Amazon`s Choice にも選ばれたiPad Pro 11インチ用キーボードケース「Inateck iPad Pro 11 キーボードケース DIYバックライト付き」を購入してみた〜開封の儀から使い勝手まで〜

Inateck iPad Pro 11 キーボードケース DIYバックライト付き

2018年11月、かなり久しぶりのiPad(iPad2以来)「iPad Pro 2018 11インチ セルラー」モデルを購入した訳ですが、何をするにもサクサク快適に動作、液晶も綺麗、スピーカーの音もいいということで、日々快適に使用しています。

自分の場合は、あえてApple Pencil とSmart Keyboardは購入しませんでした。どちらも魅力的ではあったのですが、やはり付属品として考えると高すぎることもあり、自分にとってはそこまでの利用価値が見い出せなかったので。

それでもやはりタッチペンが無いと不便なので、Amazonでも評判高いスタイラスタッチペン「MEKO スタイラス タッチペン ブラック」を購入。こちらのスタイラスタッチペンは使い勝手がとても良く、また価格もお値打ちということで気に入っています。

iPad Pro 2018 で使用すべくAmazonでも評判高いスタイラスタッチペン「MEKO スタイラス タッチペン ブラック」を購入してみた〜その使用感はどんな感じ?

使い勝手の良いスタイラスタッチペンが手に入ると、iPadで使えるキーボードも欲しくなるもの。ということで色々と探してみたところ、Amazon`s Choice にも選ばれたiPad Pro 11インチ用キーボードケース「Inateck iPad Pro 11 キーボードケース DIYバックライト付き」を見つけたので購入してみることに。

「iPad Pro 2018 11インチ セルラー」iPad2からの買い替えで全てに驚き!しばらく使用してみた感想など〜Apple Pencil やSmart Keyboardは果たして必要なのか!?

外箱はこんな感じ。シンプルな梱包も素敵。

スポンサーリンク


Inateck iPad Pro 11 キーボードケース DIYバックライト付き

中身を取り出してみました。「Inateck iPad Pro 11 キーボードケース DIYバックライト付き」本体と「取扱説明書(日本語表記あり)」が内包されています。中もきとんとプチプチで梱包されており好印象。

Inateck iPad Pro 11 キーボードケース DIYバックライト付き

こちらがキーボードケースの中に梱包されていた付属品。「USBケーブル(充電用)」「図解入り取扱説明書」「保証書」が入っています。

Inateck iPad Pro 11 キーボードケース DIYバックライト付き

こちらが「Inateck iPad Pro 11 キーボードケース DIYバックライト付き」本体。ブラックを基調としたデザイン。上部カバーは保護性に優れたTPU素材。サイズ約「縦20.5 × 横25.7 × 厚2cm」重量「598g」。それなりに厚みや重量はありますが、キーボード付きカバーと考えれば許容範囲。

Inateck iPad Pro 11 キーボードケース DIYバックライト付き

こちらがキーボード側面。表面には細かいドットがあしらわれており、それがいい感じの滑り止めの役割を果たしています。

Inateck iPad Pro 11 キーボードケース DIYバックライト付き

サイドから見るとこんな感じ。カメラ穴やスピーカー穴もきっちり。ボタン類はカバー付き仕様になっています。

Inateck iPad Pro 11 キーボードケース DIYバックライト付き

内面はこんな感じ。左側がiPad Pro 11インチ本体の収納部、右側がキーボードカバーになっています。キーボードはBluetoothでiPad Pro本体と繋ぐ仕様になっています。

Inateck iPad Pro 11 キーボードケース DIYバックライト付き

こちらがキーボード。こちらのキーボード、何とDIYバックライトが点滅する仕様になっています。バックライトは3つの部分に分けられ、色設定を部分ごとに分けて別々に行うことが可能、組み合わせも自由自在とのこと。キーボードケースでバックライトまで付いている商品はなかなか無いので期待も高まります。キーボード配列は「US配列」仕様となっています。

Inateck iPad Pro 11 キーボードケース DIYバックライト付き

iPad Pro 11と並べてみました。厚みがかなり分厚く感じるのは仕方ないところ。

Inateck iPad Pro 11 キーボードケース DIYバックライト付き


・iPad Pro 11をキーボードケースに取り付けてみた〜


iPad Pro 11を装着してみました。上部カバーは保護性に優れながらも柔軟性のあるTPU素材で作られているので、装着も角から順番に入れてやれば簡単に終了。取り外しも角を一箇所外してやれば、簡単に取り外すことができます。脱着が手軽にできるのは大きなプラスポイント。

Inateck iPad Pro 11 キーボードケース DIYバックライト付き

背面はこんな感じにカバーを組み立てることで、iPadスタンドに早変わり。スタンド接合部はマグネット式になっており、3種類の角度調整が可能。利用環境に合わせて、最適な角度を選択できます。

Inateck iPad Pro 11 キーボードケース DIYバックライト付き

また最上部には「Apple Pencil用スロット」も装備。Apple Pencil 2の充電やペアリングが可能になっています。またキーボードケース(iPad収納側)下には「Apple Pencil 2 収納口」も付いているので、そちらに収納したまま持ち運ぶこともできます。

Inateck iPad Pro 11 キーボードケース DIYバックライト付き


・キーボードケースの充電開始、電源をオンにしてみた〜


キーボードケース右脇にあるmicroUSBポートに付属のUSBケーブルを繋いで充電開始。充電時には右上LEDが赤点灯、充電終了時には青点灯に切り替わります。

またこちらのキーボードにはバックライトが装備されており、電源オンと共に光輝きます。バックライトは3つの部分に分けられ、色設定を部分ごとに分けて別々に行うことが可能。

Inateck iPad Pro 11 キーボードケース DIYバックライト付き


・キーボードをBluetooth接続してみる〜


キーボードをアップで見てみるとこんな感じ。個人的にはバックライトは二の次でしたが、実際に手元で光り輝くと、何気に綺麗でテンションも上がり気味。バックライト付きで「連続10時間」使用可能とのこと。

次にBluetooth接続をする為に、キーボードの「Fnキー(左下2番目)」と「Del(Bluetooth)キー(右上)」を同時押しします。

Inateck iPad Pro 11 キーボードケース DIYバックライト付き

iPadのBluetoothをオンにすると「inteck KB02005」という型番が表示されるので、こちらをクリック。すぐにBluetoothに繋がりました。次回からはキーボードケースの電源をオンにするだけで、自動で接続します。

Inateck iPad Pro 11 キーボードケース DIYバックライト付き


・キーボードの入力具合はどんな感じ?


試しにちょっとテスト入力をしてみました。キーボードケースには若干たわみがあるので、通常のラップトップみたいに快適というわけにはいきません。また全体にキーが小さいので、慣れるまでは押し間違いもありそう。とくにエンターキーが小さいのには注意が必要かも。

キーボードとして見ると正直物足りなさがありますが、その辺りは持ち運びの便利さ、全体のスマートさなどを考えると、まぁ許容範囲といったところでしょうか。

Inateck iPad Pro 11 キーボードケース DIYバックライト付き

またキーボード分離式になっており、こんな感じに取り外すことも可能。iPad背面を上にし、キーボードを垂直に立ててから、iPadを押さえながらキーボードを上に引っ張り上げます。基本キーボードを取り外す機会は余りないかと思いますが、分離できるというのはいい。


・キーボードケース電源オンの簡易ビデオを撮ってみた〜


キーボードケース電源オン時の簡易ビデオを撮ってみました。バックライトがどんな感じに光り輝くのか、リアルに感じて頂けると思います。

Inateck iPad Pro 11 キーボードケース DIYバックライト付き


・まとめ〜


Inateck iPad Pro 11 キーボードケース DIYバックライト付き」キーボードの使い勝手だけを考えると、正直言って外付けBluetoothキーボードを使った方が入力しやすいのではないかと思います。

それでもiPad Pro 11カバーとして一体化して持ち歩ける気軽さや全体のスマートさは、こうした一体型キーボードケースならでは。またバックライトも何気にテンションを上げてくれて、入力作業を楽しくさせてくれます。

全体が重たくゴツくなるのが欠点ではありますが、価格やデザイン、機能性などを考えると良い買い物だったのではないでしょうか。今後もキーボードが必要な際には、こちらのキーボードケースを装着して持ち歩きたいと思います。(^_^)v

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。