[今週の気になる] WWDC2019開催!今年のWWDC19は、色んな意味でAppleユーザーに寄り添った内容だった気がする〜

WWDC19 Apple
(画像はAppleサイトより抜粋)

今年もApple恒例のApple開発者向けイベント「WWDC19」が開催されました。例年新しいハードが多く発表される場でもあるのですが、今年はソフトウェアの発表が中心。しかも色んな意味でAppleユーザーに寄り添った内容で、個人的にはなかなか素晴らしいWWDC19だったのではないかと感じています。

これまでは毎年どんどん新しいハードを投入し「また新しくなったから買ってね」という方向性だったのですが、今年のWWDC19を見ると明らかにその方向性が変わってきています。これまでの既存のハードとソフトを活かしながらも、Appleユーザーに寄り添った形で進化を遂げていて、かなりの好印象。

ということで気になったポイントを見てみましょう。

スポンサーリンク


WWDC19 Apple

一番気になったのがこちら「iPadOS」。これまでにもmacOSとiOSとの結合は色んな場面で話題になってきましたが、今回はそれに近いOSソフトの融合形として「iPadOS」を発表。新しいiOS 13からは、iPadはiPad用に開発されたOSで動作するようになります。

・ウィジェットをホーム画面に固定できる
・Slide Overに複数アプリを常駐させ、クイックに切り替え可能に
・アプリをいくつもマルチタスクで利用可能に
・同じアプリを左右横並びで使うことが可能に

など、マルチタスク関係の動作がよりmacOSに近づきました。これは地味に嬉しい変更。そして多くの方が望んでいたであろう一番大きな変化がこちら

・各種USB機器に対応、カメラから直接Ligtroomに写真を取り込める

というもの。ここにきてやっとiPadも各種USB機器に対応してくれるみたい。これでファイルにそのまま外部デバイスが読み込めるようになり、外部デバイスとの連携も容易になります。これでiPadの活用範囲が飛躍的に広がることは間違いありません。いやいや素晴らしい。

WWDC19 Apple

次に気になったポイントが「macOS Catalina(カタリナ)」。その中でも一番気になったのが、

・iPadをMacのサブディスプレイにできる「Sidecar」

という新機能。Apple Pencilによる入力もサポート。Final Cut Pro X、Adobe Illustrator、iWorkなどでも使えるということで、まさにペンタブレットの如く使用することが可能になるみたい。「Sidecar」が使えるよになったなら、ぜひ試してみたいですね。

WWDC19 Apple

そして今回唯一のハード発表となったのがこちら「Mac Pro」&「Pro Display XDR」。昔のMac Proを思い起こさせるような縦型の据え置き型。今回のMac Proは拡張性も高いみたいなので、これまでのMac Proよりは長く使うことができそう。(それでもマザーボードまでは拡張できないので、最初から最大スペックとかは止めといた方がいいかも)

本体のスペックは「最大28コアIntel Xeon、メモリは1.5TBまで拡張可能(これは多すぎる気もしますが)」ということでかなり高性能。もちろんお値段もかなり高価で5999米ドル(約64万円)から。一般的にはなかなか手が届かないレベルですが、IT企業などでは導入するところもありそう。

「Pro Display XDR」もなかなかのインパクト。通常モデルが4999ドル(約54万円)。Retina 6Kディスプレイということで、こちらもかなりのハイスペック。

世の中ではまだ4Kも進んでいない中、6Kディスプレイとは。今回の「Mac Pro」&「Pro Display XDR」一般的に普及するかは甚だ疑問ではありますが、この尖った感じがジョブズがいた頃のAppleを思い起こさせてくれます。

今年のWWDC19、個人的にも大いに楽しめました。「iPadOS」を始め、あたらしい機能を使えるようになるのが今から楽しみです。(^_^)v

Apple WWDC19

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。