2800ルーメン&1080PフルHD対応の小型プロジェクター「AuKing 小型プロジェクター 2800ルーメン1080PフルHD対応」を購入〜実際に映像を映し出してみた感想など〜

AuKing 小型プロジェクター 2800ルーメン1080PフルHD対応

最近の動画配信(見放題)サービスは充実度が凄いですよね。Amazonプライム会員である自分は、大好きな海外ものドラマや映画もほぼ見放題。毎日、少しずつお気に入りのドラマを見るのが、ほぼ日課になっています。

そんな素晴らしい動画配信(見放題)サービスですが、一人でPCで見る分にはヘッドホンをしてその世界に入り込めるのですが、たまに映画館みたいな大きな画面でゆったりとソファーに腰掛けて見てみたくなるんです。

ということで家でもそれなりに大きな画面で映画やドラマを見ることができるガジェット「小型プロジェクター」を購入してみることに。今回選んだのは2800ルーメン&1080PフルHD対応の小型プロジェクター「AuKing 小型プロジェクター 2800ルーメン1080PフルHD対応」。

価格も五千円台とお値打ちだったし、カスタマー評価も悪くなかったので、試しに購入してみることに。ということで前回の続きからお届けすることにしましょう。

2800ルーメン&1080PフルHD対応の小型プロジェクター「AuKing 小型プロジェクター 2800ルーメン1080PフルHD対応」を購入してみた〜開封の儀からその使い勝手まで〜

スポンサーリンク


AuKing 小型プロジェクター 2800ルーメン1080PフルHD対応


・小型プロジェクターにPCなど接続機器を繋げてみる〜


こちらが今回PCとプロジェクターを接続する為のケーブル「USB C to HDMI ケーブル 1.8m」。Thunderbolt3(USB type-c) から HDMIへ映像信号を変換するためのケーブル。こちらは以前MacBookとモニターを接続するために購入したのですが、別途3in1ハブを購入したため手元に余っていたもの。今回こうして使用することができて良かった。

Macbookサブモニター用に「BenQ モニター ディスプレイ 24インチ フルHD GL2460HM」を購入してみた!初期設定時にはちょっと注意が必要かも〜

AuKing 小型プロジェクター 2800ルーメン1080PフルHD対応

プロジェクター側の「HDMI」接続部にケーブルを差し込みます。

AuKing 小型プロジェクター 2800ルーメン1080PフルHD対応

PC側の「USB type-c」にもケーブルを差し込みます。type-cは差し込みが甘いと認識されないことがあるので、カチッと音がするまで差し込みましょう。ちなみにこちらのPC(ラップトップ)は下記のもの。お値打ち価格で購入した割に、意外と使えて重宝しています。

ちなみに「iPad Pro」でも試してみたのですが、こちらのケーブルでも認識はされるのですが色合いが変色してしまいました。基本、WindowsやAndroid向けのケーブルかもしれません。

コスパ最高!タッチディスプレイ&スタイラスペン付属の2 in 1ラップトップ「Acer Switch 3 SW312-31-A14Q」を購入してみた〜開封の儀から使用感まで〜

AuKing 小型プロジェクター 2800ルーメン1080PフルHD対応

ケーブルの設置ができたなら、プロジェクター「コントロールボタン(正面右端)」一番左にある「Single source(信号源ボタン)」を押します。そうすると「入力ソース」が出てくるので、こちらから「HDMI(赤丸)」を選択してOKを押します。入力ソースの切り替えは手動でやらなければならないので注意が必要です。

AuKing 小型プロジェクター 2800ルーメン1080PフルHD対応


・プロジェクター画面を壁に映し出してみた〜


はい、こんな感じにPC画面が壁に映し出されました。まずはレンズ手前にある「Focus」を使ってピントを合わせてやります。凄く綺麗にくっきりはっきりとは言えませんが、壁に映し出した映像としては、画像や文字もきちんと読み取ることができるレベル。

AuKing 小型プロジェクター 2800ルーメン1080PフルHD対応

プライムビデオの画像を映し出してみました。こちらもちゃんと見ることができるレベル。日本語訳もきちんと読み取れます。これで壁ではなくちゃんとしたスクリーンに映し出してやれば、そこそこいい感じに見ることができそう。

AuKing 小型プロジェクター 2800ルーメン1080PフルHD対応


・カメラ三脚を使って、リビングに映像を映し出してみた〜


こちらのプロジェクターは、底面中央にカメラ三脚用のネジ穴が空いています。こちらを使えば、カメラ三脚に固定することも出来るんですよね。ということで早速リビングで試してみることに。

AuKing 小型プロジェクター 2800ルーメン1080PフルHD対応

手持ちのカメラ三脚にプロジェクターを固定してみました。ちなみに使用した三脚はこちらHAKUBAのもの。お手頃価格ながらも使いやすくてお気に入り。

コスパに優れた軽量アルミ三脚「HAKUBA 4段三脚 W-312 アルミブラック 3WAY雲台」を購入してみた〜使い勝手はどんな感じ?

AuKing 小型プロジェクター 2800ルーメン1080PフルHD対応

リビングの壁にプロジェクター画像を映し出してみました。後はピントや角度を合わせてやればOK。大きな画面でもそこそこ綺麗に映し出されています。ちなみに部屋の電気は消して真っ暗にしています。明るいところではほとんど見えないので、その点は注意が必要です。

AuKing 小型プロジェクター 2800ルーメン1080PフルHD対応

こちらでもプライムビデオの画像を映し出してみました。壁からの距離は3mほど。先程の映像は2mほどだったのですが、3mだと映像の迫力は増しますが、若干映像の粗(あら)も目立つ感じ。

AuKing 小型プロジェクター 2800ルーメン1080PフルHD対応

人をアップで見るとこんな感じ。ちなみにこちらはコリン・ファレル主演の映画「トータル・リコール」。アーノルドシュワルツネッガー主演作品映画のリメイク版。それなりに面白かった。

映像に関しては、まぁそれなりという感じですが、家で映画館っぽい雰囲気を味わえるというのは悪くありません。また音も凄く良いとはいえませんが、それなりに聴くことはできました。音にこだわりたい場合には、別途スピーカーなどに繋げるのもありかも。またプロジェクター本体の音(駆動音?)が近くにいると若干気になりました。


・「AuKing 小型プロジェクター」まとめ〜


正直いって最高レベルとは言い難いですが、この価格帯のプロジェクターとしてはかなり頑張っている方ではないでしょうか。とりあえず小型プロジェクターを使って”ホームシアターの雰囲気を味わってみたい“という方にとっては、ベストな選択ではないかと思います。

初めて小型プロジェクターを購入する方の入門機としては、とてもいいと思います。まずはこちらで使い慣れた後に、もっといいものが欲しくなったなら高機能(高価格帯)のものへと買い換える、というのもありだと思います。(^_^)v

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。