岐阜高山宮川朝市から生まれたバームクーヘン専門店「広重スイーツマジック」の「魔法のバームクーヘン」を味わってみた〜

バームクーヘン専門店 広重スイーツマジック 魔法のバームクーヘン

岐阜県高山市、昔ながらの古い町並みや宮川朝市、高山祭などが大人気の観光スポット。最近では新海誠監督アニメ作品「君の名は。」の舞台に飛騨高山の町並みが使われたことで、観光スポットとしても大人気。とくに外国人の観光客がぐっと増えてきている印象があります。

そんな歴史や自然が豊かな岐阜県高山市ですが、観光客の増加に伴い新しいお店も沢山登場してきました。その中でも一際話題になっているお店が、高山のメインストリート「さんまち」から少しはなれたところに店舗を構えるバームクーヘン専門店「広重スイーツマジック」。

その中でも定番商品として大人気なのが、こちらの「魔法のバームクーヘン」。名前がまたいいですよね。先日、高山を訪れた方にお土産として頂いたので、ご紹介してみたいと思います。

こちらがその「魔法のバームクーヘン」丸いホールタイプ。パッケージにも個性的なイラストが描かれていてお洒落。ビートルズのアルバム「リボルバー」を何となく思い出させる雰囲気。

こちら広重スイーツマジック本店は「岐阜県高山市下三之町59 / (050)3458-2184」にあり、営業時間は「土日月9時〜17時 / 火水木金9時〜15時 / 不定休」となっています。その他にも岐阜岩田店「岐阜市岩田東3-186 / (058)241-8233」土岐まちゆい店「土岐市土岐ヶ丘4-5-3」など支店もあります。

スポンサーリンク


バームクーヘン専門店 広重スイーツマジック 魔法のバームクーヘン

パッケージを開けるとこんな感じにお目見え。中はきちんとビニールで梱包され、その上更に竹の皮で全体が覆われています。贈答品として贈られてもいいように、包装から保存状態まできちんと考えられているのでしょう。

バームクーヘン専門店 広重スイーツマジック 魔法のバームクーヘン

中身をお皿に盛り付けてみました。表面のカラメルが光輝いて美しい。五平餅屋さんが実家であるオーナーが地元のえごまみそをもっと多くの人に味わってほしいという思いから、えごまみそを使ったカラメルを考案したとのこと。

バームクーヘン専門店 広重スイーツマジック 魔法のバームクーヘン

一人前サイズ(六分の一サイズ)にカットしてみました。こちらのバームクーヘン、最初は食べ歩きしやすいスイーツとして宮川朝市で販売、それがクチコミで話題となり店舗を構えることになったみたい。

バームクーヘン専門店 広重スイーツマジック 魔法のバームクーヘン

別角度からもう一枚。バームクーヘンの美しい層が見えます。近づいただけでカラメルのほろ苦い甘みが漂ってきて堪りません。

バームクーヘン専門店 広重スイーツマジック 魔法のバームクーヘン

さらに別角度からも。通常バームクーヘンと言えば、常温または冷やして食べるのが一般的ですが、こちらは冷凍して食べるのもおすすめとか。冷凍するとより生地がぎゅっと引き締まり、カラメルと一体化して新鮮な食感が味わえるみたい。

バームクーヘン専門店 広重スイーツマジック 魔法のバームクーヘン

それでは一口頂きます。口の中に入れた途端、カラメルのほろ苦い風味が口の中に広がります。えごまみそを使ったカラメルは、甘さよりも苦味が先にくる感じで、まさに大人な味わい。そこにしっかりとした食感のあるバームクーヘンの甘みと旨味が絡み合い、至極の味わいに。

ほろ苦さが先にくることにより全体のバランスが甘すぎることもなく、最後まで美味しく頂けます。女性の方のみならず、男性の方にも人気なのがよくわかります。魔法のバームクーヘンというネーミングは、食べているうちに風味や食感が変化していくから名付けたということですが、決して名前負けしない逸品スイーツに仕上がっています。

バームクーヘン専門店「広重スイーツマジック」では、他にも「生バームクーヘン」「朝焼きバームクーヘン」などもあり、そちらも大人気とか。「魔法のバームクーヘン」がとっても美味しかったので、また機会を見てお店の方にも訪れてみたいと思います。(^_^)v

バームクーヘン専門店「広重スイーツマジック」

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。