デパ地下巡り〜飛騨牛まぶしで有名な「みわ屋 飯場飯」を初体験!ついでに名古屋めしど定番「山ちゃん 幻の手羽先」もおつまみに〜

みわ屋 飯場飯

一昔前は百貨店といったら屋上には遊園地、夏はビヤガーデンとどこも大盛況。まさに娯楽の聖地といった感じでした。子供の頃には百貨店を訪れるだけで「お子様ランチが食べられるかも?!」とワクワクしたものです。

そんな百貨店もバブルが弾けてからはずっと下降線気味。そんな停滞気味の百貨店業界ですが、その中でも一際元気なのがデパ地下(飲食店売り場)。今でもデパ地下だけは、どこも大盛況で賑わっています。

自分はといえば学生時代に百貨店で長年アルバイト(名古屋三越)をしていたので、今でもデパートには愛着があるんですよね。たまに訪れると色々と見て回るだけでも楽しい気分になります。

ということで先日「ジェイアール名古屋タカシマヤ」を訪れたのですが、そこでも色々とデパ地下巡りを楽しんできました。そんな中、以前から一度食べてみたかった飛騨牛まぶしが有名なお店「みわ屋」のお弁当を購入してきたので、ご紹介してみたいと思います。(一緒に「山ちゃん 幻の手羽先」も購入)

こちらが「みわ屋」店舗。「世界の山ちゃん」や「矢場とん」などと並んで店舗があります。みわ屋は「岐阜県瑞浪市土岐町3368-3 / 0572-68-3388」に本社がある岐阜の会社ですが、いわゆる”名古屋めし”の一つとして扱われているみたい。飛騨牛は東海地区が誇る最高峰の国産牛の一つですからね。

スポンサーリンク


みわ屋 飯場飯

こちらがお店のショーケース。「飛騨牛まぶし弁当 2,160円」を中心に「飛騨牛ロースまぶし弁当 2,700円」「黒毛和牛まぶし 1,836円」など飛騨牛を中心としてお弁当がずらりと並んでいます。(さすがに飛騨牛を使ったお弁当はお高め)

みわ屋 飯場飯

今回はその中からこちらの「馬喰忠兵衛 飯場飯 1,080円」を購入してみることに。馬喰忠兵衛(ばくろちゅうべえ)は、みわ屋の祖先で馬喰を商いとして牛馬の良し悪しを見定めていた忠兵衛の名にあやかり馬喰忠兵衛と命名。みわ屋のこだわり肉をふんだんんに使った肉弁当シリーズとのこと。

みわ屋 飯場飯

蓋を開けると、中からは大きなハンバーグが登場。いわゆるハンバーグ弁当という奴ですね。ご飯が隠れて見えないほどのハンバーグサイズは、なかなかのインパクト。

みわ屋 飯場飯

ハンバーグをアップで。焼き色もとっても綺麗、見るからに丁寧に作られているのがわかります。昭和38年創業、飛騨牛料理指定店にもなっているお肉の専門店だけのことはあります。飛騨牛まぶしも食べてみたかたのですが、今回はさすがにそのお値段に躊躇。またいつかチャレンジしてみよう。

みわ屋 飯場飯

お弁当の脇には、彩りが綺麗な野菜が添えられています。お弁当ってやっぱり彩りも重要ですからね。お肉だけではなく、少しでも野菜が採れるのも嬉しい気配り。

みわ屋 飯場飯

ハンバーグを割ってみました。中にはぎっしりと肉が詰まっていて、見るからに食べ応えがありそう。また白ごはんに染みたタレも食欲をそそります。

みわ屋 飯場飯

それではハンバーグから一口頂きます。しっかりと肉肉しい歯応えを残したハンバーグで、柔らかいながらも肉の旨味が溢れ出てきます。鰻丼にも似たちょっと甘めの和風タレがお肉に絡んでいい感じ。上等なお肉が使われているのがすぐに分かりますね、いやいやこりゃ旨い。

みわ屋 飯場飯

ご飯もお米が程よい硬さで、とっても美味しい。ご飯にもしっかりとタレがかかっているので、ハンバーグと一緒に食べると旨さが倍増する感じ。ハンバーグ弁当って当たり外れが大きいと思うのですが、こちらの飯場飯は大当たり。

山ちゃん 幻の手羽先

すぐ近くに「世界の山ちゃん」があったので、名古屋めしど定番「山ちゃん 幻の手羽先」もおつまみに購入することに。

山ちゃん 幻の手羽先

こちらが「山ちゃん 幻の手羽先」5本入り486円(税込)。お店では必ず食べるのですが、こうしてデパートで購入するのは初めて。最近ちょっと久しぶりなので、お店に行かずとも購入できるのはありがたい。

山ちゃん 幻の手羽先

中身はこんな感じ。シンプルにそのまま幻の手羽先が5本入っています。山ちゃん特有の胡椒の風味が辺りに漂ってきました。

山ちゃん 幻の手羽先

まずはトースターで温めてやることに。箱の横には持ち帰り時の「食べ方」が描かれています。

1. オーブントースターのトレーにアルミを敷きます
2. オーブントースターを予め温めておきます
3. 手羽先を並べて、約1分温めます

山ちゃん 幻の手羽先

いい感じに温まったので、お皿に盛り付けて完成。見た目はお店で食べるのと何ら変わらない雰囲気。家で「山ちゃん 幻の手羽先」が食べられるなんて、最高じゃないですか。

山ちゃん 幻の手羽先


・世界の山ちゃん的 手羽先の美味しい食べ方〜


手羽先の美味しい食べ方も箱の横にイラスト付きで描かれています。

1. まずは手羽先の付け根をひねってちぎります
2. 大きい身の方を歯で挟んで手で引っ張ると、スポッと抜けます
3. 少し身が残ったら、しゃぶれば骨だけに
4. 小さい身の方にも皮と身が付いているので、こちらも食べましょう
5. ちゃんと食べれば、キレイに骨だけに

山ちゃん 幻の手羽先

それではこちらの食べ方を真似て頂くことにしましょう。写真は箸で持っていますが、手でガンガンいきます。胡椒辛いパンチの効いた山ちゃんの手羽先、やっぱりいつ食べても美味しい。唯一無二、他のお店にはない味。麦酒との相性も抜群で、思わず手が止まらなくなります。カリッつと焼かれた皮も美味しいので、余すことなく全部頂きましょう。

デパ地下巡り、楽しいですね。「みわ屋 飯場飯」も大当たりだったので、また機会を見て今度は「飛騨牛まぶし」に挑戦してみましょうか。(^_^)v

ジェイアール名古屋タカシマヤ

↓続きはこちらから↓
デパ地下巡り〜広島発くりーむパンで有名な「八天堂」の隠れ人気商品「とろける食パン」を味わってみた〜もちろん定番の「くりーむパン」も〜

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。