ホテルオークラレストラン名古屋「中国料理 桃花林」にて、父の三回忌を偲んで想いを馳せる〜

ホテルオークラレストラン名古屋「中国料理 桃花林」

先日、亡き父の三回忌を兼ねて「ホテルオークラレストラン名古屋 中国料理 桃花林」にお邪魔してきました。以前は長者町付近にあったホテルオークラレストラン桃花林ですが、数年前に栄近辺のこちらの場所「名古屋市東区東桜1丁目14番25号東海放送会館(通称テレピア/14階及び15階)/ 052-201-3201」へと移転しました。

営業時間「ランチ/11:30~14:00(L.O)ディナー/17:30~20:30(L.O)(土日祝日は14:30L.O、17:00OPEN)」ホール「66席」個室「4室40席」と店内も広く、個室などもあって豪華な造り。

この日は眺めの良い個室部屋をご用意して下さったので、こちらで父を偲びながら会食をすることに。こちらが本日の献立。生前父が好きだった好みの食材を中心に、厳選した中国料理を取り揃えて頂きました。

スポンサーリンク


ホテルオークラレストラン名古屋「中国料理 桃花林」

こちらがお店の奥にある個室部屋。大きなテーブルが中央に置かれていて、10人〜12人程が座れます。南側と東側が大きな窓になっていて、自然光が入ってとても気持ちいい空間になっています。

ホテルオークラレストラン名古屋「中国料理 桃花林」

窓からは、栄近辺の名古屋の景色が一望できます。先の方に見えるのは名古屋駅高層ビル群でしょうか。夜には都会の夜景が綺羅びやかで美しいことでしょうね。

ホテルオークラレストラン名古屋「中国料理 桃花林」

まずは「生麦酒」にて献杯。身内だけのこじんまりとした三回忌ですが、生前父が好きだったものだけが出てくるので、きっと天国で喜んでいるものと思います。

ホテルオークラレストラン名古屋「中国料理 桃花林」

そして前菜からは「三種冷製の盛り合わせ」。くらげ・棒々鶏・焼豚など、前菜に程よいボリュームの冷菜が盛り合わせになっています。麦酒との相性も抜群で、食欲が掻き立てれれます。

ホテルオークラレストラン名古屋「中国料理 桃花林」

こちらが「蟹の爪の揚げ物」。こちらも父の大好物だった一品。塩胡椒やケッチャップを付けて頂きます。自分は塩胡椒で頂くのが好み。

ホテルオークラレストラン名古屋「中国料理 桃花林」

それでは一口頂きます。中央には肉厚の蟹の身がたっぷりと中に入っていて、噛む度に蟹の風味が口の中に広がります。衣もサクサクに揚がっており、見た目よりもあっさりとしていて食べ応えも十分。

ホテルオークラレストラン名古屋「中国料理 桃花林」

こちらが「蟹の玉子入りふかひれスープ」。こちらも父が欠かさず注文していた一品。このトロっとした風合いと絶妙な色合いが堪りません。

ホテルオークラレストラン名古屋「中国料理 桃花林」

それでは一口頂きます。とろとろの食感と蟹の風味が口の中に広がるとともに、ふかひれの食感が絶妙なバランスで折り重なりあい至極の味わいに。この濃厚で奥深い味わいは、他ではなかなか味わえません。

ホテルオークラレストラン名古屋「中国料理 桃花林」

こちらが「白菜のクリーム煮」。とっても柔らかく煮込まれた白菜などの具材が、これまた濃厚で深みのあるクリームソースと合わさって味覚を刺激します。濃厚なんだけれどもあっさりとした味わいで、どれだけでも食べられる感じ。

ホテルオークラレストラン名古屋「中国料理 桃花林」

そろそろ次の飲み物ということで「赤ワイン(グラス)」を注文。すっきりとした飲み口で、香りも芳醇。

ホテルオークラレストラン名古屋「中国料理 桃花林」

こちらが「いかと野菜の炒め」。アスパラ、葱、人参、きのこなどの野菜類が、いかと一緒に炒めてあります。いかがとっても甘くて柔らかい。適度な食感を残しているのもいい。アスパラや葱の食感も楽しめます。塩味と中華だしの味付けバランスが絶妙で、あっさりとしていながらも後を引く感じ。

ホテルオークラレストラン名古屋「中国料理 桃花林」

こちらが「鎮江(ちんこう)産黒酢の酢豚」。中国鎮江産の本格的酢豚、照りが素晴らしい。黒酢の酸味が効いたさっぱりとした風味と、豚肉の旨味が噛む度に口の中で広がります。蓮根やししとうなどの野菜にも、しっかりと黒酢の味が染み渡っていて旨い。

ホテルオークラレストラン名古屋「中国料理 桃花林」

そろそろご飯物ということで「五目炒飯」。こちらの五目炒飯がまた絶品。

ホテルオークラレストラン名古屋「中国料理 桃花林」

それでは一口頂きます。ご飯はパラパラ、具材と程よく絡みます。とてもシンプルな卵とハム・葱中心の炒飯ですが、見た目以上にあっさとりした味付けなので、どれだけでも食べられる感じ。

ホテルオークラレストラン名古屋「中国料理 桃花林」

こちらが「焼きそば」。大きな海老やきくらげなどが入っています。

ホテルオークラレストラン名古屋「中国料理 桃花林」

それでは一口頂きます。麺は細麺ながら程良い食感を残していて、具材の旨味を吸い込んでいます。こちらもまた見た目よりもあっさりとしているので、締めに頂くのに丁度よい塩梅。

ホテルオークラレストラン名古屋「中国料理 桃花林」

そろそろデザートタイムということで、こちらが「新鮮果実入り杏仁豆腐」。中国料理の締めデザートにこの杏仁豆腐は欠かせません。苺・メロン・パイナップルとフルーツ盛り沢山。冷たく冷えているので、口の中がさっぱりとしていい。

ホテルオークラレストラン名古屋「中国料理 桃花林」

こちらが「胡麻風味揚げ餅」。いわゆる揚げ団子ですが、これがまた美味。生地はさくっもっちり。胡麻の風味ときめ細かい餡の甘みが絡み合い、至極の味わいに。まさにこれぞ王道の中華スイーツ。

ホテルオークラレストラン名古屋「中国料理 桃花林」

ホテルオークラレストラン名古屋「中国料理 桃花林」今回は父の三回忌を偲んでお邪魔させて頂きましたが、どれも素材を厳選した桃花林ならではの素晴らしい中国料理に仕上がっており、大満足の一日となりました。

普段はなかなか訪れる機会がありませんが、また節目節目には美味しい料理を満喫すべく、訪れたいと思います。

ホテルオークラレストラン名古屋「中国料理 桃花林」

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。