAMが4GBあるのが大きい。そして指紋認証&顔認証のダブル機能搭載でこちらもサクサク動作。(これまで一度も認証失敗なし)画面も見やすくて綺麗。そして極めつけはダブルレンズを搭載したカメラ機能が素晴らしいところ。(約1600万画素+約200万画素 像面位相差AF+コントラスト AF)(カメラ機能については下記の画像を参照)


・いまいちなポイントは〜


一番のマイナスポイントは、内部ストレージが「ROM:32GB」と少ないところ。それでも最大256GまでMicro-SDスロットが使えるので、Micro-SDカードを上手に利用すれば何とかなりそう。

防水性能やワイヤレス充電、カードリーダーなどの機能が無いのもネックではありますが、端末の価格を考慮すればこちらは仕方ないところ。

ということで全体の評価は、かなりいい感じ。ゲームなどもめちゃ重たい3Dゲーム以外は普通に動きますし、普段使いの端末として考えれば、コスパ最強といえるでしょう。

スポンサーリンク


HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク


・テザリング設定をしてみる〜


元々Android端末を使用する目的の一つが、モバイルルーター代わりとして「テザリング」をするため。ということでテザリング設定をしてみることに。まずは「設定」アプリを開いて「無線とネットワーク」をクリック。

HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク

次に「テザリングとポータブルアクセス」をクリック。

HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク

次に「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」をクリック。

HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク

ネットワーク名」を変更したい場合には変更、そのままでOKならばそのままで。(初期状態はHuawei P20 lite)端末名は残した方が覚えやすくていいかも。

そして下の「パスワード」を設定してやればOK。後はテザリングをオンにすると近くの端末にネットワーク名が出てくるので、そちらに設定したパスワードを打ち込めば繋がります。iPhoneXやiPhone8でもテザリングを試してみましたが、どちらも問題なく快適に接続できました。(一度繋がった端末は、次回から自動で繋がります)

HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク


・カメラ機能を使ってみる〜


それではソニー製カメラを積んだカメラ機能を試してみることにしましょう。ダブルレンズを搭載(約1600万画素+約200万画素 像面位相差AF+コントラスト AF / インカメラ:1600万画素,FF)とこの価格帯の端末としては驚異的なスペックを誇っています。

こちらがカメラアプリを立ち上げたところ。使い勝手はiPhoneなど他のアプリとほぼ同じ。下方のバーを左右にスライドさせてやることで、色んな機能を簡単に変更することができます。

とくにこちらのカメラで特徴的なのが、ダブルレンズを使用した「アパーチャ」機能。ポートレートの左側にその機能があるのですが、こちらのアパーチャを使うことで、一眼レフ並の背景をぼかした写真を撮ることができます。

HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク
(こちらから下の画像はリサイズのみ、画像加工は一切していません)

ご近所に咲いていた紫陽花の花をカメラに収めてきました。アパーチャ機能で撮影したものですが、いい感じに背景がボケて一眼レフで撮影したかのような雰囲気に。iPhoneXもダブルカメラですが、ポートレートモードだと1m以上近くには寄れないんですよね。(もっと離れてと指示されます)このカメラだとかなり近くまで寄って撮影することが可能。

HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク

淡いピンクと緑のコントラストが素敵。

HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク

こちらは大好きな「皿うどん」。こちらも立体的に背景がボケています。

HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク

こちらはサブウェイのサンドイッチ。彩りのコントラストがいい感じ。

サブウェイのポテト。単品アップで。いい感じに背景がボケています。

HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク

日が暮れ始めたところ。灯りがまた全体をいい雰囲気に。

HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク

空を見ながら一枚。曇り空ですが、全体は明るく撮れています。

HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク

こちらがスライド一番右端にある「その他」各種設定画面。プロ・スロー・夜景・パノラマ・ARレンズ・ライトペインティング・HER・コマ抜き・アニメーション写真・フィルタ・ステッカー・文章など、多機能搭載。

この辺りの機能は余り使わないかと思いますが(手軽に写真を撮れるのがスマホの良さなので)それでもこれだけのことが出来るのは凄い。

こうして試し撮りした画像を見てもらっただけでも、アパーチャ機能の素晴らしさがお判り頂けたかと思います。これできちんと画像加工したならば、一眼レフにも負けない写真になりそう。いやいや恐れ入りました。

HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク」しばらく使用してみましたが、カメラ機能を始めとして、この価格帯でこの機能は素晴らしいの一言。これは米国が驚異に感じるはずですね。今後もテザリングやカメラを中心に、バリバリ活用していきたいと思います。(^_^)v

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。