名古屋城お膝元城下町「金シャチ横丁」にあるビストロ「bistro 那古野」にて、渥美半島産「保美豚」を使った特製ランチを満喫〜帰りにタピオカミルクティーも〜

金シャチ横丁 bistro 那古野

「尾張名古屋は城で持つ」と言われるくらい、この尾張名古屋には様々なお城(城跡)が存在します。その中でも名古屋のシンボル的な存在なのが「名古屋城」。一時は観光客も下火だった模様ですが、「本丸御殿」の建築&完成を機会に海外からの観光客などもぐっと増えて、最近では多くの方々でにぎわっている様子。

名古屋城巡り「本丸御殿」の豪華絢爛ぶりに驚きの連続!名古屋おもてなし武将隊にも会えるよ〜

そんな名古屋城に隣接して昨年2018年3月に新しくオープンしたのが「金シャチ横丁」。名古屋城の城下町をイメージ、地下鉄「市役所」出口から名古屋城にかけて「宗春ゾーン」「義直ゾーン」という城下町が創られました。「うまし名古屋を馳走せん」という文言通りに、名古屋を代表するような飲食店がズラッと立ち並んでいます。

先日、散策がてら「金シャチ横丁」を訪れた際に一番気になったお店「bistro 那古野」にて、ランチをしてきたので、その様子をご紹介してみたいと思います。

名古屋のシンボル「名古屋城」城下町をイメージした「金シャチ横丁」の「宗春ゾーン」を散策してみた〜

地下鉄「市役所7番出口」を出るとすぐ「宗春ゾーン」への入り口が広がっています。大きな「金シャチ横丁」という立て看板も作られていて、名古屋城への動線もわかりやすくていい感じ。

スポンサーリンク


金シャチ横丁 bistro 那古野

すぐ目の前には噴水なども。7月に入り蒸し暑くなってきたので、公園の噴水が涼しげで癒やされます。

「金シャチ横丁」入り口の立て看板。お城のお堀脇に沿って、ずらっとお店が立ち並んでいるみたい。今の季節はお堀周りも緑が濃くて鮮やかでいい雰囲気。

金シャチ横丁 bistro 那古野

こちらが「bistoro 那古野」。前回自分的に一番気になったのが、こちらのお店。渥美半島産「保美豚」料理と多彩な洋食メニューが中心。コースから単品まで、お値打ち価格でランチ・ディナーが頂けるみたい。

金シャチ横丁 bistro 那古野

こちらが「立て看板」。コースメニュー「宗春コース」「家康コース」など2千円前後からあるみたい。単品メニューも「煮込みハンバーグ」や「オムハヤシ」など、千円前後のリーズナブルなものが中心。本日のスペシャルランチは「味噌カツ丼」980円、スープ付き。こちらも気になる。

金シャチ横丁 bistro 那古野

店内はシックでお洒落、落ち着いた雰囲気。全席「29席」ランチ「11:00〜15:00」ディナー「17:00〜22:00」の営業時間となっています。事前電話予約も可能。(052-212-7385)この日もこちらの席に、団体さんの予約が入っていました。

金シャチ横丁 bistro 那古野

こちらがカウンター。カウンターの奥は厨房になっていて、シェフが忙しそうにされています。

金シャチ横丁 bistro 那古野

こちらが「料理メニュー」。渥美半島産保美豚を使った「保美豚コース」なども、1,700円 / 2,000円 / 2,300円と各種揃っています。今回はランチ時にお邪魔したので、単品中心で注文することに。

こちらが「ドリンクメニュー」。ドリンクメニューもビールからワイン、ハイボール、日本酒、焼酎まで種類豊富。お昼時なのでさすがに我慢しましたが、夜に訪れた際にはぜひ注文したいところ。

金シャチ横丁 bistro 那古野

こちらがセットメニューに付いている「コンソメスープ」。洋食専門店だけあって、ちゃんとしたコンソメスープ。見た目も透き通っていて美しい。コンソメスープらしい深いコクがあって美味しい。

金シャチ横丁 bistro 那古野

こちらが注文した「煮込みハンバーグ 1,400円(セット)」。大きめのハンバーグにたっぷりドミグラスソースが掛かっています。付け合せが付いてくのも嬉しい。(これでもう少し生野菜があったなら完璧かも)

金シャチ横丁 bistro 那古野

こちらがセットメニューで付いてくる「ライス」。ご飯もそこそこボリュームがあり、ランチとしても十分食べ応えもありそう。

金シャチ横丁 bistro 那古野

それでは煮込みハンバーグから頂きます。お肉がギュッと詰め込まれ煮込まれているのがよくわかる肉々しい食感。噛みしめる度に肉汁と野菜の甘味が染み出してきます。たっぷりと掛けられたドミグラスソースが奥深い味わいで、ハンバーグの旨味を引き立ててくれます。この価格でこのレベルの煮込みハンバーグが食べられるのは、ほんとありがたい。

金シャチ横丁 bistro 那古野

こちらが「豚肉のしょうが焼き 850円(セット)」。コンソメスープとライスが付いてのこの価格は嬉しい。こちらもまた生姜焼きのタレがたっぷりで、食欲をそそるいい匂いが辺りに漂ってきます。

金シャチ横丁 bistro 那古野

それでは豚肉のしょうが焼き頂きます。豚肉は保美豚を使っているのでしょう、とっても柔らかくて美味しい。噛みしめる度に豚肉の旨味と生姜の風味が口の中に広がります。タレがまたつゆだくで美味しいので、白ごはんと一緒に食べると最高。夏にこの組み合わせは、スタミナも付いていいですね。ランチ時ということもあり、多くの方がこの豚肉のしょうが焼きを注文されていました。

金シャチ横丁 bistro 那古野

「bistro 那古野」で肉料理を満喫したところで、その並びにあったお店「CAFE DINER POP OVER」で今人気の「タピオカミルクティー」が販売されていたので購入してみることに。

金シャチ横丁 bistro 那古野

お店の外にはテーブル&椅子も用意されているので、こちらで購入した商品を飲食することも可能。

金シャチ横丁 bistro 那古野

こちらが「タピオカミルクティー 470円」。中にはタピオカがたっぷりと入っています。こうして外の景色を眺めながらくつろげるのも、お堀周りに緑がある金シャチ横丁ならでは。

金シャチ横丁 bistro 那古野

冷たくてひんやり甘くて美味しい。タピオカは柔らかくて喉越しもいい。ミルクティーはちょっと薄め。自分はもう少し濃厚なタイプが好みかも。

bistro 那古野」念願のビストロにやっと立ち寄れて大満足。今回はランチでの来店だったので余りゆっくり出来なかったのですが、次回は夜に一杯呑みながらゆっくりと美味しい料理を頂いてみたいですね。(^_^)v

金シャチ横丁

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。