指紋&顔認証可能ながらコスパ最強な格安SIM端末「HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク」を購入してみた〜開封の儀からファーストインプレッションまで〜

HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク

現在メインで使用しているスマートフォンは「iPhone X」なのですが、基本Wi-Fi運用をしている為(基本モバイル通信オフ)外でモバイル通信をする時のために、モバイルルーター代わりとしてAndroid端末も持ち歩いています。

巷で名機との評判高いスマートフォン「HUAWEI(ファーウェイ) P10 lite」を購入してみた!開封の儀〜ファーストインプレッションは?

現在は巷で名機との評判高いスマートフォン「HUAWEI P10 lite」を使用しているのですが、こちらは現在でもとくに問題なく快適に使用中。このところ米国と中国との覇権争いで、HUAWEI製品が輸出規制リストに追加され今後の展開が危ぶまれていましたが、先日(29日)トランプ米大統領がHuaweiに対する禁輸措置を解除すると発表したことで、この問題も一段落しそうな雰囲気。(制裁緩和は汎用品輸出のみ容認)

元々HUAWEIは中国企業とはいえ、内部の部品はほとんどが海外(米国や日本)で製造されたものが使われているので(HUAWEI P20 liteのカメラはソニー製)結果自分の首を締める形になってしまったみたい。

そんなタイミングで以前から気になっていた「HUAWEI P20 lite」が、OCNモバイルONEにて「1,800円(税別)」で特価販売されていたので購入することに。6ヶ月以上のSIM利用が条件(電話+データ通信)となっていますが、それを考慮しても底値といえる激安価格。

といことでOCNモバイルONEにて申し込んだらすぐに届きました。現在では後継機のHUAWEI P30 liteも新登場していますが、その機能やデザイン、コスパなどを考えると、とてもバランスが良くて巷でこのシリーズの評価が高いのも頷けます。

外箱はこんな感じ。ホワイトを基調としていてスタイリッシュ。「SIMカード(マルチSIM)」も同封されています。現在のSIMカードは、自分でサイズが選べる(カットして)マルチSIMになっているのですね。

スポンサーリンク


HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク

蓋を開けるとこんな感じ。P10 liteは縦向きに梱包されていましたが、こちらはiPhone風にそのまま正面向き。

HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク

中身はこんな感じ。「HUAWEI P20 lite本体(サクラピンク)」「電源ケーブル」「イヤホン」「取扱説明書&保証書(日本語表記)」「HUAWEI P20 lite専用クリアケース」が入っています。専用クリアケースも付いているのは、嬉しい心遣い。

HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク

HUAWEI P20 lite本体(サクラピンク)」表面はこんな感じ。とってもシンプルながらも美しいデザイン。P10よりも画面が広くなり、上部にはノッチも。iPhoneX(S)を連想させる雰囲気。サイズ約「高148.6 × 幅71.2 × 厚7.4mm」重量「約145g」と薄くて軽くてコンパクト。

HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク

こちらが背面。サクラピンクと名付けられた色合いが、ホワイトに近い淡いピンクで大人な雰囲気。メタルフレームと両面を覆う2.5D曲面ガラスが、思っていた以上に高級感を感じさせます。

HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク

こちらが背面のカメラ部分。カメラの部品にはソニー製品が使われているということで、それもこちらを選んだ理由の一つ。約1600万画素+約200万画素のダブルレンズが、一眼レフのような美しいボケ味を演出してくれるみたい。(こちらはまた後ほど試してみる予定)

そして中央には「指紋認証機能」を装備。またこちらのモデルには「顔認証機能」も付いています。iPhoneXにも顔認証機能が付いていますが、こちらは指紋認証がないのでマスクをしていたり角度によっては余計に面倒なことも。指紋認証&顔認証のダブル機能搭載、これ最強でしょう。

HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク

こちらが底面。電源接続部には「USB Type-C」を搭載。(iPhoneも早くType-Cに対応して欲しい)「イヤホンジャック」もあります。バッテリー容量「3000mAh」。付属の充電器を使用しての急速充電が可能です。

HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク

こちらが正面右サイド。上「ボリューム+ー」下「電源ボタン」。ディスプレイ「約5.84インチ FHD+ TFT、2280×1080ピクセル」19:9の高精細FHD+ディスプレイを搭載しています。

HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク

こちらが正面左サイド。「SIMスロット」があります。CPUにはパワフルなオクタコアCPU 「HUAWEI KIRIN 659」を搭載。メインメモリも「RAM:4GB」あるので、動作も快適。

HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク


・SIMカードを取り付けてみる〜


それでは付属されてきた「SIMカード(マルチSIM)」を取り付けてみることにしましょう。SIMカードは簡単に指で取り外せますが、なるべく表裏面には指で触らないようにした方がいいみたい。最近のSIMカードはマルチSIMになっているのですね。それぞれのサイズに合わせてカットするだけ、こりゃ便利。

HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク

付属のピンを穴に挿し込み、でSIMスロットを取り出します。奥側がnanoSIMスロットになるので、そちらにセッティング。空いているスロットには「microSDカード」を挿入することも可能。

またこちらのモデルは、デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)にも対応(Nano SIM x 2 slots)しているので、Nano SIMの2枚差しも可能。色んなSIMを使い分けている人にとっては便利な機能。

HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク


・クリアケースを取り付けてみる〜


こちらが付属の「クリアケース」。最初からクリアケースが付属しているのも嬉しい。(iPhoneなどのメジャーモデル以外は、出回っているケースも少ないので)

HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク

クリアケースを取り付けるとこんな感じ。もちろんサイズもぴったり。柔らかい素材で手にも馴染むので、スマートフォンが滑らなくなっていい感じ。

HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク


・電源をオン〜指紋認証&顔認証、各種設定など〜


電源を長押しすると、すぐにスタート画面が立ち上がりました。5.84インチの液晶画面もほぼ全画面表示で、想像以上に綺麗な印象。

HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク

まずは「言語の選択(日本語)」からスタート。

HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク

APN設定」も最初から各社入っているので、その中から「OCNモバイルONE」を選択するだけ。その他、Wi-Fi設定やGoogleアカウントなども順次設定していきます。

HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク

指紋認証」も簡単に設定可能。指紋認証の精度もかなり高く、一瞬でホーム画面が開きます。読み取りに失敗したことは、これまでの使用では一度もありませんでした。どんな環境下でも使える指紋認証はやっぱり便利。

HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク

こちらが「顔認証」の設定をしているところ。こちらも画面を眺めるだけですぐに設定完了。顔認証の精度も高くて、電源ボタンを押すだけですぐにホーム画面が開きます。顔認証と指紋認証の両方が使えるだけで、こんなに日々の操作が快適になるなんて。あらためてHUAWEI P20 liteの素晴らしさを再認識。

HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク

こちらがホーム画面。液晶が鮮やかで美しい。このホーム画面はちょっと使いずらそうなので、「Nova Launcher」ランチャーアプリを入れて後からカスタマイズしましょうか。

初期アプリもそこそこ入ってはいますが、初期状態では1/2近く容量が空いています。内部ストレージが「ROM:32GB」と少ないのがネックですが、最大256GまでMicro-SDスロットが使えるので、Micro-SDカードを上手に利用していきたいところ。

HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク


・とりあえずのファーストインプレッションは?


まず顔認証と指紋認証の両方が使えるというのが、とっても便利。顔認証しか使えないiPhoneXで時折不便を感じていたので、これだけでも大満足。どちらの認証精度も高く、動作もサクサクでとっても快適。

また見た目も大人っぽくてスタイリッシュで格好いい印象。メタルフレームを使用したカラーリングも高級感があります。サイズも薄くて軽め、縦長なので手にも馴染みやすく、長時間持っていても違和感がありません。

全画面表示に近くなった液晶画面も想像以上に綺麗だし、バッテリー容量「3000mAh」もいい。また「USB Type-C」を採用しているのもポイント高いところ。

防水性能やワイヤレス充電、カードリーダーなどの機能はなく多機能とはいえません。でもスマートフォンとして考えると、機能・デザイン・価格のバランスがとてもよく、巷で評判がいいのも頷けます。

とくに期待しているのが、ソニー製カメラを積んだカメラ機能。次回はカメラ機能などを中心に、いろんな機能を試していきたいと思います。(^_^)v

↓続きはこちらから↓
コスパ最強な格安SIM端末「HUAWEI P20 lite 5.84インチ サクラピンク」をしばらく使用してみた感想は?〜テザリング設定方法からカメラ画像検証まで〜

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。