尾張藩2代藩主徳川光友の隠居所に築造された日本庭園「徳川園」にて、春散策を楽しんできた〜

徳川園

徳川園」。地元からほど近い場所にあるので昔から度々訪れているのですが、今回は春の徳川園を眺めつつ、春散策を楽しんできたのでご紹介してみたいと思います。

「徳川園」は、徳川御三家筆頭である尾張藩第二代藩主光友が、元禄8年に自らの隠居場所として屋敷を造影したことに起源。2004年に再整備を行い、日本庭園として開園されました。明治22年(1889年)からは尾張徳川家の邸宅となり、昭和6年(1931年)庭園の寄付を受けた名古屋市は整備改修を行い、翌年「徳川園」が公開。昭和20年(1945年)に大空襲により園内の大部分を焼失した後は一般的な公園として利用されてきましたが、平成16年秋に日本庭園としてリニューアル現在に至ります。

場所は「名古屋市東区徳川町1001 / 052-935-8988」。JR大曽根駅より徒歩10分。市バス「徳川園新出来」停下車徒歩3分。徳川園駐車場(有料)「82台(30分120円)」。

開園時間「午前9時30分から午後5時30分 (入園は午後5時まで)」。休園日「月曜日、年末年始」。入園料「一般/高校・大学生300円 / 市内在住の高齢者(65歳以上)100円」。

池のある日本庭園内閲覧は有料となりますが、黒門から入って中庭を眺めるのは無料です。

↓こちらは80周年記念催事時に訪れた模様↓
「徳川園」80周年記念催事いってきたよ〜

こちらが正門にあたる「黒門」。歴史を感じさせる立派な門構え。多くの方がこちらの前で記念写真を撮られていました。

こちらの「黒門」は、明治33年(1900年)に完成した尾張徳川家の邸宅の遺構で、総けやき造りの三間薬医門。大空襲による焼失の被害を免れた数少ない遺構であり、武家屋敷の面影を伝える貴重な建造物群の一つでもあります。

こちらが中庭。春らしく新緑が鮮やか。この日も多くの方々が見学に訪れていました。

徳川園と書かれたのぼり旗。濃い新緑に白いのぼり旗が映えて素敵。

徳川園

中庭には小さな庭園があり、所々に花々が植えられています。

徳川園

こちらが「徳川美術館」。こちらの徳川美術館を目的で訪れる方も多いことでしょう。徳川家に関する貴重な歴史資料が保存されています。こちらも多くの方が見学に訪れていました。

入園料「一般1,550円」「高校・大学生850円」「高齢者(65歳以上)1,350円」「市内在住の高齢者(65歳以上)1,250円」となっています。こちらは徳川園・蓬左文庫・徳川美術館共通観覧での価格となっています。

徳川園

こちらが「徳川園ショップ葵」。地元名産品から伝統工芸品、和菓子まで、徳川家や武家をテーマにしたアイテムを取り揃えています。いわゆるお土産屋さんですが、この日は店内は大混雑。暑かったこともあり、アイスモナカなどが飛ぶように売れていました。

徳川園

こちらが「ガーデンレストラン徳川園」。徳川園の緑豊かな自然と壮大で清らかな大地「龍仙湖」を望むフランス料理店。この日はお日柄が良かったみたいで、結婚式披露宴が開催されていたみたい。

徳川園

こちらの脇道を通っていくと、黒門とは反対側の出入り口へと抜けることができます。

徳川園

この辺りは深い新緑に覆われていて涼しげでいい雰囲気。左の柵の向こう側には、池のある日本庭園が広がっています。(先のブログリンク参照)

徳川園

歩道の脇には新緑と共に花々もちらほら。

徳川園

こちらは「アヤメ」でしょうか。鮮やかな紫の花びらが何とも美しい。園内の各地で見ることができます。

徳川園

日本庭園と中庭を繋ぐ門。今回は日本庭園の中までは入らなかったのですが、春と秋は花々も咲き誇っていて見応えがありそう。

ということでちょっと長くなったので、この続きはまた次回…。

↓続きはこちらから↓
尾張藩2代藩主徳川光友の隠居所に築造された日本庭園「徳川園」にて、春散策を楽しんできた〜春の花々や徳川園あずき生どら焼などを満喫〜

徳川園

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。