[今週の気になる] Facebookがついに独自の仮想通貨「Libra」を発表!価格変動の無いステーブルコインを採用することで一気に拡大していく可能性も〜

仮想通貨 Libra
(画像はLibraサイトより抜粋)

先日、Facebookが以前から噂されていた独自の仮想通貨(デジタルコイン)Libra」を発表しました。Libra専用のウォレットアプリ「Calibra」を使用することで、ボタン一つで相手に送金したり、コードをスキャンして商品を購入したりすることが可能になります。(LINE PayとかPayPayとかのイメージに近いかも)

2020年前半に提供が開始される予定のLibraは、運営組織によって管理され、価格変動率の低い金融資産によって価値が担保されるらしい。こちらの仮想通貨「Libra」の一番のポイントは、価格変動の無いステーブルコインを採用するということ。

これまでの仮想通貨は、ビットコインなどを始め価格変動が大きいので、コインとしてより投機目的で使う人が大半でした。しなしながらこちらのLibraは価格変動の無いステーブルコインを採用することで、通常のお金と同様に扱うことが可能になります。

ちなみに「ステーブルコイン」とは、

一般的には「価格変動(ボラティリティ)の無い通貨」を指し、価格が一定である通貨のことをさします。ステーブルコインの名前ですが、ステーブルには「安定した」という意味があります。またステーブルコインは別名で「ペッグ通貨」とも呼ばれています。ペッグには本来「釘で固定する」という意味があります。

仮想通貨 Libra

仮想通貨Libraは、非営利団体であるLibra Associationが管理しており、その設立メンバーにはVisaやMastercard、Paypalなどの企業も参画しているとのこと。世界中に数十億人という会員メンバーを持つFacebookと、これまた世界規模のクレジット会社が手を組むということで、今後の為替や世界経済にも影響を与える存在になるかもしれません。

LibraはLibraリザーブと呼ぶ資産により、その価値を裏付けるとしています。また他の仮想通貨がマイニングによりそのコインを増やすのとは異なり、新しいコインを裏付ける法定通貨資産と引き換えに発行されます。これにより一定の価値を担保することができるようになるとのこと。

仮想通貨 Libra

ここまでの内容を見ると、世界共通の素晴らしいデジタルコインの誕生!という感じに見えますが、そうは簡単には物事は進まないという様相も。仮想通貨「Libra」の発表後、米下院がすぐさまこの動きに反応して「Libraをやめろ」という声明を出しました。

ウオーターズ委員長は同時に「仮想通貨マーケットには現在、投資家、消費者そして経済を強固に保護する規制の枠組みが欠けている」とも指摘。本格的にLibraが運用開始となるまでには、まだちょっと乗り越える壁がありそうです。

このところビットコインの急騰ぶりが凄くて、またまた注目され始めた仮想通貨市場。仮想通貨「Libra」果たして今後、生活に密着して日常的に使うことができるデジタルコインとして普及していくのか、否か。今後の展開に注視していきたいと思います。(^_^)v

Libra

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。