コストコで購入してきた「ハワイアンチョップドガーリックオイル」を使って、「ガーリックシュリンプ&ガーリックシュリンプライス」を作ってみた〜

ハワイアンチョップドガーリックオイル

先日、今更ながらの「コストコ 中部空港倉庫店」初体験をしてきたのですが、その規模の大きさと内容の充実度にあらためて感動しきり。とくにフードコートの充実ぶり&お値打ち感にはビックリ!これはTVやブログなどでも色々と話題になるはずですね。

今更ながらの「COSTCO コストコ 中部空港倉庫店」初体験!やっと会員になったよ〜宇治抹茶&北海道ミックスソフトの大きさと美味しさにビックリ!

ということで色んなものを購入してきた訳ですが、その中に海老好きには堪らない一品「ハワイアンチョップドガーリックオイル」があったのでご紹介してみたいと思います。

いわゆる合わせ調味料の一種、このオイルを使えば本格的な「ガーリックシュリンプ」や「ガーリックライス」などが作れちゃうという優れもの。こんな感じの一見、紅茶?って思わせるようなボトルパッケージに入っています。

原材料は主に「にんにく、乾燥にんにく、レモン、唐辛子、胡椒、食塩、パプリカ、植物性油脂」など。内容量「480g」と持ちやすいサイズ感。価格は「898円(税込)」。こちらはハワイ土産としても人気の商品みたい。

スポンサーリンク


ハワイアンチョップドガーリックオイル


・ガーリックシュリンプを作ってみる〜


ということで早速「ガーリックシュリンプ」から作っていくことにしましょう。今回はこちらの「むき海老」を使用。本格的に作るのならば殻付き海老がいいのですが、今回はお手軽料理ということでこちらを使用。背わたも忘れずに取ってやりましょう。(爪楊枝を使うとやりやすい)

ハワイアンチョップドガーリックオイル

そこに「ハワイアンチョップドガーリックオイル」を投入。海老がヒタヒタになるまで入れます。この時に注意したいのが、よく降ってもそのまま注ぐとオイルだけしか出てこないので、必ずニンニクなどの固形物も一緒に入れること。ボトルを斜めにしながら、細いスプーンなどで掻き出してやるといいでしょう。そしたらそのまま30分冷蔵庫で寝かせます。

ハワイアンチョップドガーリックオイル

それではまず海老から炒めていきましょう。軽く熱したフライパンに先の漬け込んだ海老をそのまま投入。

ハワイアンチョップドガーリックオイル

中火で熱しながら、何度も海老をひっくり返してやります。海老が全体的に締まってきたら完成の合図、大体3分ほどでしょうか。辺りにはガーリックのいい匂いが漂ってきました。

ハワイアンチョップドガーリックオイル

生野菜と一緒にお皿に盛り付けてから、刻んだしそを上から振り掛けて「ガーリックシュリンプ」の完成。簡単お手軽に家でもガーリックシュリンプを作ることができました。(後で使うので、鍋に残ったオイルも捨てずに取っておきます)

ハワイアンチョップドガーリックオイル

海老の照り具合といい、辺りに漂う匂いといい、こりゃ海老好きには堪りません

ハワイアンチョップドガーリックオイル

それでは一口頂きます。口の中に入れた途端、ガーリックの風味が鼻に抜けていきます。海老の身もプリッとしていて、噛みしめると海老の旨味とほんのり辛味も伝わってきます。

ほんとお店で食べるガーリックシュリンプに近い味わい。麦酒との相性も抜群で、お箸が止まらなくなること間違いなし。お好みで黒胡椒や一味などをかけてやると、よりパンチが効いていいかも。

ハワイアンチョップドガーリックオイル


・ガーリックシュリンプライスを作ってみる〜


それでは次に「ガーリックシュリンプライス」を作ってみることにしましょう。まずはガーリックシュリンプライス用に野菜を刻んでいきます。今回は「玉ねぎ、人参、ピーマン」を使用。野菜は何でも良いですが、3種類くらいあった方が彩りと食感が良くなるかも。

ハワイアンチョップドガーリックオイル

先のハワイアンチョップドガーリックオイルに漬け込んだ海老を1cm角ほどにカットしてから、具材を熱した鉄鍋に投入します。この時に使用するオイルは、先にガーリックシュリンプを作った後に残ったオイルをそのまま利用。(海老の旨味がそのまま残っているので)

ハワイアンチョップドガーリックオイル

まず最初に「溶き卵(3個分)」を流し入れ、そこに白ごはんも投入。ご飯は炊きたてよりも冷凍の半解凍(硬め)くらいが丁度よいかも。

ハワイアンチョップドガーリックオイル

後は中火から強火で、手早く炒めていきます。できるだけ強火で手早く仕上げるのがコツなので、ご飯をほぐしながら丁寧に混ぜ合わせてやりましょう。ご飯が全体にほぐれたなら「岩塩、黒胡椒」で軽く味付けすることもお忘れなく。(味見をしながら調味料を足してやります)

ハワイアンチョップドガーリックオイル

お皿に盛り付けて、刻みしそを振りかけて「ガーリックシュリンプライス」の完成。見た目も綺麗にいい感じに仕上がりました。今回、溶き卵3個だったので黄色が濃いめですが、好みによっては2個でもいいかも。辺りにはいい香りが漂ってきます。

ハワイアンチョップドガーリックオイル

それでは一口頂きます。ガーリックの風味と海老のプリッとした食感、そこに野菜の旨味が加わり絶妙な塩梅に仕上がりました。ガーリックシュリンプを作った後のオイルをそのまま使用することで、ライス全体に海老の旨味が広がってくれた感じ。

今回はあえて薄めの味付けにしましたが、お好みで海老の量とかニンニクの量は増やしてもいいかも。初めて作った割には、いい感じに仕上がって大満足。麦酒とガーリックシュリンプで一杯やってから、ガーリックシュリンプライスで締め。これ最高のスタミナ料理じゃないですか。

ハワイアンチョップドガーリックオイル」まだ沢山残っているので、また別の料理にも挑戦してみようかな。他の魚介類を使ったアヒージョとかに使っても美味しそう。海老好きで料理好きな方、コストコに行かれたならば忘れずにチェックしましょう。(^_^)v

■具材:むき海老、生野菜、しそ、玉ねぎ、人参、ピーマン、卵、ご飯
■調味料:ハワイアンチョップドガーリックオイル、岩塩、黒胡椒

COSTCO(コストコ)

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。